マイナンバー制度って?メリットはあるの?

マイナンバー制度
わたしは、ある日突然
テレビCMを観て知りました。

 
ワイドショーやニュースは、
毎日観てるのに、そんな制度の話
聞いた覚えがなかったんだけど?

マイナンバー制度って、
一体何なんだろう?

 

CMを観ただけなので、
今年の10月から、個人宛に番号が
通知されるらしいことしか、わかりません。

何のために、そんな制度ができたのか
わからないことだらけなので、
調べてみることにしました。

スポンサーリンク



マイナンバー制度とは?

マイナンバーとは、国民ひとりひとりが
持つ、12桁の番号のことです。

通知が始まるのは、平成27年の10月から、
利用が始まるのは平成28年1月からと
なっています。

 

マイナンバーカードとは?

マイナンバーの通知のときに、
マイナンバーカード申請書と、
通知カードが送られてきます。

この申請書を郵送すると、
マイナンバーカードが届きます。

 
その際、通知カード
市町村に返納しなければなりません。

 

マイナンバーカード

  • 顔写真入りで、身分証になる。
  • 図書館カードや、印鑑登録証など
    自治体が定めるサービスにも利用可能。
  • 電子申請に使う、電子証明書も搭載される。
  • ICチップが内蔵されているが、所得や年金など
    プライバシー性の高い情報は入らない。

などの特徴があります。

マイナンバーカードを取得せず、
通知カードだけでも良いのですが、
通知カードは、身分証にはなりません。

政府としては、多くの方に
マイナンバーカードを、取得してもらいたいようです。

 
マイナンバーカードには、顔写真がつくため
20歳以上で10年、20歳未満の方は5年
有効期限になっています。

マイナンバーカードや、通知カードの
記載に変更(引越しなど)があった場合、
14日以内に、市町村に届けなければなりません。

スポンサーリンク



マイ・ポータルとは

自分の家のパソコンから、
自分のナンバーを使って、行政機関
やり取りした記録を、みることができます。

自分の過去の、納税状況所得情報など
さまざまなことを、確認できるように
なります。

 

しかしながら、まだ、マイ・ポータル
関しては、詳しく決まっていないことが、
多いようです。

 

この制度のメリットって?

マイナンバー制度には、

  • 行政の効率化
  • 国民の利便性の向上
  • 公平・公正な社会の実現

というメリットがある、とされています。

 
例えば、児童手当の現況届の際に
マイナンバーを提示します。

今までのように、所得証明書
健康保険証のコピーは、必要なくなります。

年金の請求にも、
マイナンバーを提示するだけで良いんです。

健康保険や、労働保険の手続き
確定申告の際の、手続きにも使えます。

被災した際の、支援金の手続き
マイナンバーがあれば、すぐに行えます。

 
何かの手続きの際の、証明書類や
添付書類が、この1枚のカードで
済んでしまう
んです。

 

デメリットもあります

誰もが、一番に考えるのは
情報管理を、キチンとしてもらえるのか
ということですね。

つい先日も、年金機構
ずさんな管理と、その後の対処が
明るみに出ました。

 

こういうニュースをみると、
大丈夫なんだろうか、と不安になります。

また、マイナンバーカードを取得した場合
あらゆるところで、身分証として
使うことができます。

カードには、マイナンバーが記載されているので
それをコピーして、悪用されることが
起こり得るのではないか、と思います。

 

住民基本台帳カードについて

マイナンバーと聞くと、住基ネット
思い出すんですが、住基カードは
2015年12月は交付
をしています。

有効期間(10年間)は、今まで通り
使用ができるとのことです。

 
ただし、マイナンバーカードとの
重複所持はできないそうです。

 

まとめ

マイナンバーについて調べてみると
2013年の5月の国会で、
決まっていたみたいです。

わたしとしては、番号管理されることに
ちょっとだけ、嫌悪感のようなものを、
感じていたんですよね。

 
でも、アメリカやヨーロッパの各国では
かなり前から、個人番号制度
取り入れているようなんです。

そう聞くと、日本は遅れてたのかな?
と思ったりして。

 
いろいろ、調べてみて番号の管理さえ、
適切に行えば、便利なものなのかも?
と思うようになりました。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪