模様替えのコツ!6畳をスッキリ広く見せる3つのポイント♪

6畳の部屋って、案外狭い

何にも置いていないと、広く感じるのに。

 
去年、この賃貸マンションに引っ越してきて、
急に湧いて出てきた衝動が抑えられないんです。

模様替えしたい!

087_1024-500x333-300x199

心機一転のつもりで引っ越したものの、
忙しさのあまり、適当に配置した家具。

狭苦しい部屋を住みやすく、スッキリと広く
見せたい願望が膨らんでいく毎日です。

 
この6畳という限られたスペースを、どうやって
模様替えしようか、考えるとワクワクしてきます。

あれこれと調べていくと、なかなかうなずける
テクニックがたくさんあるんです!

狭い部屋でもレイアウト次第で、快適な6畳に♪
後悔しない模様替えのコツ、紹介します!

スポンサーリンク



レイアウトのポイント

6畳の部屋の限られた空間だと、置ける家具など
制限が出てきます。

この部屋には、こんな家具を置いて・・・など
誰しも、憧れのイメージがあるものですよね。

 
しかし、イメージ通りに6畳のスペースにビシッと
当てはまるのかどうか、気になりますね。

 

今までの私のレイアウトだと、6畳の間取りに、
ベッドや家具を置くと、すごく狭く感じるんです。

この迫りくるような圧迫感や、狭さを克服する
レイアウトのポイントがあるんですよ。

キーワードは、この3つ!

  • 奥行
  • 物の数

具体的に、ポイントを見ていきましょうね♪

スポンサーリンク



同じ色に統一する

を工夫することで、狭い部屋をすっきり
見せることができますよ。

 
部屋のインテリアに、たくさんの色があると
落ち着かなくなります。

一度に多くの色が目に入ることで、ごちゃごちゃ
した印象を与えます。

 
狭い部屋のインテリアには、同系色でまとめると
部屋を広く見せる効果がありますよ。

同じ系統の色でも、濃淡の違いや質感などで
様々な変化を付けることができます。

また、より部屋を広く見せるには、膨張色
言われる白・赤・黄色系統の色がオススメ!

温かみのある膨張色を使うと、部屋が明るく
なりますよ。

 

奥行を作る

部屋の奥行を、目の錯覚を利用して作るのも
狭さを感じさせなくさせるコツですよ。

 
大きなものは、自分の近くにあるように、
小さなものは、遠くにあるように感じますね。

この作用を利用しない手はありません!

 
入り口のドアから近い場所に、大きな家具を
遠い場所に小さな家具を置きます。

他にも、高さのある家具を手前に、低い家具を
奥に配置します。

例えば、手前にソファー、奥にベッドを置くと
奥行が生まれ、広く見せる効果がありますよ。

sit0012-004-300x200

家具の種類を減らす

部屋を広く見せるためには、が見えている
面積が重要です。
 

なるべく床面を多く見せると、不思議と広く
感じます。

 

また、家具の上に物をたくさん置くと、
ごちゃごちゃした印象を与えます。

つまりは、狭い部屋には多くの物を置かない
ようにすることが、重要ポイントです。

スッキリとした部屋にするには、大前提なのが
ごちゃごちゃさせないこと、ですよ。

 

まとめ

私の部屋、どうなったと思います?

今まで使っていた10年選手の水色のカーテン
クリーム色のものに買い替えました。

何だか、ほんわりと温かさの伝わる色味は、
部屋を柔らかい印象にしてくれました。

 
家具は、なるべく持ち合わせのものを活かし、
高さのあるものから、手前に配置しました。

そして、今までのように雑貨をごちゃごちゃと
置くのをやめました。

 
オシャレな雑貨を置けばいい、ってものでも
ないんですよね。

過ごしやすさとは、見た目からの影響力も
かなりあると実感しました!

整理された部屋は過ごしやすく、掃除だって
しやすいんです。

 
模様替えをして、気持ちもスッキリさせて
心機一転してみませんか♪

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪