通信費の節約!携帯とインターネット込みの節約ワザ4選!

スマートフォンに乗り換えてから、毎月の
通信費」の割合が、家計を圧迫!!

 
少しでも節約したいとお悩みご家庭は
多いのではないでしょうか?

5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_s

家庭の固定費を削減するために、
契約内容の見直しや基本料金や使い方を
意識してみるだけで、節約効果はあります。

 

インターネット代がやたらと高い!

携帯電話を2台持ちしている、契約プランの
見直し
をしたことがないなど、
いままで放置していたヒトは

使い方や契約内容を見直すだけで、
数千円単位で効果が出ることもあります。

 
これを機会に、十分に活用していない
ネット環境や携帯電話などの、
無駄な契約がないか一度点検してみましょう。

スポンサーリンク



4つの通信費節約ワザ

    1. 安い高性能のSIMフリースマホを手に入れよう
    2. 自宅を光回線でWi-Fi快適環境を整えよう
    3.      

    4. 外でのスマホ通信費を徹底的に安くしよう
    5.      

    6. 無線モバイル通信でどこでもネット通信の節約

安い高性能のSIMフリースマホを手に入れよう

ポイントは性能・価格・機能の利便性
メーカーの信頼度・使いやすさ
の5点です。

 
後から後悔しないように、なるべくストレスなく
使用できる、ご自分にあった1台をセレクトを!

オススメは

  • ASUS:ZenFone2 Laser
  • ASUS:ZenFone2
  • Sony:Xperia J1 Compact
  • Google:Nexus 6P
  • Apple:iPhone 6

価格帯は1万円台~7万円台

46daf57b3b94d843ddaced5bd2b03550_s

今、注目を集めている格安SIMですが、
一般的ユーザーまで広がるには、
まだまだ時間がかかります。

最初の設定さえわかってしまえば、
今までの大手キャリアと契約していた時と
変わらない通信環境で、スマートフォンが使用できます。

 
格安SIMを知らなかった人やこれまで格安SIMに
手を出すのを迷っていた人も使ってみてほしいです。

これまで月7,000~1,0000円のスマホの通信費が、
月額972円(税込)~でスマホやタブレットが
運用できます。

スマートフォンは電話番号付きで2,000円以下
使えるようになるのは魅力的です。

スポンサーリンク



自宅を光回線でWi-Fi快適環境を整えよう

自宅のインターネット回線は通信料金の
節約のためには必須です。

現在、自宅のインターネット回線といえば、
光回線などの固定回線が多いのではないでしょうか?

 
自宅の光回線をWi-Fi環境に整えることは、
携帯やスマホを安くするうえでの必須条件です。

まだ、自宅のインターネット回線が有線のみの場合は
Wi-Fi環境を整えましょう。

<Wi-Fi環境とは>

自宅にひいた有線のネット回線に無線LANルーター
Wi-Fiルーター)という機械をつなげて無線で
インターネットにつなげるためのシステムです。

 
無線ルーターは家電量販店や数千円で手に入れることが
できます。

光回線をひいたら、まずは無線ルーターを設置して、
自宅内を無線でインターネットに接続できるようにします。

光回線が使える地域かどうかは通信会社の
HPや電話でサービス提供エリア検索できますので、
確認してみてください。
 

ネットの光回線は主に3社のサービスに分かれます。

  • NTTフレッツ光+割引サービス
  • auひかり+スマートバリュー
  • 電力会社やケーブルTV会社(CATV)光サービス+テレビ

最近はNTTフレッツが回線を「卸し」をはじめて
プロバイダーが光コラボと銘打ってキャンペーン
をしています。

それこそ自宅がまだADSLだという方は、
これを期に、いろんなキャンペーンや、
キャッシュバックなどの特典を利用しましょう。

auユーザーならauひかりにして
スマートバリューを利用しましょう。
それこそ、普通にNTTの回線を使用するのはムダです。

Wi-Fi環境になったら、パソコンはもちろん
タブレットやスマホもそれでネットにつなぐことが
できます。

そうすれば、スマホは光回線の高速通信が
できるようになります。その際はSIMカードでの
通信はしない
ようにします。

自宅のWi-Fi環境でパケットの節約が可能になり
スマホ料金の節約に一役買います。

 

スマホ通信費を安く維持するために…

Wi-Fi環境下ではスマホの通信を自動的にWi-Fiを優先して
つなげるように設定しましょう

データ通信量の多い動画や音楽などのダウンロードを
自宅のWi-Fi環境ですませ、外出先では保存したものを
楽しむといった工夫しましょう。

 

外でのスマホ通信費を徹底的に安くしよう

とにかく安くしたい!ライトユーザー

  • DMM mobile:高速1GB 月590円

携帯電話ナンバーにこだわりなしのミドルユーザー

  • DMM mobile
  • 楽天モバイル:楽天ポイントがたまる
  • OCNモバイルONE
  • IIJmio
  • BIGLPBE LTE 3G
  • DTI SIM

携帯ナンバーは変えたくない!
でも通信費は安くしたいミドルユーザー

  • DMM mobile:音声電話付きSIM
  • 楽天モバイル:楽天ポイントがたまる
  • BIGLPBE LTE 3G
  • IIJmio
  • U-mobile:音声電話付きSIM・スマホ本体セットあり
  • DTI SIM

外でもがっつり!ネットも電話もするヘビーユーザー

  • Y!mobile:無料通話あり
  • U-mobile:音声電話付きSIM・スマホ本体セットあり
  • ぷららモバイルLTEデータ通信専用使い放題格安SIM
  • ぷららモバイルLTEデータ通信使い放題・音声通話付格安SIM

特に最近では街中で無料の公衆無線LANサービス
提供しているお店も増えてきました。

これらを生活に上手く活用しましょう。

 

無線モバイル通信でどこでもネット通信の節約

先述で光回線でWi-Fi環境を整えることを紹介しましたが、
最近はデータ通信料が多くなっていることもあって、

すでにスマホやタブレットのパケット量節約のために、
無線モバイル通信の契約をする人が増えてきています。

最近は、安定したインターネット環境と通信スピードの
大幅な向上により自宅のパソコンも無線モバイル通信に
ネット環境をシフトする人も急増しています。

 
無線でインターネットが利用できるキャリアは4つあります。

  • WiMAX2+(WiMAXは事実上WiMAX2+に切り替わり)
  • Y!mobile
  • SoftBank
  • docomo

 

無線モバイル通信とは

モバイルルーターと呼ばれる名刺サイズの端末や
スマホのテザリング機能で、通信データを受信し、
そのデータをパソコンやスマホ、タブレットに無線(Wi-Fi)でとばします。

このモバイルルーターひとつで配線工事なしで
自宅でのWi-Fi環境と外出先ではスマホフォンは
SIMカードすら必要なくなるのです。

とくに、ひとり暮らしのネット環境はコレひとつにすることで
最高の節約になります。

契約する前の注意点
・自分の生活圏がサービス提供エリアか
・通信速度はストレスなく利用できるか

頻繁にデータ量の多いファイルをダウンロードしたり、
毎日YouTubeなどで動画を長時間観たりするヒトは

後で後悔しないように提供エリアや通信速度の規制など
確認してから契約をしましょう。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪