70歳のお祝い!色は何色でお祝いするの?

私の父が、今年70歳になります。
70歳の長寿のお祝いは、古稀(こき)になります。
 

60歳の還暦のお祝いでは、赤い色
ちゃんちゃんこを贈る、と言われますね。

還暦祝いは、父にはちゃんちゃんこではなく、
赤い色のTシャツと時計を、贈りました。

還暦祝いの赤は有名ですが、古稀祝いの色
というのは、私は知りませんでした。

 
色によって、贈る物の印象も変わり、
何を贈るかも、変わるかも知れませんよね。

では、古稀のお祝いは、何色で、どんな物が
良いのでしょうか。

これらの事には、どうやら古稀祝いの由来が、
深く関係しているようです。
まずは、古稀祝いの由来から見て行きましょう。

スポンサーリンク



古稀祝いの由来

古稀は、70歳の数え年でお祝いします。
数え年とは、生まれたときを1歳として、
70歳になる年です。

ですから、現在では満69歳になる年が、
数え年では、70歳になります。

 
しかし最近では、数え年というものが、
あまりなじみのないことから、満70歳
お誕生日に、お祝いすることも多いようです。

私の父も、満70歳でのお祝いになります。

 

古稀とは、唐の詩人の杜甫の、詩の一節に、
人生七十古来稀
とあり、この言葉が由来だと言われています。

現在よりも、平均寿命が短い時代に、
70歳まで生きることが、稀(まれ)という、
この言葉が、古稀のお祝いの始まりです。

古稀は、古希とも書きます。
稀という文字が常用外のため、希という文字を
使うようになりました。

 
そして、古稀のお祝いの色は、になります。
紫は、古くから高貴な色として、使われていました。

紫が最上位の地位を表す、貴族の官位もあります。
そして、僧侶も、紫色の衣を着けられるのは、
最高位の僧侶だけでした。

 

ではなぜ、紫が高貴な色なのでしょうか?

古代ギリシャ・ローマでは、紫の染料を作る際、
1グラムの色素を得るために、2000個もの貝
必要でした。

そのため、紫は、高貴な色とされてきました。

それが中国に伝わり、日本にも伝わり、
聖徳太子が、「官位十二階」で、最高位の色を
紫と定めたことが、由来です。

 

一方で、紫は癒しの色とも言われます。

ですので、古稀のお祝いでは、敬意といたわり
気持ちを込め、紫の物を贈りましょう。

スポンサーリンク



古希祝いにおすすめのプレゼント

基本的には、何を贈っても良いです。
あまり、紫色にこだわらなくても、
本人が好きなものや、喜ぶ物がオススメです。

いくつか、おすすめのものをご紹介します。

  1. お花

    綺麗にラッピングしたお花が、おすすめです。

    ブリザーブドフラワーなら、お手入れの
    手間もいらず、生花に比べてとても長持ち
    するので、おすすめです。

     
    紫のお花は、色々ありますので、いくつかの種類を、
    組み合わせても良いですね。

  2.  

  3. 時計やバッグ

    趣味にもよると思いますが、本人の希望なども聞き、
    高価なものなら、兄弟などで一緒に贈るのも
    良いかもしれません。

    紫が入った物や、ラッピングに紫を使う
    良いですね。

  4.  

  5. 旅行

    旅行券などを、プレゼントするのも良いですが、
    家族で一緒に旅行に行くと、良い思い出に
    なりそう。

    帰ったら、撮った写真を集めて、
    フォトブックなどにして贈るのも、おすすめですよ。

  6.  

  7. 寝具や食器

    紫が入った寝具やパジャマ、枕もオススメです。

    また、湯呑やグラスは、名前やメッセージ入り
    してみるのも、良いですね。
    紫のお箸なども、おすすめです。

    普段使う物を贈ると、使う度に、贈った人の
    気持ちも思い出されて、温かい気持ちになれる
    のでは、ないでしょうか。

  8.  

  9. 本人の希望する物

    本人に希望を聞き、希望の品があれば、
    それをプレゼントすれば、喜んでもらえますね。

    iPadを希望され、プレゼントしたら、とても
    喜んでもらえた、という方もいました。

 

色が選べない物の場合、紫のメッセージカードを
添えるのもおすすめです。

私の父は、将棋が趣味なので、新しい将棋盤などを
考えています。

将棋盤だと、紫が入らないので、お花を添えようと、
お花屋さんに行ったところ、

「最近は、紫ではない方も、多いようですよ」
と言われました。

古稀のお祝いの色は、紫ですが、
あまり、紫にこだわらなくても良いようですね。

 

まとめ

60歳の還暦祝いは、有名ですが、70歳の
古稀のお祝いは、私は最近知りました。

紫がお祝いの色になりますが、そんなに色に
こだわらない方も多い
ようです。

お祝いする気持ちがあれば、特に特別な
決まりなどはありません。

 

これからも、元気に過ごしてもらいたいという、
気持ちが伝わるお祝いが、できると良いですね。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪