洗濯機で洗えるラグ!洗い方の注意点は?

季節の変わり目に、
冬用ラグから、夏用ラグに変えるだけでも
さわやかな気分に、なりますよね。

インテリアも、夏らしくなるし、
模様替えが楽しくなります。

 

ところで、これまで使っていたラグ。

洗濯機で洗えるとあって
通販で、購入したラグだけど、

大物だけに、自宅の洗濯機で洗えるのか
ホントに心配ですよね。

 
晴天続きの今のうちに、ラグを洗濯したいし
やり方や、気をつけなければいけないことって
あるのでしょうか?

気になったので、調べてみましたよ。

スポンサーリンク



洗濯機で洗ういい方法は?

通販カタログや、ラグのラベルに、
「洗濯機OK」や、洗濯表示をみて可であれば
チャレンジしてみましょう。

 
1.ラグを、物干し竿や、ベランダの手すりにかけて
 布団たたきなどで、ホコリや食べ物のカスなどを
 落としておきます。

2.目立つ汚れがあるときは、
 液体洗剤を少量たらし、たたいておきます。

3.汚れている部分が、外側に来るように
 屏風のようにたたみます。

 たたんだら、ロール状にまるめたラグを
 洗濯ネットにいれます。

4.洗濯機で「大物洗い」「毛布」コース
 選択して洗います。

 この時、洗剤の溶け残りがないように、
 液体洗剤を、使うといいです。

 また、素材にあった酸素系漂白剤
 一緒に入れて洗うと、シミや汚れを取り除き、
 除菌、防臭もできて、いいですよ。

 綿100%で白いラグは、これがおススメです。
 夏用のラグに使用していて、秋にしまうときに
 これで洗濯すると、キレイになります。

 ただし、柄物などは色落ちが怖いので、
 素材など、しっかり確認してくださいね。

5.柔軟剤で仕上げをします。

 アクリルなど、化学繊維の洗濯じわを抑えます。
 私の場合、これを省略することもあります。

 素材にもよりますが、敷いておくうちに
 しわって、あまり気にならなくなるので。

6.洗濯が終わったら、すぐ干しましょう。

 物干し竿を2本使って、風が通るように
 M字にして(真ん中を少し落として)、
 干すと、乾きが早いです。

スポンサーリンク



注意点は?

カタログや、ラグのラベルの注意書きは
確認しておいたほうが、いいですね。

190×240cm以上のラグは、
容量8kg以上の洗濯機を、利用するよう
勧められます。

 

一般家庭なら、容量5~7kgの洗濯機を
使用していると思うので、

8kg以上を勧められたら、コインランドリーを
利用したほうがいいですね。

 

大物洗いが多いご家庭なら、
洗濯機を購入する際に、8kg以上を選んで
おくといいかもしれないです。

大きい分、設置スペースもとるので
自宅のスペースを、確認しておいてくださいね。

または、浴槽を利用した、
手洗い(足で踏むやり方)
も、ラグをいためず
きれいに仕上がります。

洗濯機での脱水はできないので、
浴槽のヘリにかけておいて、しばらく水が抜けるのを
待ってから、干すといいです。

 
ちなみに、洗剤を落とすのが大変なのですが、
友人は、 洗剤不要の通信型洗濯ボール【クリスタル・ウォッシュ】
を使って、洗剤を使わないようにしているそうです。

洗剤の溶け残りが気にならなくて、オススメだそうですよ。

 

まとめ

いろいろリサーチしていると、
ラグが大きくて、洗濯が大変、
ドラム式は、機種によってできないのもある、

などもあって、

1シーズン使ったら捨てる、という方もいました。
ペットを飼われている方に、多いようです。

そのために、捨てても惜しくない値段の物を
購入されるとのこと。

いいものを購入して、愛着をもって
丁寧に手入れして、使い続ける。

使用している環境が、汚れやすく大変なので
シーズンのつど、買い換える。

というように、生活シーンによって
ラグを、上手に使い分けているのが、
印象に残りました。

ラグは一生もの、というわけではないので、
その時の、お気に入りの柄で、楽しむといいですね♪

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪