高速道路の追い越し車線!右ウインカーの意味は?

この前、高速道路を運転していて、
気になったことがありました。

 
それは、追い越し車線で、
右側に道路がないのに、右ウインカー
出してくる車がいたことです。

 

私には、追い越し車線での、
右ウインカーの意味が、わかりませんでした。

気になったので、帰ってきてから、
運送ドライバーをしている兄に、
話を聞いてみました。

 
すると、知らなかった意味がたくさん!

スポンサーリンク



追い越し車線での右ウインカーの意味

兄に話を聞いて、自分でも調べてみると、
高速道路の追い越し車線での、右ウインカーには、
複数の意味があることが、わかりました!

 
その中でも、私がよくあるケースだと思った、
代表的なものを3つ、ご紹介します。

 

道を空けてほしい

追い越し車線で、前の車に追いついた場合、
「追いついたので道を空けてほしい
という意味で、右ウインカーを出します。

後ろの車が迫ってきて
右ウインカーを出している場合は、
左車線によけて、道を譲りましょう。

 

私の前に入っていいですよ

「道を空けてほしい」とは真逆の意味ですが、
「私の前に入っていいですよ」という意味で、
右ウインカーを出す場合があります。

トラックなど、主に左車線を走る車が、
追い越したい車に遭遇した場合、
右車線が混んでいて、出られないことがあります。

そんな時、スムーズに追い越し車線に入れるように、
他の車が気を利かせて、トラックに合図します。

 

前が少し詰まっています

自分の車が大きくて、後ろの車に前方の状況を
知らせたい時に、「前が少し詰まっています
という意味で、右ウインカーを使うことがあります。

右ウインカーは、ハザードの半分という意味合いで、
「少し」詰まっています、という意味になります。

前が詰まっている状況を、伝えることができれば、
後ろの車は減速したり、心の準備をするなどして、
急ブレーキを避けることができます。

スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたか。高速道路での
追い越し車線の右ウインカーの意味について、
主なものを3つ、ご紹介しました。

 
3つも意味があると、判断に迷いますよね。
私の判断基準としては、

  • 車が迫っている→道を空けてほしい
  • 左車線の車が、前の車を追い越したそう
    →私の前に入っていいですよ
  • 車が大きく、前方の状況がわからない
    →前が少し詰まっています

というように、車の様子や周囲の状況で、
右ウインカーがどんな意味かを推測すれば、
正しい判断ができると思います!

 
また、一番多く使われているのは、
「道を空けてほしい」という意味です。

 

私も、この間遭遇した右ウインカーの意味は、
道を空けてほしいという意味だったんだなと、
わかりました。

その時は、右ウインカーの意味がわからず
道を空けることができなかったので、
また同じ状況になったら、道を空けようと思いました。

 
ただし、この右ウインカーの合図は、
高速道路に限ったことで、普通の道路では
使えないことが多いので、注意しましょう。

高速道路の追い越し車線で、
右ウインカーの意味について知りたい人は、
ご紹介した内容を、参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪