電車の駅と駅の間の距離って?隠れた不思議と意外な事実

電車の駅の場所って誰が決めたんだろう?

そんなことを考えたことはありませんか?

 

ときどき「え、もう次の駅に着くの?」
びっくりしてしまうくらい
駅間の距離が短いことがありますよね。

電車待ちの時間の方が、乗っている時間より
長かった・・・なんてこともあったり。
いったいどうやって決めているんでしょう。

 
調べてみると
ちょっと意外なことが分かりました!

スポンサーリンク



そもそも駅の間の距離に決まりはあるのか

駅を作る場合の、隣の駅との距離の決め方とは
どういったものでしょう?

 
既存の路線に新駅を作るのは

  • 駅間距離が長い場合
  • 開発が進んだり、人が多く集まる施設が
    出来た場合
  • 路線を増やしたり、複数路線を接続させるため
  • 近くの路線が廃止するため、その代わりに

といった理由がある場合のようです。

なので、駅は比較的自由に設置を決めることが
できる
ことになります。

 
実際、自治体など住民の要望から
駅が設置されることもあり
(請願駅といいます)

駅を作れる、作れないは、必ずしも距離で
決まるわけではない
のですね。
 

ということは、ものすごい短い間隔
駅を作ることもできますし

逆に、採算がとれないなどの理由で
駅が必要ないと思われるなら

どんなに距離があっても間に駅を作らない
ということになります。

86d6fb0a03c8f2222ec894ed2e41c9ef_s-e1449565277767

例えば、群馬県高崎市では
駅間距離を2キロを目安にすることを目指し
新駅の設置をすすめたりしています。

単純に考えてですが
最高でも1キロ歩けばどちらかの駅に着く
距離ということになりますね。

 
1キロとは、だいたい徒歩で10分程度です。

これぐらいなら「徒歩圏内」と言えるだろう
ということで

駅の数を増やせば
徒歩圏内となる面積が増えるので
利便性が高くなる、ということになります。

スポンサーリンク



実際に距離はどうやって測るのか

調べようと思って実際に可能なのものは
営業キロというものになります。

 
営業キロとは、鉄道会社が運賃を決める際に
基準にする距離
であり

実際の距離とは違う場合もあります。
(特に新幹線などに多いです)

 
実際の距離は、線路沿いに歩いて測るしか
ないのでしょうが
現実的には不可能でしょう。

 

この営業キロの測り方ですが
JRの場合は、計測点は、規定により
「停車場中心」になっています。

この中心とは’駅舎のある土地の真ん中’
ではなく
’駅長室の場所’になっています。

 
なので、駅間の距離と言うと
二つの駅の駅長室〜駅長室までの距離
ということになります。

駅長室がホームの真ん中あたりにあることが
多いからでしょうか・・・

2階建ての駅舎の場合や、改装した駅の場合
などは、話がややこしくなりそうですが
一応はそういうことになっています。

 

駅間の距離の最長と最短は

全国の鉄道の中で、隣接する駅の間の距離が
最も長いのは

在来線では
JR北海道海峡線 津軽今別駅~木古内駅間
74.8kmとなっています。

逆に最も短いのは

とさでん交通
後免線清和学園前駅~一条橋駅間
(高知県高知市)で

こちらは実測距離で84m
営業キロでも0.1kmとなっています。

ただしこちらは路面電車なので
一般的な路線でいうなら

松浦鉄道西九州線 
中佐世保駅~佐世保中央駅間
(長崎県佐世保市)と

筑豊電気鉄道筑豊電気鉄道線
黒崎駅前駅~西黒崎駅間
(福岡県北九州市)の

0.2kmが最も短い駅間距離になります。
200mですから
直線距離なら次の駅が目視できますね。

 

JRでは境線博労町~富士見町間
(鳥取県米子市)の
420mが最短になります。
 

ちなみに新幹線の場合
駅間距離が最も長いのは、東海道新幹線の
「米原」~「京都」間68.1km

(ただし、これは北海道新幹線が開通したら
記録が更新されそうです)

 
所要時間は、こだま号で20分
そう考えると
やっぱり新幹線て速いんですね。

最も短いのは東北新幹線の
「東京」~「上野」間の3.6kmです。
所要時間は約5分

1350e468348fde7affa16c09b0b73e6b_s-e1449565333696

電車の駅間の距離を調べる方法

今は、スマホから、サイトやアプリを使って
簡単に駅間距離を調べることができます。

 
乗換案内機能の中で、距離も表示されるもの
としては、

  • YAHOO!路線情報
       http://transit.yahoo.co.jp/
  • ジョルダン
       http://www.jorudan.co.jp/
  • HyperDia
       http://www.hyperdia.com/hyperWeb/
  • NAVITIME
       http://www.navitime.co.jp/

が挙げられます。

これらはすべて同じ距離が出てきましたので
営業キロ記載になります。

 
例外としては

マピオン キョリ測
    http://mapion.co.jp/route/

こちらは、地図の上に実際に線を引いて
おおよその距離を調べることが
できるものです。

 
地図上の直線距離での表記になり
営業キロとは多少違う数値が出ます。

あくまでも直線距離なので
実際の道のりの距離との誤差があるのは
変わりませんが・・・

またアナログですが
オーソドックスな手段として

時刻表で営業キロを調べて
大きい方から小さい方を引く

というものもあります。

 

冊子の時刻表は
ネットで調べるよりもいろいろ
味わい深いものがありますよ。

5fe67ffa9ee2c65f857faf3dbe60e35e_s-e1449565661631

おわりに

意外と柔軟に決められていた
駅と駅の区間距離。

地域の要望から駅ができることも
あるんですね。

「うちの近くに駅があったらなあ・・・」
なんて思ったことがある方
もしかしたら希望がもてるかも?

でも、その前に駅の近くに引っ越すことを
考える方が現実的かもしれませんね。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪