秋服と春服の違いは?共通アイテムで賢くおしゃれに!

秋と春
どちらも、夏に近い時期は暑く
冬に近い時期は寒い

気温は同じくらいの、2つの季節。
服装って、みなさんはどうしてますか?

春と秋、服装って同じでいいのかな・・・

今回は、そんな疑問にお答えします!

スポンサーリンク

秋服と春服の違いって?

秋と春、それぞれ言われて
連想することといえば・・・

春・・・桜、菜の花、うぐいす、明るい日差し、
    暖かい

秋・・・紅葉、栗、イチョウ、落ち葉、秋晴れ、
    肌寒い

季節からイメージする言葉は、全く違いますね
 

しかし、月別の平均気温を比べると、東京では、
4月と11月、5月と10月がそれぞれほぼ同じ

気温だけで考えれば、4月と11月、5月と10月は
全く同じ服装でも過ごせるのです。
 

しかし、はっきりとした四季のある日本。

衣替えという言葉があるように、
季節に合わせて装いを変える文化が、
昔から根付いています。
 

例えば、白いTシャツにショートパンツという格好も、
5月なら良いですが、10月だと、いくら暑くても
なんだか浮いてしまいますよね・・・。

ですので、やはり季節に合った服装をすることが
大事なのです。

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s
 

秋服と春服の違いは、主に生地です。

【春】
・色
ピンクや黄緑などのパステルカラー、
シャーベットカラーなどの、明るく薄い色

・生地
シフォン、綿、麻など、薄く軽いもの

 

【秋】
・色
カーキ、ボルドー、ブラウン系などの
濃いダークカラー

・生地
ウール、ベロアなど厚手のもの

主に、季節をイメージさせる色、素材です。
 

もちろん、物によっては、
両方の季節に、使えるものもあります。

スポンサーリンク

秋服と春服、両方使える物は?

とはいえ、秋服と春服、すべて区別するのは
収納スペースや、予算の問題もあり、
なかなか難しいですよね。

そこで、秋と春、共通して使えるものを
数点持っていると、洋服の枚数もぐっと
減らすことができます。
 

おすすめは、

  • 白、黒、ベージュ、紺など季節感のない色のもの
  • 季節を感じさせるプリントや柄が入っていないもの
  • 七分袖

などです。
 

そのような、共通して使えるアイテムに、
春らしいもの、秋らしいもの、を組み合わせれば、
季節感を意識した、ファッションのできあがりです!
 

例えば、白い七分袖のTシャツと紺色のスカートを
春と秋に、着回すとしたら、

春なら、花柄パステルカラーのストールを巻いて、
足元は、白い靴。
 

秋なら、ボルドーのニットカーディガンを羽織り、
足元は、ブーツ。

ベースは同じものでも、合わせるアイテムによって
季節感が出て、イメージが変わります。

037411

いかがですか?

服装選びに迷う、秋と春。

共通アイテムをうまく使って、
おしゃれを、楽しみましょう!


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

3 Responses to “秋服と春服の違いは?共通アイテムで賢くおしゃれに!”

コメントを残す