金銭感覚の違いは結婚の障害になる?

私の職場は、若い人がたくさん。

結婚の決め手はなんだったんですか?」

なんて昔の話を聞かれることもしばしばです。

 

私自身、主人と結婚を決めた理由の一つは、
価値観が、近いこと」
でした。

一般的にも
結婚するときには、価値観が一致していることが
大事とよく言われます。

スポンサーリンク



ところでこの価値観ってなんでしょう

何が大事で、何が大事でないか
という判断をする、基準だったり

どれを先にするか、大事にするかと言う
優先順位をつける基準だったりが、
価値観だと思います。

 

この価値観、すべてが同じ
というわけにはいきませんが、

大事なところが一致しているほうが、
楽しいし、安心できるんですよね。

 
そのことを、よくあらわしている
データが、ありました。

恋人と同じだとうれしい、と思う価値観では
「食の好み」や「ライフスタイル」
が上位という、結果でした。

それが結婚相手や夫に求める価値観としては、
「金銭感覚」や「結婚観」が上位と言う結果でした。

恋人同士なら、
同じものをおいしいと思ったり、
楽しいと思ったりすることが重要だけど、

結婚相手としては、何を大事にするか
という点が一緒の方が
ハッピーと言うことでしょうか。

スポンサーリンク



そもそも男女で金銭感覚は違う

男性と女性では、お金に関しての
感覚に、違いがあるといいます。

 

長所は
男性:大きなお金の流れを、把握するのが得意
女性:お得な情報に敏感で、細かな節約が得意

短所は
男性:日常の小さな無駄を、見逃してしまう
女性:長期的な利益やビジョンを、考えるのが苦手

 

そんな短所に目を向けてばかりいると、
喧嘩のもとです。

 

結局価値観で大きく変わる

結婚の条件として、
経済力は、外せないでしょう。

やはり、生きていくのに最低限の
お金を確保する、方法を考えるのは
絶対に、必要です。

 

でも、実は最低限のお金を確保する
ことはできたとして、

その後が金銭的な価値観
一致しているかどうかで
大きく変わるのではないでしょうか。

 

私の友人に、
コンビニで買い物なんてしたことがない、
旅行にもお弁当やカップラーメンを持参している、

お弁当持参は当たり前、
庭には野菜が植えてあって

最低限のお金しか使わずに過ごすのが
大好きと言う人がいます。

 
そんな節約好きな友人とは、
話は合うし一緒にいて楽しいんですが

旅行に行ったらたいへん!

こんな高いお店で
食べるなんて信じられない
とか

こんなお土産もらっても
わたしならうれしくない
とか

何を見ていても文句を言うので、
せっかくの旅行
全然楽しくありませんでした。

 
挙句の果てに、
お土産物屋さんの試食を食べて

「ここでこれだけ食べれたから
さっき食べなくてよかったね」

といわれたときは、
ああ、この人と一緒に暮らすとか
考えられないな、と痛感しました。

 
その人はのためにお金をためているので、
立派だとは思いますが、とても私には無理。

旅行に行けばおいしいものが食べたいし、
忙しい時はスーパーやコンビニで
お惣菜を買ったり、したいのです。

そんな、どこにお金をかけたいか、
どんなふうに暮らすのが
豊かな暮らしだと思えるのか

そういう言う意味での金銭的価値観
一致していることは、
結婚に大事だと思います。

 

お金があればいいわけじゃない

では、お金のことを考えなくていいくらい
お金があればいいのかといえば
そういうわけでもないんです。

 

実は、私は以前、かなり高収入の人と
一緒にいたことがあります。

お金がある人は、使い方も派手です。
高いお店に行ったり、
タクシーを使ったり
カードの支払いも半端ない・・

そんな散財しているのをみると
なんだかドキドキして
デートも楽しめなかったのですが

「払ってやってるのに
何の文句があるんだ」

といわれて、すっかり冷めて
しまいました。

 
結局、金銭的余裕があることが
イコール幸せな生活と
感じられないんです。

おいしいご飯も、値段を考えると
おいしいと感じられなくなったりして
つくづく庶民なんだと思います。

やっぱり、身の丈に合った、
お金の使い方をする人と一緒の方が
安心できるんでしょうね。

 

障害になるか、ならないかは自分たち次第

金銭感覚は、
結婚生活に直結しているので、

違いが少ないにこしたことはないですが、
全くないと言うことはあり得ないんですよね。

「障害があるからうまくいかない」と思ってしまうか、

「障害があるから、もっとお互いに協力しよう」
と考えられるかの違いなんだと思います。

 
不安や心配を話しあい、
新しい家族のルールができてくる。

そんな結婚生活をするには
お互いが大事に思う気持ちがあることだと思います。

 

そして、
互いを信じられたら
きっと幸せな結婚生活になることでしょう。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪