着払いで送料が安いのはどこ?

「ねえねえ、着払い1番安く済むのって
どこの会社か知ってる?」

 
仲の良い同僚Aに聞かれました。

聞くと、オークションで落札した
洋服を、着払いで受け取るそうなんです。

着払いで荷物送ることって
ほとんどないからね。わかんないよ。」

A「そうだよね。かなりかさ張る服だから
箱が大きくなっちゃうのよ。」

 
「ヤマトとかゆうパックだと、大きさで
料金が決まる
から、結構かかるんじゃない?
じゃ、ちょっと調べてみようか?」

せっかく安く落札したんだから、
送料も安く抑えないと、意味がないもんね。

同僚のために、わたしが、着払いで
安い運送方法
を調べて、ご紹介しますね。

スポンサーリンク



大手運送会社の料金を比較してみました

発払いと着払いでは、料金は同じです。
表は、東京から北海道に送る場合です。

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e2-300x187
 

ゆうパックは、郵便局に持ち込む
送料を100円値引きしてくれます。

また、1年以内に同一宛先に送った場合
ゆうパックの控えを持っていくと、
50円割引になります。

 
この2つの割引は、同時に利用可能です。

同じ80サイズを送る場合、

ゆうパック 1230円-(持込み割)100円-(同一宛先割)50円=1080円
ヤマト運輸 1404円
佐川 急便 1458円

スポンサーリンク



その他の方法

ここからは、あまり知られていないけど
安く送れる方法を、紹介します。

 

ポスパケット

郵便局のサービスで、小さな荷物の場合に
オススメで、全国どこでも360円で届けられます。

追跡サービスも、利用可能です。

 

サイズは1Kg以内A4サイズで3.5cmの厚さまでです。

  • あて名シールを、郵便窓口で受け取り
    記入して貼ります。
  • 着払いにする時は、着払いシールも
    窓口で受け取り、貼ります。

レターパックと似ていますね。
でもレターパックは、着払いができません

 

はこBOON

このサービスは、重量で料金が変わりますので
サイズが大きくても、軽ければ安く済む方法です。

ただ、日時指定ができないので、急ぐ場合は
お勧めできません。
東京から北海道で、およそ3〜4日かかります。

追跡サービスがあるので、荷物がどこにあるかは
HPから調べられます。

東京から北海道まで
荷物を送る場合の料金表です。

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e-300x187

箱のサイズは、3辺合計が160cmまで、
となっていますが、箱サイズで料金が
変わるわけではありません。
 

それでは、はこBOONの利用方法について
紹介します。

発送は、全国のファミリーマートで行います。
はこBOONを利用するには、まずサイトにアクセス
してログインしてください。

 

こちらからどうぞ
https://www.takuhai.jp/hacoboon/init

1.ログインしたら、右側にある
配送お申込みをクリックします。

2.お荷物情報を入力します。
品名・商品金額・荷物の重量・箱サイズ
配達希望時間・壊れ物指定、に入力をします。

3.受取人の情報を入力します。

4.依頼主の情報を入力します。

5.配送料金を計算する、と書かれた部分を
クリックします。

6.そのまま進むと、最後の画面で
支払方法が出るので、選びます。

  • クレジットカード
  • 取り扱い店舗で支払う
  • ネットバンクで払う

から選びます。

7.シリアルキーが発行されるので、メモをして
荷物とともにファミリマートへ行きます。

8.ファミポートで、はこBOONを選択して
先ほどのシリアルキーを入力します。

9.ファミポートの流れに乗って、進んでいくと
バーコードが印刷されるので、レジに持っていき
はこBOON伝票を出してもらいます。

10.伝票を荷物にはります。
壊れ物シールも、
必要なら出してもらいます。

着払いで送る時は、受け取り側の人が
はこBOONのシリアルキー発行までを行います。

 
そのときは、クレジットカードかネットバンクで、
支払を済ませてもらいます。

 

まとめ

色んな方法がありますが、
荷物のサイズや重さによって、
一番お得な方法を、選んでください。
 

早速、同僚に教えました。

A「わたしの荷物は、120cmサイズで3Kgなの。
ゆうパックなら1650円かかるけど、はこBOONなら
1112円で済みそう。」

500円の差は大きいね!初めての取引だから
持ち込み割引の100円しか、安くならないもんね。
急いでないなら、良いんじゃない?」

 
はこBOON
わたしも、今度使ってみようと思います!

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪