確定申告の住民税!普通徴収か特別徴収どっちがいいの?

確定申告は知っていると得することもあり、
とても大切なものです。

ですが、市区町村によって内容が
少し違ったり、難しいことで、なかなか
知らない事も多いと思います。

 

先日、知り合いから
副業を会社に詮索されたくないんだけど、
どうしたらいいと思う?

という相談をされたので、一緒に調べました。

 
今は副業をされる方も多いので、同じように、
副業の住民税の最適な支払方法や、徴収方法の
違い、また、2つが切り替わる理由

など詳しく知りたい、あなたのためにも、
お話していきますね。

スポンサーリンク



副業を会社に知られたくない時は普通徴収!

まず、副業が知られてしまうのはなぜでしょう?

住民税は会社の給与から天引きされることが多く、
これを特別徴収といいます。

そのため、会社は住民税がいくらなのか把握できます。

また、副業の収入分も本業の会社でまとめて天引き
されるため、副業が知られてしまうのです。

 

これを防ぐ方法は、住民税を自分で納付する、
普通徴収に切り替えることです。

そして、まずやるべきことは、

  • 役所に副業の住民税を普通徴収にする
    届けを提出します。
  • 確定申告書の「自分で納付(普通徴収)」
    の欄にチェックを入れましょう。

  • 役所と副業先に,直接または電話で
    「副業分は必ず普通徴収でお願いします」
    としっかり伝えましょう。

また、

  • バイト先で偶然会ってしまった
  • 同僚に話した
  • 残業をあまりできなくなった

という行動から会社の多くの人知られてしまう
こともあるので自分の言動行動には気を配り
ましょう。

このような事を気を付けていても、副業先が
普通徴収を特別徴収として提出してしまう。

役所でもそれが気づかれなかった、という事が
起こった事例もあったようです。

スポンサーリンク



「あれ?お給料から何かひかれてる!」

上記で説明した方法をとっても半強制的
特別徴収となる場合を解説します。

 

会社は従業員を雇えば、アルバイトパート
などにも住民税を特別徴収しなければなりません。

しかし、短期雇用、Wワークなどで
他でも収入があるなど、毎月の給与額が、
大きく変ってしまう、などの理由から

正社員以外には給与天引きを
行っていない
会社は多いよう。

このような理由で「未納」問題が起こります。

 

その対策として、特別徴収を半強制的に
切り替えさせるように各自治体が
呼びかけているんです。

そのため、いきなり特別徴収となる
ことがあります。

また、従業員が家族だけの場合でも、
特別徴収は行わなければなりません。

 

特別徴収にはたくさんメリットがあった!

最後に、住民税の普通徴収から特別徴収に
変わるメリットを下記に説明します。

 

住民税の特別徴収は、税額を計算、
年末調整などをする手間がかかりません

また、従業員が金融機関へわざわざ納税へ
行く手間を省くことができます。

そして、毎月給与などの支払いの時に差し引き
されるので納め忘れがありません

みなさんも特別徴収について知っていれば
いざという時に不安なく行動できますので、
ぜひ、覚えてみてくださいね。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪