しらすを魚偏の漢字で表すとどうなる?

サバは魚偏に青で鯖、タイは魚偏に周で鯛、
イワシは魚偏に弱で鰯、マグロは魚偏に有で鮪
シャケは魚偏に圭で鮭・・・

と言うように、魚の名前は魚偏の漢字で表せるものが
多いですよね。

中には秋刀魚(さんま)みたいなものもありますが。

そこで、ふと「しらす」って漢字でどう書くのかな?
と疑問に思って調べてみました。

スポンサーリンク

面白いことがわかりましたよ。

しらすは白子

しらすは、一般的には「白い子」とかいて「しらす」
読むそうです。

これは、釜揚げしたしらすが真っ白なことから
来ているそう。

とれたてのしらすは実は透明・・・
というか、グレーがかった色味です。
銀色にも見えますね。

でも、昔はしらすと言えば釜揚げしらす
指したので、このように書くのだとか。

漁師の方は、しらすの事を「シラコ」と呼んだり、
しらすをとる漁船を「シラコ船」と呼んだりも
するそうですよ。

精巣の方のしらこと間違えてしまいそうですが・・・。
そういえば、こちらのしらこも書き方は「白子」
ですね。

だからしらすはひらがなやカタカナ表記が多いの
かもしれません。

ちなみに、しらすとは本来は
体に色素がない稚魚の総称
だそう。
例えばうなぎ、マイワシ、ニシンなど。

確かに、鰻の稚魚を「シラスウナギ」なんて
読んだりしますよね。

ただ、食用として市場に出ているものは
イワシの稚魚がほとんどだそうです。
たまにイカやエビも混入しているそうです。

余談ですが・・・。
「ジャコ」は雑魚と書くそうですよ。

スポンサーリンク

魚偏に○と書いてしらすと読む

調べてみたところ、しらすを表す魚偏の漢字
あるようです。

私もびっくりしましたが、
この漢字は、ほとんど見たことのある人は
いないのではないでしょうか。

魚偏に何と書いてしらすと読むと思いますか?
ヒントは、とれたばかりのしらすをどうするかです。

・・・答えは・・・氷!です。

これは一般的な漢字ではなく、
舞阪漁港(まいさかぎょこう)特有
書き方だそう。

揚げたシラスはすぐに氷で〆ることから
魚偏に氷でしらすと読ませるそうです。

上にも書きましたが、釜揚げ前のしらす、
つまり生しらすは、とってもきれいな「銀」にも見える
半透明の色をしています。

このような色味と「魚偏に氷」というイメージが
マッチしていて、何とも美しい書き方ですね。

でも、残念ながらこの漢字をインターネット上で
見つけることはできませんでした。

正式に登録されている漢字ではないのだと
思います。

なかなか漢字表記を見ない「しらす」。
舞阪漁港に行く機会があれば、是非確認してみて下さい。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

One Response to “しらすを魚偏の漢字で表すとどうなる?”

  1. お寿司屋さんで、友人の「しらすって漢字しらないんだよね」と言われていたので、これで明日にでも教えてやろうと思います。
    調べていた事に、ピッタリでした。
    ありがとうございました。
    他の記事も、面白い物が多いですね!
    大変役に立ちました。

コメントを残す