パソコンがフリーズ!電源長押しする前にコレを試すべし!

このところ以前と違って、パソコンが扱いにくく
感じるようになりました。

office-820390_640-300x199

というのも、時々ですが、パソコンの画面が
動かなくなってしまうことがあるんです。

 
もう、こうなっては、仕方ない。
てっとり早く、電源を長押ししてしまいます。

「何してんの?!」

後ろから声をかけてきた兄が発した、次の言葉に
ドキッとしてしまいました。

 
「電源を長押しするのって、人間だったら
いきなり、気絶させられてるのと一緒だよ。」

じゃ、どうすればいいのよ?!

いつもなら、兄妹ゲンカになるところですが、
パソコンに関しては、兄の方が一枚も二枚も上手。

 
「電源を長押しするのは、最終手段
まずは、コレを試してみて。」

パソコンがフリーズした時の対処法、スッキリと
解消させる方法、紹介します♪

スポンサーリンク



フリーズ時の確認ポイント!

パソコンがフリーズする原因とは、もちろん
一つではありません。

急にシャットダウンしてしまっては、大切な
データーが消えてしまう可能性だってあります。

パソコン自体が故障してしまうことにも、
つながりかねませんね。

 

最悪の事態になる前に、まずはフリーズした時に、
パソコンの状況を確認してみましょう。

ポイントは3つありますよ。

 

マウスが動くかどうか

マウスが動く状態ならば、パソコン自体は
フリーズしていないことが多いです。

a0001_001899-300x198

この場合、作業中のプログラムが応答して
いない可能性があります。

具体的な手順は、

  1. 作業中で開いているプログラムの、右上の
    ×」マークボタンをクリックし、閉じてみます。
  2. その後、「このプログラムは応答していません
    というメッセージが出てきたら、

    すぐに終了」のボタンを押します。
    これで、プログラムが終了してくれれば、一安心。

    パソコンの動きは、正常に戻ります。

しかし、すんなりプログラムが終了しないことも
あるので、そんな時はのことを試しましょうね。

スポンサーリンク



タスクマネージャーが開くかどうか

タスクマネージャーを起動する事ができれば、
パソコンの動きが復活する可能性がありますよ。

具体的な対処法は、

  1. CtrlキーShiftキーを押しながら、ESCボタン
    押します。

    タスクマネージャーを起動させるボタンです。
    すぐに開かない場合もあるので、少し待ちます

    もし、タスクマネージャーが開かない場合には、
    CtrlAltを押しながら、Deleteキーを押します。

  2. タスクマネージャーを選択し起動させた後、
    アプリケーションをクリックします。

    すると、今開いているプログラムが表示されます。

    目的のプログラムをクリックして、タスク
    終了をクリックします。

413ced2bec4a3c1d8e017ee3efa10989-300x182

ここで、プログラムが終了すれば、正常な動作が
復活します。
 

しかし、これでもダメな場合もあります。
そんな時には、この方法ですよ。

 

外部からの動作に反応するかどうか

パソコンがフリーズしている時には、強制的
他の動作を与えてみるのも手です。

CDやDVDなどを入れるディスクドライブ
開いてみたり、空のUSBメモリをさしてみます。

この動作で、混乱しているパソコンの処理が
一旦停止する場合がありますよ。

 
しかし、この3つのポイントを試してみても、
改善されない場合があります。

そんな時は、電源を4秒ほど長押しして
強制終了しましょう。

もう、仕方がありませんね。

 

まとめ

兄に、フリーズした時の対処法を聞いて、
むやみに、電源の長押しをしなくなりました。

パソコンが壊れてしまったら、不便であること
以外何もないですから。

フリーズの状態は、きっとパソコンも処理できず
困っているんですよね。

普段は、私達も多機能で便利なパソコンに
甘えていますが、困った時には気絶させては
いけませんね(笑)

今後も適切な対処で、パソコンを大事にして
いきます♪

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪