ローンを使うとすればどっち?消費者VS銀行!

大きな買い物をする時に、必要になってくる、
ローン

ローン=借金というイメージがある私。
 

家や車といったもの以外には、なるべく、
ローンは利用したくない、というのが、
正直なところです。

借金というと、真っ先に思い浮かぶのが、
消費者金融です。

消費者金融も、ローン以上に、なるべくなら、
関わりたくない存在。
 

ところが最近、その消費者金融が、大手メガバンクと、
提携しているのを、よく目にします

また、「銀行系カードローン」という言葉も、
ここ最近よく聞くようになりました。

これらは、従来の消費者金融とどう違うのか?
また、銀行のローンとはどう違うのか?

少し気になったので、調べてみることにしました。

スポンサーリンク

そもそも銀行系カードローンって?

まず、銀行系カードローンについて。
この「銀行系」という言葉が曲者です。
 

何となく、「銀行系」とついているだけで、
信頼できそうなイメージを与えますが、
いわゆる「銀行系」とは、

  • 銀行そのものが行っている場合
  • 銀行の子会社や、同じグループの消費者金融
    が行っている場合

の、2種類に分けられます。

 

住宅ローンなどの、銀行等が本来行っていたローンが、
数千万単位のものであるのに対し、手軽に、
少額の現金を借りることができるのが、カードローンです。

このカードローンを扱っていたのが、消費者金融ですが、
ここ数年の不景気と、消費者金融のイメージアップにより、
利用する人が圧倒的に増えてきました

 
ここに銀行が、目を付けたのです。

この不景気で、銀行も、大口の取引が少なく、困っています。

 
そこで、金額は少なくとも、高金利で借りてくれる、
消費者金融分野に乗り出した、というわけです。

ローンを使うとすればどっち

消費者金融と銀行系の違い

信用度で言えば、圧倒的に、銀行系に軍配が上がりますが、
実際のところ、どうなのでしょう

2つの違いを、まとめてみました。

スポンサーリンク

銀行系カードローン

  • 総量規制の対象ではない
  • 専業主婦の借入OK
  • 融資限度額が大きい
  • 審査基準が厳しい

 

消費者金融

  • 総量規制の対象である
  • 専業主婦の借入NG
  • 融資限度額が小さい
  • 審査基準が甘い

 

総量規制とは、年収の3分の1以上の借入は、
できない
とする、法律のことです。

銀行系カードローンは、この法律の対象外ですが、
消費者金融は対象となります。

これは、消費者金融のカードローンが、
貸金業法に則っているのに対し、銀行系は、
銀行法に則っていることが、理由となります。
 

金利はどうなの?

あと、借りる側として気になるのは、やはり、
金利です。

基本的な事ですが、お金を借りると、返すときには、
借りたお金+利子のお金
を、支払わないといけません。

 
金利が低いと、この利子のお金分が、
少なくなるわけですから、
一番の注目ポイントと言えます。

さて、一般的に、銀行系カードローンの方が、
金利は低い、と言われています。

 

しかし、どちらも、3%~18%辺りの金利設定をしており、
劇的に違う!ということは、ないようです。

金利の低さは、審査の厳しさと比例します
低い金利で借りようと思えば、厳しい審査を、
クリアしないといけません。
 

審査基準は、一律には決まっておらず
各会社で異なります。
年収や、勤続年数などが一例です。

つまり、消費者金融と銀行系カードローン、
どちらが、という話でなはく、借りる本人の、
信用度によって、金利が異なると言えます。

ローン

結局どっちもどっち?

調べてみて思ったのは、何だかんだ言っても、
結局、カードローン=借金だ、という点に、
違いはないということです。

何らかの事情で、早急にまとまったお金が、
必要になることもあるかもしれません。
 

そういった場合に、助けてもらえる場所があることは、
安心につながるでしょう。

あとは、自分の収入に見合った金利で、
無理なく返済できる範囲であれば、
何も問題は無いのです。

 

まさに宣伝文句のとおり、
ご利用は計画的に」。

なので、計画的に利用できない人は、
近づいちゃダメ!!だと、私は思うのです。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す