女は炊事と洗濯と裁縫が仕事なんて昔の常識!上手に分担するには?

女のたしなみ、さしすせそ」って知っていますか?

 

それは、

  • さ 裁縫
  • し (子どもの)躾
  • す 炊事
  • せ 洗濯
  • そ 掃除

のことで、重要度の順に並んでいるそうです。

 
昔は、この「さしすせそ」ができる女性が良い
とされていたようですが、

最近では、共働きの増加と「イクメン」ブームで、
男性の家事への参加は、当然となっています。
 

家事が女性の仕事というのは、
今の常識とは外れてきているようです。

実際、共働きの友人夫婦は、家事の分担ややり方が
原因でよくケンカしてしまう、と話していました。

一般的にも、女性の負担が多く、 働いている女性に
特に、家事分担に関する不公平感が強い
そうです。

うまく家事の役割分担をしている、友人夫婦達に
その秘訣を聞いて、3つの方法にまとめました

スポンサーリンク



役割分担の3つの方法

どの夫婦も 当初は分担がうまくいかなかったけど、
いろんな方法を試して、徐々に、定着したそうです。
 

その経験から、家事を分担する3つの方法
教えてもらいました。

 

1.家事分担をはっきり決めておく

お互いのライフスタイルと、こなせる家事の量
考えて、予め分担を決めましょう

 

共働きか否か、子どもの有無などで、
夫婦の家事の量が変わってきますよね。

小さい子どもがいる夫婦では、専業主婦でも、
すべての家事をこなすのは、かなり大変です。

「自分は働いているから。」、「子育てが大変だから。」
と、人間は無意識に、相手に期待しているもの。

だからこそ、期待通りにならないと、
ついイライラ、もやもやするのです。

 
それぞれの思いや考えを、相手とよく話し合い、
どちらかに負担が集中しないように、分担を予め
決める
のも、方法の1つです。

 

2.タイミングによって、出来る方がやる

夫婦によっては、 決めたことができていないと、
イラっとしてケンカに発展
、てことも多いですよね。

 
分担の公平さにこだわるより、お互いのタイミングで、
できる時に、できる方がやる方法が合う夫婦もいます。

例えば、片方が子どもの世話をしているときは、
していない方が、食器の片付けをする、など。

 

臨機応変に動くことに、抵抗がない夫婦は、
こちらの方が、気持ちよく過ごせるでしょう。

スポンサーリンク



3.ルールを作る

面白い方法として、家事を分担するための
ルールを作る
、という方法。

 
例えば、休日の家事は、じゃんけん1本勝負!

ゴミ捨ては、前の日遅く起きた方がやる!

 
など、ある意味、分担を運まかせにしてしまえば、
ケンカにもならずに、良いかもしれません。

 

夫の家事へのモチベーションを上げるには?

それでも、やはり男女差はあります

 
共働き夫婦の家事・育児分担率は、
夫15%、妻85%」だそうです。

欧米諸国の夫の分担率、30〜40%と比べると
まだまだ、低いように感じますよね。

 

家事への意欲はあっても、妻からのダメ出しに弱く
思うように、家事ができない
という夫も多いそう。

これは、経験の少なさ、自信のなさから、
苦手意識になっているのかもしれません。

意欲があるだけに、もったいないですよね。

 

こんな夫達には、

  • 感謝の気持ちを伝えるようにする
  • 得意分野を具体的に褒めてのばす
  • そして、経験を積む

ことが、大事です。

 

例えば、同じ褒めるでも、ただ「すごい!」じゃなく、
どこが具体的に助かったのか、を伝えます。

「やっぱり、あなたって力持ちね!私じゃ布団干すの、
こんな早く済ませられないわ。ありがとう。」など。

ご主人もきっと、褒められて悪い気はしないでしょうし、
また手伝おうかな、という気持ちになりそうですよね。

 
これを根気良く続けることで、本当に男性は、
家事を手伝ってくれるようになります。

 

さらに、どうしても手伝って欲しい時は、
夫が喜んで家事をしてくれる、お願いの仕方があります。

「◯◯してくれたら嬉しいんだけど、お願いできる?」と、
前向きな言葉を盛り込んで、お願いするのです。

男性は女性を喜ばせるのが、好きな傾向があります。

嬉しい、ここが助かった、ありがとうと、
夫の行動に対してポジティブな気持ちを伝える

それが、夫のモチベーションを上げる秘訣なのです。

 

まとめ

本来、女性の方が細かいところにまで気が回りやすく、
家事には、男性より向いているのかもしれません。

けれど、共働きも増えた最近では、女性だけに
すべてを託すのは、無理が利かなくなっています

 

わが家でも、たまに食器洗いをしてくれる夫に、
ダメ出しをしがちでした。

ある日、「そう言われると、もうやりたくなくなる。」
と夫に言われ、ハッとしました。

 
それ以来、少し汚れていても、こっそり洗っておいて、
「ありがとう。」とだけ、伝えるようにしました。

すると、徐々に食器洗いの回数が増え、2日に1度は
やってくれるようになりました。

完璧でなくても良いのです。

 

お互いの考えや思いを尊重し、感謝し合うことが、
夫婦円満にも、とても大切なのですね。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪