インターネットのトラブル!代表的な事例とは!?

もはや生活の一部になった、と言っても、
過言ではない、インターネット
 

私たちの生活に、密接に関わるにつれて、
便利な反面、それに伴うトラブルも、
年々増えています。

スポンサーリンク

自分には関係ない…そう思っていても、
インターネットを使用している人なら誰でも、
当事者になり得ます
 

今回は、インターネットトラブル界に、
燦然と君臨し続ける、「ワンクリック詐欺
について、ご紹介します。

インターネット

ワンクリック詐欺の手口

Aさんは、iPhoneを使って、無料ゲームをしていた際、
誤って、画面隅に表示されていたURLを、
クリックしてしまいました。
 

すると、いきなり画面にお客様IDが表示され、
3日以内に料金を振り込め、と書いてありました。

焦ったAさんは、
登録した覚えの無い方は、メールにてお知らせ下さい
との表示を見つけ、そこからメールを送ってしまいました。

 

上記は、代表的なワンクリック詐欺の一例です。
 

携帯電話が登場した辺りから、急増した、この詐欺。
「今さら?」という方もいるかもしれませんが、
未だに、これらの被害は絶えることがありません

スマホを狙ったワンクリック詐欺も増えていますし、
何より厄介なことに、ワンクリック詐欺が仕組まれる、
サイトの種類が、多岐に渡ってきているのです。

 
以前は、アダルトサイトや、出会い系サイトなどから、
誘導されるのがほとんどでした。

しかし、事例のように、ゲームサイトや、
芸能人のゴシップ記事など、子供も見るかもしれない
サイトから、飛ばされることもあるのです。
 

もし被害に合った場合は、無視しましょう。
「退会手続き」等の言葉に乗っかって、
メール等直接連絡する事は絶対にNGです!

スポンサーリンク

もしも連絡してしまったら?

このワンクリック詐欺の目的は、
個人情報を、盗み出すことです。

 
ゲーム内のURLや、アダルトサイトの年齢確認ボタンは、
いわゆる「釣り」。

見事釣れたら、次はメールアドレスや電話番号、
住所年齢etc…を引き出そうとします。

そこで、「退会手続き」等、閲覧者が、
連絡してきそうなを、はっておくのです。

 

Aさんは、見事その罠にハマってしまいました。

ワンクリック詐欺は、無視しておけば、
全く問題無いのですが、万が一、
Aさんのように連絡してしまったら…?

インターネット

メールを送ってしまった

メールを送信してしまうと、詐欺業者から、
メールが大量に送られてきます。

このメールを、迷惑フィルタ設定に、
してしまいましょう。
 

それでも対応できないようなら、
メールアドレスの変更が、
必要になってくるでしょう。

 

ちなみに、Aさんは、メールを送信してしまった後、
本当は無視すべきだった、という事を伝え聞き、
迷惑メールが来ても無視をし続けました。

その結果、しばらくすると迷惑メールも落ち着き、
事なきを得ました。

 

電話連絡をしてしまった

電話をして、氏名や他の情報まで伝えてしまったら。

その場合は、下記に連絡して、相談しましょう。

消費生活センター
http://www.kokusen.go.jp/map/
都道府県警察本部
サイバー犯罪相談窓口等一覧

http://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm

 

自己責任、の一言で片づけるのは簡単ですが、
詐欺業者も、隙をついてくるのに非常に長けています。

常に、こういった被害があるかもしれない、
という事を念頭におきつつ、インターネットの、
便利さを、享受した方が良いかもしれません。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す