香水の付け方!男は腰にするのがベスト?

「男性の場合、どこに香水付けるのが良いのか
 知ってる?」

 
友人からの突然の質問です。
どうも彼は、最近、香水にハマっているようです。

「よくは知らないけど、腰に付けると良い
 聞いたような気がするよ。」

「おっ!良く知ってるね!
 じゃぁ、その理由とか知ってる?」

「知らない・・・」

still-life-838336_960_7202-300x200

大人の身だしなみとして、香水をつける方は
いますが、アンケートでは、4人に1人が嫌い、
男性は半数以上が嫌いという結果も出てます。

 
実は、日本人はあまり香水が、好きではないようです。

 

では、相手を不快にさせないために、
どこにつけるのがベストでしょうか?

スポンサーリンク



おしゃれとしての香水のつけ方は?

特に、ルールやこうしなくてはならないと
いうのはありません。

ですが、マナーはあります

 

男性の基本的なつけ方は、
腰周りの肌に直接1プッシュでOK!

これだと、近くを通った時にさりげなく
よい香りがする程度となります。

 
近寄らないと香らないくらいが、マナーです。

あとは、食事の席、お葬式の時も香水を
付けないのがマナー。

 

香水は、直接肌に付ける事で、体臭に香りを
足し自分をアピールするもの。

市販の香水と、自分の体臭が、混ざるので
どんな臭いなのかはつけてみないと
分からないものです。

身近な人にチェックしてもらうのが
いいかも!?

 
自分ではいい香りだと思って、
大量につける方もいますが、
周りが不快となっている可能性があります。

おしゃれとして、香水を使う方は
つける場所や量などに十分注意しましょう!

スポンサーリンク



ビジネスシーンで香水のつけ方を考える

自分の臭いを気にする事はいいこと。

それだけ、周りに目を向け、自分の評価に
対して気を配っているということに
つながりますから。

 
臭いは、目に見えなくても相手を不快に
させる要素がとても強いです。

そして、厄介なことに自分の体臭は
自分では気づきにくい

意識して臭いを抑えるコントロール
必要です。

 

ただ、心臓の近くや脇など、体温が高すぎる
場所につけると匂いが強くなりすぎたり、
香水本来の匂いが変化してしまいます。

なので、あまりそういった場所にはつけない。
 

オフィスや満員電車など、大勢の人間がいる
場所は、特に注意しましょう。

一番大事なのは、相手に不快な思いをさせない
これはビジネスマナーの基礎中の基礎です。

 
その手段のひとつとして、香水があると
覚えておいてください。

ほのかに香る下半身(腰廻りなど)がベスト
いえるでしょう。

 

体臭との注意点

特に、脇のにおいが強い方は注意が必要です。

 
生物には、フェロモンというものが存在し、
オスはそれに魅かれてメスに近付くと
いわれますね。

人間のフェロモンは、ワキの下から分泌、
異性に向け性的な魅力を伝える物質だと
いわれています。

 
これには独特なにおいが伴います。

 
異性の匂いに対するアンケートでは、
男性のほとんどが女性を「いい匂い」、
しかし、女性のほとんどは男性を「臭い」と回答。

真逆の結果がでています・・・

 

しかし、安心してください!

 
彼の匂いは好きですか?のアンケートだと、
ほとんど女性が「好き」と回答しています。
好きな人のは問題ないようです。

脇の臭いと相談、もしくは消すことを
考えなくては香水と混ざって、
とんでもない臭いになる場合もありますよ!

 

香水は何のためにできたの?

最後に、補足ではありますが。

もともと、香水の用途は防腐・薬用などから
はじまり、体臭消しとして発展したものです。

中世ヨーロッパでは、お風呂に入るという
習慣が一般的ではなく、体の臭いを消すため
香水をつけていました。

 
実際には消えるわけではなく、強い香りで
ごまかすと言ったほうがよいでしょう。

本来、香水をつける場所は、脈打つところや
毛穴の多い身体の内側が基本とされています。

 
欧米の人たちは、首筋や手首などにつけ匂いで
自分をアピールします。

それに比べ日本人は、よくお風呂に入るので
体臭をけすというより洗い流しています。

日本人は、臭いに敏感であるが、
控えめでなので、そういった自己主張のために
香水をつける事をあまりしません。

そういった文化の違いから、日本人には香水は
なじみが無く(特に男性)、どちらかというと
香水をくさいと感じてしまう人が多いです。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪