着払いの料金だけ高い!ナゼ?

待ちに待った、宅配便が届きました

着払いにしていて、玄関でお金を払ったとき、
「あれ?そんなに高かったかな?」
思う事ありませんか?

 

折角、安く手に入れても、送料が
高いのでは、意味が無いですよね!

でも、この送料が高いのは
もしかしたら、着払いを使ったんじゃ
ないですか?

 
もしそうなら、原因の一旦は
着払いが原因ですね。

通販をよく使って、その辺りの事は
かなり調べた私が、着払いが何故高くなるのか
お知らせしましょう!

スポンサーリンク



まずは、元払いと着払いで料金が違う訳を
見て行きましょうか。

 

どうして元払いと着払いで料金がちがうの?

確かに距離は同じはずですよね。
料金も一緒でないとおかしいです。
不思議に思うのも無理はありません。

そこには宅配業者の思惑と事情があるのです。
その思惑と事情を説明してみましょう。

 

実は差がないもの!?

実は宅配便において、元払いと着払いには
差がないんです!

え!?どうして?

着払いはどこで支払いますか?
玄関先ですよね?
早く荷物を受け取りたいですよね。

その心を利用されてるんです。
料金を割り増しにしているんです。

料金の内容って調べませんよね。
気にせず払っちゃいます。
それを利用しているというわけです。

スポンサーリンク



しかもパッと見ではわからない。
法人の料金で請求されているケースも!?
当然普通より高くなっちゃいます。

届いたときは、
しっかりと確認
これゼッタイ!

 

よく利用する宅配業者はどうかな?

よく利用される宅配便といえば、こんな感じかな。

    ヤマト運輸の「宅急便」
    佐川急便の「飛脚宅急便」
    郵便局の「ゆうパック」
    日本通運の「ペリカン便」
    西濃運輸の「カンガルー便」

有名な業者ばかりですね。

郵便局の
「小包ゆうパック」は着払手数料が
21円
かかる。

もし有名じゃない宅配業者を利用したとします。
「あ、割増?」
と思ったら、次の事情があるのかも?

 

割増しになる事情

どうして着払いのときだけ
割増しになるんだろう。

宅配業者にもちょっと
事情があるんですよ。

 
地方を例にしてみましょう。
業者がお届けする荷物は少ないと思う。
しかも田舎だと遠い

そうすると燃料代がかかります。
宅配の料金には、
そのための費用が入ってるんです。

だから「損した分を少しもらっちゃえ」
ってなります。

なるほどって思いますね。

「ならそう言ってくれればいいのに」
ホントですね。
高くなるならしっかり言ってほしいです。

こんな事情があるんですね。
ちょっと同情しますね。
でも不思議に思ったら問い合わせましょう。

 

少しでも安くするには?

しっかりと着払いのことがわかりました。
それでもこんなことを思いませんか?
「少しでも安くしたいなぁ……」

少し安くする方法ならあります!

業者が宅配するのは
ガソリン代がかかる。

ということは、
私たちが荷物を取りに行けばよし!

「どうすればいいの?」
届け先を、

    宅配業者の営業所、取扱所
    コンビニ

に指定しよう。

ほんの少し、安くなります。

どれだけ得するか気になりますよね?
業者の各サイトで調べられるようになってるよ。

よく利用する宅配業者は一回調べてみたらいいよ!

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪