神社で買ったお守り 複数持つとケンカするって本当?

こんな言葉、
聞いたことはありませんか?

『お守りを複数持つと、
ケンカして効果が薄れる』って。

聞いたことあるなぁと思いつつ、
複数のお守りって持ってしまいませんか?

 

私自身、今持ち歩いてる分では、
厄除け、健康守り、さらには去年産んだ
子供の出産守り(一昨年購入)があります。

また、毎年初詣のたびにお守りを買うのですが、
古いお守りって、行った時に持っていないと、
ついつい返し忘れてしまうんですよね。

 
私の場合は、健康守りが、
手放すと何か病気になりそうな気がして、
なかなか手放せません。

おかげで、私は家のいたるところに
たくさんお守りが眠っています。

(私の管理力の問題もありますが・・・笑)

 

複数持つとケンカするって、
本当なのでしょうか?

またお守りはどのくらいの期間
効果があるのでしょうか?

いい加減きちんとしたいと思うので、
今回は、お守りの正しい利用方法について
ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



ケンカはしません!

そもそも、お守りは持つ人を守るための、
神様の分身を形に表した物だ
と言われています。

神様の分身であるお守りを、複数持つことで
ケンカなんかを、するはずがありません。

 
神社では、複数の神様を
まつったところもあるのですから、
分身であるお守を、
複数持っていても問題ありません。

 

また、別々の目的で購入したお守りを、
複数持てないのでは、
こちらも困ってしまいますよね。

もし、厄年に何か試験を控えていたら、
厄除け合格祈願のお守りは、
必ず欲しいですよね。

1つしかダメです!
なんて言われたら困りますよね。

 
なので、ケンカする説は、
気にしなくて良いでしょう。

ただ、同じお守りをむやみに多く持つのは、
1つ1つを大事にできなくなると思うので、
神様に失礼にあたります。

 

最低限必要な分だけを、
所持するようにしましょう。

では、もう既に必要じゃないお守りが、
手元にあったら、
どうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク



もちろん、返納するのが良いのですが、
調べてみると、
実は返納の仕方にも注意する点がありました。

神社の物は神社に、お寺の物はお寺に返す

これがルールのようです。

私自身、何回か返納した事がありましたが、
これまで神社とお寺のお守りを区別せず、
返納していました・・・

できれば購入した所
返納するのが良いようですが、
遠方で難しい場合は、
最寄の神社(お寺)で良いそうです。

 
また、郵送でも
受け付けてくれるそうです。

郵送で返納する際は、
返納料やお焚きあげ料を、
ご自身の気持ち分、つけて返納しましょう。

自分を助けてくれるお守り、
手放す最後まで
きちんとしないとだめですね。

 

効果は何年?

神社に行った時、
『あっ古いお守り持ってくればよかった!』
って思うことありませんか?

いつも返し忘れてしまうという方、
結構多いのではないかと、思います。

 

お守りは、持つ人の悪い気
吸い取ってくれます。

古く、ボロボロになってくると
神様の力も弱まりますので、
1年での買い替えが良いとされています。

 

しかし、絶対1年でないとダメ、
というわけではないので、効果の薄れを感じたら、
早めに買い替えてもいいようです。

きれいなお守りほど神様の力も強く
逆に、汚れてボロボロなほど
力は弱くなってしまいます。

 
大切な事は、自分を守ってくれるお守りへの
感謝の気持ちを忘れずに、
大事に扱うことです。

1年を厳守することなく、
機会があればこまめに交換し、
大切に扱いましょう。

 
しかしながら、とても効果があると感じ、
返納せずずっと身に着けていたいお守りに、
出会っている方もいるのではないでしょうか。

知人に、祖母から頂いたお守りを持ったら、
すぐに良いことがあり、逆に、
たまたま持ち忘れた時に、
大きな事故にあったという方がいます。

それからというもの、肌身離さず
何年も持ち歩いているそうです。

 

そういったお守りは、
簡単に手放せませんよね?

そういった時はどうすべきかと言うと、
返納せずに、持っていても良いようです。

お守りへの感謝の気持ちは、
神様も喜びますし、
所持している人にとっては、
単なるお守りではなく、
自分を支えてくれる大事な宝物になっています。

 
そういった物は、ボロボロにならないよう、
何かに包むなどして、
長く大事にしていきたいですね。

 

まとめ

前に述べたように、お守りは
持つ人を守るためにあります。

感謝の気持ちを忘れず、
できるだけ身に着けて持ち歩くことで
効果が表れます。

お守りを大事にできないのであれば、
何個持っていても
意味がない
のかもしれません。

 
また、何か良いことがあった際は、
お礼参りも忘れずに行うといいですね。

逆に、もし何か悪いことがあっても、
決してお守りのせいには
しないでくださいね。

自身の内面も見つめ、より良き人間となるために
お守りが助けになる
と思って、
努力していきたいですね。

スポンサーリンク

Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/lownews/low-news.net/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/lownews/low-news.net/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/lownews/low-news.net/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 35

コメントを残す