父が定年退職!感謝状を贈る時の文面とは?

今度、定年退職することになりました。

 
定年退職するまでの、おおよそ40年間、
我が家でもいろんなことがあったけど、
父もきっと、職場でいろんなことがあったと思います。

私たち家族は、家にいる父しか知らないから、
職場での活躍を知ることは、
あまり多くはなかったです。

それでも、定年まで勤めを果たすのはきっと、
並大抵の労苦ではなかったかと想像します。

 
そして、定年退職とはいっても、
これからまた、父の新しい門出が始まるのです。

家族としては、変わらずに、
見守っていけるといいですね。

 

そんな感謝の思いを込めて、
父に感謝状を贈りたいと思い、
家族代表で、私が作ることになりました。

短く簡潔にまとめた方が、
読む方も、負担が少ないと思いますので、
細かい文字を、読むのが苦手なお年頃です)

 
サンプルとして、
タイプ別に、文面を考えてみましたので、ご紹介します!

ぜひ、参考にされてみてください!

スポンサーリンク



既に趣味を持っている場合の感謝状

感謝状

お父さん

いつも、私たち家族のために、
お仕事に、一生懸命、
励んでくださいました。

長い間、本当にお疲れ様でした
心より感謝しております。

これからは、趣味の囲碁極めて
第二のスタート楽しんでください。

家族一同

 

仕事以外に趣味を持っていない場合の感謝状

感謝状

お父さん

定年まで、無事に健康で、
お仕事に励んでこられました。
本当に、お疲れ様でした。

お父さんのおかげで、
私たち家族は、
今日まで、一致団結して、
過ごすことが出来ました。

これからも変わらずに、
仲良く過ごしていきましょう。

そして、定年退職という大役を果たした今、
しばし英気を養って
次の門出に備えてください。

家族一同

スポンサーリンク



父母の仲良しを願う場合

感謝状

お父さん

長い間、本当にお疲れ様でした。

お父さんの長い道のり傍に
いつもお母さんがいたこともまた、
今日まで無事に歩んでこれた
理由になると思います。

今までのように、これからもお2人が
仲睦まじく、第二の人生を、
満喫していかれることを願っています。

家族一同

 

まとめ

こうして、案を3つ出しましたが、
きょうだい会議で審議した結果

3つめの「父母の仲良しを願う場合」が
採用となりました。

 
日頃から仲良くしているということもありますが、
私たちきょうだいに、「家族のあり方」と共に、
夫婦のあり方」を教えてくれた両親なので、
これが採用となりましたね。

 

そして実際に、父に感謝状を手渡したところ、
照れくさそうにしながらも、笑顔で受け取ってくれました。

感謝状の文面に便乗するように、
父はそのまま
「これからも、よろしくお願いします」と、
母に伝えてくれました。

感謝状を作る私たちも、照れくさかったけど、
作ってみて良かったと思います。

受け取ってくれたことで、
また両親が仲良くなれたような気もしました。
(気のせい?)
 

各ご家庭で、「子どもから父への印象」というのは、
それぞれ違うと思いますので、
参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪