パスポートの紛失!海外での費用はどうなる?

私は今度、初めて海外に行くという事もあり、
ガイドブックを念入りに読んでいると、
なんと「スリが多い」と書かれていました。

 

楽しさ100%だったのが、
一気に暗い気持ちになりました。。。

 

特にパスポートは、海外旅行においては
命の次に大切だと、よく言われますよね。

万が一、パスポートが盗難に遭ったりしたら、
どうなるのでしょうか?
無事に日本へ帰れるのでしょうか?

 
行く前からそのことが心配で、
かなりテンパっている私です。

だって、帰国できなかったら大変ですよね!

 
慌てふためいていたら、
海外旅行の経験が豊富な優しい友人が、
「大丈夫?」と、声をかけてきてくれました。

ということで、私が不安なことを友人に相談して、
パスポートを紛失したらどうなるのか、
納得がいくまで、説明してもらいました。

 
その内容を、私と同じ様にアタフタしている
あなたにも、教えてあげましょう!

スポンサーリンク



パスポートを紛失したらどうなる?

海外旅行は楽しいものですが、残念なことに、
盗難トラブルがとても多いのが、現状です。

 
中でも、財布とパスポートの盗難が多いです。
最近では、スマホも狙われています。

特に日本人のパスポートは、
信頼性も高く、優遇されたりするので、
狙われやすいものの一つです。

 

でも、安心してください!

パスポートを盗まれても、きちんと手続きをすれば、
日本に帰ることができます!

 
パスポートを紛失した場合の対応について、
ご紹介します。

 

パスポートを紛失した場合の対応

  • まずは警察へ
    まずは最寄の警察へ行きます。
    パスポート盗難の被害を届け出て、
    被害届証明書」を、発行してもらいます。

    (この「被害届証明書」は、パスポートの新規発給、
    帰国した後の保険金請求に必要な書類です。)

  • 日本国大使館へ
    警察で被害届証明書をもらったら、
    次に、日本国大使館(もしくは総領事館)へ行きます。

    大使館で、パスポートの新規発給の手続きを
    行うことができます。

  • 発給の申請方法は二通り
    大使館での発給の申請方法は二通りあり、
    パスポートの新規発給をその場で行うか、
    帰国のための渡航書を発給してもらうか、選べます。

    パスポートの新規発給は1~2週間かかるため、
    急ぎの場合は渡航書発給を選ぶことになります。
    渡航書なら、1~3日で手続きができます。

スポンサーリンク



発給の費用はどうなる?

パスポートがなくても、申請すれば新規発給か、
渡航書の発給ができることがわかりました。

そこで気になるのが発給の費用です。
一体いくらかかるのでしょうか?ご紹介します。

 

発給の費用

パスポートを新規発給する場合、
日本で手続きする場合と同様の金額を、
現地通貨で支払います。

  • 5年用 11,000円
  • 10年用 16,000円

渡航書を発給する場合は、手数料は2,500円です。
ただし、渡航書の発給の場合、帰国した後に、
パスポートの新規発給の手続きが必要です。

 

保険に入れば大丈夫?

海外旅行の際に、何らかの保険に加入する人は、
多いと思います。

その際に、携行品保険に加入しておくと、
パスポート紛失の際も、一定金額を上限として、
保険金が支払われます。

パスポート新規発給の費用だけでなく、
盗難場所から大使館までの交通費、
手続きのための延泊費用まで、請求できます。

そのため、携行品保険に加入しておくのと、
もしトラブルに遭った場合は、支出の証明書類は、
きちんと保管するようにしましょう。

 

帰国に間に合わない場合は?

渡航書でも申請から発給までに1~3日かかるため、
帰国の予定に間に合わないケースも、あると思います。

その際、ツアーの場合は、
添乗員や旅行会社に問い合わせて、
どうすればいいかを、確認してください。

 
個人旅行の場合は、直接航空会社
パスポート盗難の旨を連絡して、
飛行機の便を変更しましょう。

もし変更不可の航空チケットを
予約していた場合は、変更するために、
交渉が必要になる場合があります。

 

まとめ

いかがでしたか。
パスポートを紛失した場合はどうなるのかや、

紛失の際に海外でかかる費用について、
ご紹介しました。

 
万が一盗まれた場合も、
無事帰国できるとわかり、安心しました。

でも、警察に行ったり、大使館に行ったり、
時間も手間もかかるので、
楽しい海外旅行が、台無しですよね。

パスポートは、盗まれないように、
盗難対策を、万全に行うことが大切です。

日本と海外は違うという認識を持ち、
パスポートは肌身離さず持ち歩き、
ホテルの部屋に置かない等の対策をしましょう。

持ち歩くのにも、パンツやリュックのポケット等、
自分の目の届かない所は、スリに遭う可能性が
大なので、注意が必要です。

またお店やレストラン(特にビュッフェ)で、
席に荷物を置いたままにするのも、
絶対にしてはいけません。

 

私は、首に掛けられる紐がついた、
パスポートケースを、購入することにしました。
これで、肌身離さず、持ち歩こうと思います!

パスポートを紛失した場合の対応や
海外での費用について知りたい人は、
ご紹介した内容を、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪