主婦のお小遣いなしは普通?みんなはどうしてるの?

私の友人、Aさん夫婦ですが、どうやら
家計のことで、もめているそうです。

 
二人の言い分を、
聞いてみることにしました。

 
Aさんの言い分は、

専業主婦であるウチの奥さん、
 基本的に、お小遣いはありません。

 何か欲しいときは、上手に工面して
 買っているみたいです。

 多分、家計をやりくりしているのだ
 と思います
。」

 

続いて、奥さんの言い分も、
聞いてみましょう。

「”主婦も立派な職業だ!
 ”主婦を馬鹿にしてはいけない!”
 なんて、言っていた夫でした。

 ところが、生計を一つにした途端、
 主婦が小遣いをもらうのは、おかしい?
 言い出したんです。

 怒り心頭で、

 それこそ、”おかしいのは貴方でしょう!”
 と、切り返したり、
 二人の間で言い争いが絶えません。」

スポンサーリンク



そこで、いま、世間一般の主婦たちって、
本当に、お小遣いなしなのかどうか

 
私も協力して、
三人で真剣に、調べてみることになりました。

 

主婦は立派な家事労働者!お小遣いなしは変!

家計を管理するうえで、
妻の「お小遣い」に対する考え方は、各家庭によって、
いろいろなパターンがあるようです。

 

例えば、

  • 主婦も夫と同額もらって当然と考えている家庭。
  • 特に小遣いとは決めてはいないが、家計を任され
    自由に使えるという家庭。
  • 小遣いなし、家計管理もがしているという家庭。

 

内閣府の調査(2013年)によると、
主婦の家事、育児など「無償労働」は、
年収約200万円に、換算されると言います。

 
でも専業主婦の家事労働を、業者に依頼すると、
200万円程度では済まないはず、かなりの金額に
なると指摘する、ファイナンシャルプランナー

 

理由は、
主婦の家事労働を、家政婦さんにお願いすると
簡単労働で、1800円/1時間当り。

ベビーシッターで、2000円/1時間当たり、
などです。

こうした利用料金をもとに
平均時給で換算すると、1時間当たり
2500円にもなります。

 
主婦の家事・単純労働と並行して、家計のやりくりや
栄養バランスなどの頭脳を使う、高度労働を含めて
試算すると、時給はもっと高くなります。

 

ファイナンシャルプランナーは、
家事労働の年収1200万円に、
換算することができる、と豪語します。

では、実際のところ「奥さんのお小遣い」は、
どれくらいなんでしょうか。

 

広告代理店の博報堂が、調査した資料の中から
月平均で見てみると、下記のようです。

  • 専業主婦 約1万5,000円
  • 共働きの主婦 約2万6,800円
  • パート・アルバイトの主婦 1万5,600円

全体の平均は、約1万6,500円、という
数字に表されています。

スポンサーリンク



お小遣いなし!は生活費に紛れて結構使い込んでいる節も?

家計簿に夫や子供の「お小遣い」費目はあっても
専業主婦には、自分のお小遣いなし
という人も未だ、少なくありません。

お小遣いなし」の主婦はいったい
どれくらいの割合なのかも、気になります。

 

少し古い資料ですが、参考になるデータが
ありました。

子育てママの」お小遣いについての
アンケート調査(2004年)

1位 小遣いなし(54%)
2位 7,000円以内(18%)
3位 1万6,000円以内(17%)
4位 8,000円~1万5,000円(10%)

データが示すように、専業主婦の半数以上が
お小遣いなし」というもの。
 

対象になる主婦たちは、生活費を浮かせて
へそくり、そこから必要な金額を捻出しているようです。

 

洋服代や美容院代、化粧品代は
あくまでも家計費から出すとすれば、お小遣いは
お茶のみ程度の5000円くらいが相場

しかしそれに加えて、趣味のお金やランチ代、
娯楽費など、自分のために使うお金は、
意外とかかっていることが、よくあります。

 
生活費から切り離し、ここで整理して、
見直してみることも、必要でしょう。

生活費のどこかに、使い道が紛れ込んで
けっこう使い込んでいて失敗したなど、
あとから気づくことも多いようです。

 

おわりに

喧嘩をしながらでも、家計を握ることが肝心よ!
「この数年の作業の連続が、この先の40年を決めると
 言っても、言い過ぎではないのよ!」

と言う、ベテラン主婦の意見も参考にしました。

新婚当初、彼女も家計を一つにすることになった時、
「お小遣いなし」だったそうです。

 
夫婦の価値観を、すり合わせる作業はとても
大切だと気が付いて、真っ向から向き合い
「お小遣い」を要求、成立させたそうです。

 

Aさん夫婦も家計を見直し、夫と同様、
妻の「お小遣い」を家計の費目
加えることにしました。

毎月、自由に使える妻の「お小遣い」。

一部は、子育てが終わった後、
自分が想い描く、将来の設計図の必要な資金
したいと思っているみたいですよ。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪