防寒対策で冬を乗り切ろう!部屋を暖めるコツ!!

冬は、エアコンやストーブといった
暖房器具の使用が増えるので、防寒対策
しておかないと、電気代が不安になりませんか?

 

3.11の大震災が以降、親戚の間では、
安く簡単にできる、防寒対策の
情報交換をするようになりました。

親戚「電気代が気になって、暖房
   控えてるんだけど、どうも肌寒くて・・・」

私「それなら、私がやってる方法、試してみる?」

というように教えたところ、親戚中で広まって、
今では冬の標準装備になった、防寒方法があるんです。

 
親戚の中でも好評だった、私の実践している
室内での防寒対策法を、お教えします!

電気代が値上がりしても、値上がり前と
同じくらいの電気代で、冬を過ごせちゃいますよ。

スポンサーリンク



断熱フィルムを選ぼう

室内の防寒対策と言えば、窓ガラスの
断熱フィルムは、欠かせませんよね。

水で簡単に貼ることができるタイプで、
凹凸がついていたり、曇りガラスのような、
見た目になる種類を、私はおススメします。

 

貼る時に多少の
失敗をしても、目立たず、ごまかす事も可能です。

そして、外から室内が見えにくくなり、
人目が気になる方にとっては、安心できる
というメリットがあります。

 
ですが、日光を入れたい場合には、
デメリットになってしまいます。

a0002_009350-300x198

また、ワイヤー入りの窓は、熱を
吸収しやすい作りのため、通常の断熱フィルムだと、
窓ガラスが割れてしまう、危険があります。

曇っていたり、表面に凹凸のある断熱フィルムは、
ワイヤー入りのガラスと、特に相性が悪いんです。

 
透明の断熱フィルムで、ワイヤー入りガラス対応
と書かれたものを、使うようにしてください。

失敗をごまかせず、綺麗に貼るための時間
手間はかかりますが、見た目はスッキリです。

どちらのフィルムも、夏は涼しく
冬は暖かいという、効果があるんです。

また、結露を防ぐ効果もあるので、
一石二鳥の効果を、期待できちゃいます。

何よりも、一度貼ったら、2~3年は
そのままで、効果が続くのは嬉しいですよね。

 

窓枠にも工夫

ガラスに断熱フィルムを貼っても、窓枠から
熱が逃げてしまう可能性が高いです。

断熱フィルムを貼った後、気温が下がった時に、
アルミ部分が結露して、熱が逃げていると
感じたことが、何度かありました。

a0022_000268

そんな場合は、窓に立てかけるタイプ
断熱シートを、一緒に使う事を、オススメします。

立てかけタイプなら、断熱フィルムを
貼ることができない、アルミ部分から熱が
逃げるのを、カバーしてくれます。

 
また、掃除するのに片付けたい時や、
温度の調節をしたい場合にも、
簡単に移動させることが、可能です。

 
ですが、立てかけタイプのほとんどは、
床から60センチ程度の高さなので、外からの
見た目が悪くなるのが難点です。

最後に、カーテンレールボックス
取り付ければ完璧です。

 

カーテンレールボックスは、カーテンの上や横
隙間を隠すことで、そこから暖房の熱が
逃げないようにする、優れものです。

これも、断熱フィルムと同じように、
夏は涼しく冬は暖かく、という効果があります。

寒い地域には、もともと設置されている
場合もあるので、カーテンレール部分が
どうなっているか、チェックしてみてもいいでしょう。

スポンサーリンク



床にも防寒対策を

また、冷えは足元から来る、とも言います。
フローリングは、特に寒いですよね。

カーペットを敷いたり、室内用の履物を
用意するのもいいですが、コルクマット
敷き詰める、という手もあります。

→ Amazonならココ

 

安く仕上げたいなら、段ボールを敷いた上に、
100円ショップに売っている、タイルカーペット
敷き詰めても、同じ効果が期待できます。

防音効果もあるので、物音が
気になる方には、オススメですよ。

 

最後に

部屋の防寒対策は、DIY感覚で、
自分で作れちゃうものや、仕上げを
するものが、多いんです。

100円ショップの品も、上手く使えば、
防寒グッズになります。

暖房器具に勝るものはありませんが、部屋と
お財布が暖かいと、幸せな気持ちになれちゃうので、
試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪