耳かきのコツ!一人でするときの3つのポイント!

耳かきって、気持ちがいいですよね!

私も大好きなんですが、自分でするのは、
鼓膜などを傷つけたりと、ちょっと怖いので、
奥の方は、あまり掃除できません。

d9e7c878ed84bc67676996bb3676ce55_s-300x200

でも長い間、耳の奥を掃除しないでいると、
耳垢がたまっていそうで、ちょっと心配です。

耳垢が溜まりすぎると、難聴になるなんていう
ことも、聞いたことがあるので。

 

そんなことを友人に相談したところ、
耳鼻科で耳掃除してもらうといい、と
教えてくれました。

そこで早速耳鼻科に行って、耳掃除をしてもらったら、
すごくたくさんとれて、気持ちもよかったです!

 
でも、その耳鼻科のお医者さんに、耳掃除の仕方は
気を付けた方が良い、と言われました。

特に自分でするときは、注意が必要だそうです。

そこで、一人で耳かきをするときのポイント
まとめてみたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク



一人で耳かきをするときの3つのポイント

ては、耳かきを一人でするときのポイントを、
大きく3つに分けてご紹介します。
 

耳かきの道具

耳垢には、乾いているものと、しっとりしている
ものがあります。

耳垢の種類によって、使う道具も違います。

一般的な耳かき棒は、乾いた耳垢を取るのに使います。

しかし、乾いた耳垢でも、細かい粉状の耳垢には、
少し湿らせた赤ちゃん用の綿棒を、使いましょう。

湿った耳垢には、綿棒がおすすめです。
ただし、太い綿棒は、耳を傷つけてしまいますので、
赤ちゃん用の綿棒がおすすめです。

 
また、ワイヤー式の耳かきもおすすめです。

次に、耳かきをするときに気を付けること
ご紹介します。

 

奥まで入れないこと

まず、自分で耳掃除をするときに気を付けることは、
耳の入り口から1cm以内にすることです。

それ以上奥に耳かきを入れると、耳垢を
奥に押し込んでしまったり、耳の中を傷つける
恐れがあるそうです。

 
奥の掃除が大切だと思っていたのに、
そんなに手前でよかったのですね。

私の場合、少し奥に入れ過ぎていたようで、
どんどん押し込んでしまい、奥にたくさん耳垢が、
溜まってしまっていました。

耳垢は、鼓膜の辺りから少しずつ耳の外側に向かって、
ベルトコンベアのように、自然に移動してくるので、
入り口付近にある耳垢を取るだけで、良いのです。

 
そして耳垢を取るときは、耳の周囲に触らないように
入り口からそっと入れ、引き抜くときに周りを
優しく拭いましょう。

そして、耳垢には殺菌作用もあるそうなので、
奥にある耳垢は、そのままの方が良いそうです。

スポンサーリンク



やり過ぎない

耳かきは気持ちが良いので、私はつい長くやって
しまいます。

しかし、お医者さんからは、2〜3分
終わりにするように、と言われました。

あまり長く耳かきすると、耳の中を傷付けてしまう
恐れがあるからです。

耳の中が傷付くと、外耳炎になったり、
傷から細菌が入り、炎症を起こしてしまい、
かゆみの原因にもなります。

 
また、小さな傷口から、浸出液という液が出て、
カビが生えてしまうこともあります。

また、耳かきの頻度ですが、月に1~2回で良いそうです。
多くても、週に1回と言われました。

短い時間で終わりにしたり、回数を減らすのは
物足りないかもしれませんが、気を付けましょうね。

 

まとめ

耳垢には、殺菌するという大切な役割もあることは、
知りませんでした。

そして掃除はしすぎず、適度にするのが
耳のためにも良いのですね。

自分でする場合、耳を傷つけてしまう恐れがあるので、
今回のことを参考に、気を付けましょう。

そして、心配なときには耳鼻科で一度、
お掃除してもらうことを、おすすめします。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪