キャリーケースの選び方!サイズとリットル手荷物制限に気を付けて!

私:「じゃあ、今回は飛行機で旅行いこうよ。」

友人のAと旅行の計画を立てていたとき

A:「あなたって旅行バックで行くの?
キャリーケースでいくの?」
と聞かれました。

 
私:「うーん、
バックって直接肩にかかるから重たいし、
今回はキャリーケースにしようかな。」

と軽い感じで答えた私。

久しぶりの旅行だから
バッグもこの機会に新調しようかな。

と気楽に考えていたのですが、

A:「キャリーケースの大きさ大丈夫?
飛行機で持ち込めるバッグの大きさ決まってるし
気をつけたほうがいいよ。」

という指摘が!?

スポンサーリンク



私:「むむっ、大きさか。
デザインで選んでたらダメなんだね。」

キャリーケースを選ぶときに
ただ可愛いからと選んでいると
思わぬ落とし穴があります。

今回はキャリーケースの選び方を紹介していきますね。

 

キャリーケースの大きさ

キャリーケースを選ぶ際に
大事なのは、サイズリットルです。
 

キャリーケースの大きさは、
見た目で多少はわかるかもしれません。

しかし思ってたより入らない、または大きすぎる
と買ってから後悔しないために、
まずは大きさを詳しく知る必要があります。

だいたいの目安はこれくらいです。

SSサイズ 50~59cm 45~59リットル
Sサイズ 60~64cm 60~74リットル
Mサイズ 65~69cm 75~84リットル
Lサイズ 70~73cm 80~95リットル
LLサイズ  74cm以上 96リットル以上

長さはキャリーケースの縦の長さです。
この長さも気を付けないといけない点です。

 
なぜならば、
飛行機内に持ち込めるキャリーバックの大きさは、
三辺の合計の長さで決められているからです。

スポンサーリンク



飛行機に持ち込めるバッグの大きさ

飛行機に荷物を預ける際、
飛行機がゆれて、荷物が傷ついたり、

他の人と荷物が混ざって
探すのが大変だったりと、

面倒なことがあります。

 
荷物を預けず、機内に持ち込める
手荷物としたほうが安心ですよね。

しかし、

機内にもって行ける荷物には制限があります。

 

航空会社によって多少の変動はありますが、
だいたいこんな感じです。

100席以上だったら、3辺の合計が115cm以内 重量10kg以内
100席未満だったら、3辺の合計が100cm以内 重量10kg以内

これをみたすようにしましょう。

231713-300x214

おわりに

旅行の際、絶対に必要となる荷物。

キャリーケースは
キャスターがついているものもあり
荷物入れに選ぶ人が多いでしょう。

 
実は友人Aは、

手荷物制限を知らずに
カウンターでキャリーケースを
思わず預けることになったらしいです。

予想外に預ける荷物が増え、
お金が発生してしまい、
泣く泣く、お金を払って預けたそうですよ。

 
こういうことがないように
キャリーケースを選ぶとき、
これらを考慮して買ってみてくださいね。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪