盆栽の育て方!松を初心者でも上手に世話するコツとは?

昨年、念願だった一軒家を新築して、
引越ししました。

生活も少し落ち着いてきて、庭をきれいに
ガーデニングしてみたり、と充実してます。

 

そんな折、先日、実家の父が手塩にかけた
松の盆栽をもらいました。

cbc9ab8f0433579008b730346f3dc04e_s-300x225

父が盆栽を好きになったのは、私が結婚して
実家を出た後のこと。

正直なところ、盆栽は嫌いじゃない。

松の枝にも風情があって、この松の盆栽を
目の前にして、心を動かされる自分がいます。

 
だけど、どうやって育てていいのか
皆目見当が付きません!

松の盆栽が我が家にやってきたのも、何かの縁

 
初心者でもできる、松の盆栽の育て方
一から調べてみましたよ♪

スポンサーリンク



盆栽ってどんなものなの?

盆栽のイメージって、手入れが大変そう
これに付きますよね。

「どの枝を切り落としたらいいのか、
悩むこともあるんだよ。」

父の話を聞くと、盆栽の奥深さと難しさ
感じます。

盆栽は、ただ植物を育てるものではなく、
仕立てる段階を踏んでこそ、のものです。

 

仕立てる、といっても、人工的な印象
与えないように配慮するのが盆栽です。

盆栽の鉢の中の、自然の美しさを引き出し
風景までも伝えられるのが魅力です。

 
盆栽には、仕立てのルールや育て方など
技術が必要になります。

松の盆栽といっても、種類があるんですよ。
中でもポピュラーで、初心者にも育てやすいのが、
五葉松です。

 
初心者にもわかる、五葉松の育て方
詳しく紹介していきますね♪

スポンサーリンク



五葉松の特徴と育て方

五葉松は、その姿から「盆栽の女王」と
呼ばれることがあります。
 

松といえば、松葉が2本のものが多いのですが、
五葉松の葉はその名の通り、5本あります。

しかも、松葉が短く密集していて、樹形が
優美であるのが特徴なんですよ。

また、五葉松は、寒さにも強くて丈夫なため
育てやすいんです。

 
では、育て方を紹介していきますね。

五葉松の育て方

日々の基本的な育て方で、気を付けることは
五葉松は高山性の植物である、ということ。

元々の生育環境に合わせた育て方が
五葉松にとっても最適です。

 

水やりは、土の表面が乾いたら与えます。
やや乾き気味ぐらいでいいですよ。

水やりの目安は、

  • 春と秋は、1日1回
  • 夏は、1日2回
  • 冬は、3日に1回

水のやりすぎは、根腐れを起こす原因に
なるので、注意が必要ですね。

 

また、葉が密集しやすいので、風通しが良く
日当たりの良い場所に置きましょう。

高山性なので、元々痩せた土地で生育する
植物です。

 

肥料も、それほど与えなくてもいいですよ。
真夏と梅雨時以外に、月1回与えましょう。

ただし、冬越しするのには、それなりに
体力を使います。

冬越し前には、肥料を多めに与えましょう。

 

葉と新芽の管理が重要!

盆栽で重要なのが、葉や枝の剪定です。
わかりやすく、月別に説明していきますね。

  • 4月~5月には芽摘みを

    五葉松は、4月~5月頃に「芽摘み」をします。

    芽摘みをしないと、日当たりが悪くなり
    松が枯れる原因になります。

    黄緑色の新芽が、1つの枝からたくさん出て
    いるところは、まずは勢いのある芽
    手で摘み取ります。

    他の弱い芽を、2つほど残しておきます。

    五葉松の樹形をコンパクトにするために
    あらかじめ芽を調節する作業です。

  • 11月に葉すかしを

    11月頃に「葉すかし」を行います。

    葉をスッキリさせるため、前年の古い葉
    取り去ります。

    11月頃になると、自然に古い葉は落ちて
    いきます。

    ピンセットを使って、引き抜くと簡単に
    処理できますよ。

 

まとめ

父からもらった松の盆栽は、やはり五葉松でした。

 
盆栽初心者の私にも育てやすい品種の松を
用意していてくれたようです。

松の日々の世話は、水やりと日当たりに注意し
根腐れしないようにしないと。

春と秋には、葉や枝の整理をしなくては
いけませんね。

 
まだ、人生経験もまだまだ積まねばならない
私と同じで、この松の盆栽も2年目の若い樹です。

父は、どんな思いでこの盆栽を私に譲ったのか、
何となくだけど、伝わってきた気がします。

父に聞きながら、松の盆栽を育てていきたいな、
そう思いましたよ。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪