子連れでの再婚!手続きはどうなる?

子連れでの再婚、そう珍しいことではないかもしれませんが、
意外なことに、その手続きについては知らないことが多いです。

 
というのも、先日、私が子連れ再婚をする際に、
悩んだことがありました。

それらについて、
忘れない内に書き留めておきます。

スポンサーリンク



同じような悩みや、お迷いの方の
お役にたてば、幸いです。

 

ちなみに、今回はこんな感じでした。

夫予定者県外在住。婚姻を機に妻予定者のもとに転入。
妻(私):離婚後、子ども1人を扶養
子ども:小学生。妻の子ども

family-521551_640-300x235

手続きをどう進める?

子連れ再婚の場合、子供の姓をどうするかで、
少し違いがあります。

大きく分けると、
以下の3つのパターンに分かれます。

 
この場合の主語は、「連れ子」になります。

  1. 再婚相手の養子にする。
  2. 再婚相手の養子にしないが、再婚後に戸籍に入れる
  3. 再婚相手の養子にしないし、再婚後も戸籍に入れない

このように3つもパターンがありますが、
恐らく最も一般的なのは、2ではないでしょうか。

 
養子縁組がどれだけ重要なのかそうではないのかは、
各ご家庭で、話し合って決めていただくのがよろしいかと。

連れ子を養子縁組することのメリットは、
後に生まれる(かもしれない)夫と妻の実子と、
相違ない待遇が、法的に担保されることでしょうか。

同じ苗字にもなります。

 

なお、養子縁組をしない場合、連れ子の戸籍的には、
配偶者の子」となります。
法律的にも、「親子関係はない」ということですね。

簡単に言うと、
「親と子どもの苗字が違う」ということになります。

geese-649625_640-300x225

1.再婚相手の養子にする

役所に届ける書類(必要書類):
その書き方。

  • 婚姻届(夫妻双方の戸籍謄本
    • 届出日
      婚姻届を出す日
    • 氏名・生年月日
      戸籍の通りに記入。
    • 住所
      住民票の通りに記入。アパート、団地名に注意。
    • 世帯主の氏名
      住民票の通りに記入。
    • 本籍
      戸籍の通りに記入。
    • 筆頭者の氏名
      戸籍の先頭に記入されている人の氏名を記入。
    • 父母の氏名・父母との続柄
      戸籍の通りに記入。
    • 婚姻後の夫婦の氏
      希望するものに「レ」点。
    • 新しい本籍
      婚姻後の氏を選んだ者が、
      既に戸籍の筆頭者になっている場合は、
      新しく戸籍を作る必要はありません

      婚姻後の氏を選んだものが、
      戸籍の筆頭者になっていない場合は、
      新しく本籍地を設定する必要があります。

    • 同居を始めたとき
      結婚式をあげたときか、
      同居を始めたときのどちらかで早い方を記入。

      どちらもしていない場合は、
      」と記入。
      (結婚式もあげず、同居もしていない場合)

    • 初婚・再婚の別
      該当するものに「レ」点。
    • 同居を始める前の夫妻のそれぞれの世帯の主な仕事と
      夫妻それぞれの、該当するものに「レ」点。
    • 夫妻の職業
      国勢調査の実施される年に、婚姻する時だけ、記入。
    • 届出人の署名押印
      夫妻の各自が署名、押印。
    • 連絡先
      日中に連絡のつく電話番号。携帯電話の番号でも可能。
    • 証人
      2名の記入、押印が必要。
      成人済みであれば、誰でも構いません。
  • 養子縁組届
    • 届出日
      養子縁組届を出す日
    • 養子になる人
      男の子なら左側、女の子なら右側に記入。
    • 氏名
      養子になる前の氏名で記入。
    • 住所
      養子になる前の住所を記入。
    • 本籍
      戸籍の通りに記入。
    • 父母の氏名・父母との続柄
      戸籍の通りに記入。
    • 入籍する戸籍または新しい戸籍
      該当するものに「レ」点。
      この場合は「養親の現在の戸籍に入る」を選ぶ。
      養子縁組後の戸籍を、戸籍の通りに記入。
    • 監護をすべき者の有無
      該当するものに「レ」点。
      この場合は「上記の者はいない」を選ぶ。
    • 届出人の署名押印
      養子縁組する子どもが15歳未満の場合は、空欄
    • 届出人
      (養子になる人が15歳未満の場合は、親権者等がここを記入)

      ここでも、男性は左側、女性は右側に記入。
    • 資格
      該当するものに「レ」点。今は、「親権者(母)」を選択。
    • 住所
      住民票の通りに記入。
    • 本籍
      住民票の通りに記入。
    • 署名・押印・生年月日
      住民票の通りに記入。
    • 連絡先
      日中に連絡のつく電話番号。携帯電話の番号でも可能。
    • 養親になる人
      ここでも、男性は左側、女性は右側に記入。
    • 氏名
      住民票の通りに記入。
    • 住所
      住民票の通りに記入。
    • 本籍
      住民票の通りに記入。
    • その他
      通常は空欄。新たに戸籍を作った場合は記入。
    • 届出人・署名・押印
      本人による署名と押印。
    • 証人
      2名の記入、押印が必要。
      成人済みであれば、誰でも構いません。

基本的に、日付はすべて「和暦」での記入となります。

スポンサーリンク



2.再婚相手の養子にしないが再婚後に戸籍に入れる

役所に届ける書類(必要書類):
その書き方。

  • 婚姻届(夫妻双方の戸籍謄本
    • 届出日
      婚姻届を出す日
    • 氏名・生年月日
      戸籍の通りに記入。
    • 住所
      住民票の通りに記入。アパート、団地名に注意。
    • 世帯主の氏名
      住民票の通りに記入。
    • 本籍
      戸籍の通りに記入。
    • 筆頭者の氏名
      戸籍の先頭に記入されている人の氏名を記入。
    • 父母の氏名・父母との続柄
      戸籍の通りに記入。
    • 婚姻後の夫婦の氏
      希望するものに「レ」点。
    • 新しい本籍
      婚姻後の氏を選んだ者が、
      既に戸籍の筆頭者になっている場合は、
      新しく戸籍を作る必要はありません

      婚姻後の氏を選んだものが、
      戸籍の筆頭者になっていない場合は、
      新しく本籍地を設定する必要があります。

    • 同居を始めたとき
      結婚式をあげたときか、
      同居を始めたときのどちらかで早い方を記入。

      どちらもしていない場合は、
      」と記入。
      (結婚式もあげず、同居もしていない場合)

    • 初婚・再婚の別
      該当するものに「レ」点。
    • 同居を始める前の夫妻のそれぞれの世帯の主な仕事と
      夫妻それぞれの、該当するものに「レ」点。
    • 夫妻の職業
      国勢調査の実施される年に、婚姻する時だけ、記入。
    • 届出人の署名押印
      夫妻の各自が署名、押印。
    • 連絡先
      日中に連絡のつく電話番号。携帯電話の番号でも可能。
    • 証人
      2名の記入、押印が必要。
      成人済みであれば、誰でも構いません。
  • 入籍届(届出本人の戸籍謄本)
    • 届出日
      届を出す日
    • 入籍する人の氏名
      入籍する前の氏名。
    • 住所
      住民票の通りに、住所を記入。
      アパート、団地名に注意。
    • 世帯主の氏名
      住民票の通りに記入。
    • 本籍
      入籍前の戸籍の本籍を、戸籍の通りに記入。
    • 筆頭者の氏名
      筆頭者の氏名を、戸籍の通りに記入。
    • 入籍の事由
      該当するものに「レ」点。
      この場合は「母の氏を称する入籍
    • 入籍する戸籍または新しい本籍
      該当するものに「レ」点。
      この場合は「父または母の戸籍に入る」を選択。
      戸籍の名称は、入籍後の戸籍の本籍を戸籍の通りに記入。
    • 筆頭者の氏名
      入籍後の戸籍の筆頭者の氏名を、
      戸籍のとおりに記入。
    • 父母の氏名
      父母ともに戸籍の通りに記入。
    • 父母との続柄
      長女、二男など
    • 届出人・署名・押印
      入籍する人が、署名、押印する。
      入籍する人が15歳未満の場合は、記入しません
    • 届出人
      入籍する人が15歳未満の場合の、
      届出人が記入します。
    • 資格
      該当するものに「レ」点。
      この場合は「親権者(母)
    • 住所
      住所、アパート、団地名などを住民票の通りに記入。
    • 本籍
      現在の戸籍の本籍を、戸籍の通りに記入。
    • 筆頭者の氏名
      現在の戸籍の筆頭者を、戸籍の通りに記入。
    • 署名・押印・生年月日
      届出人が署名押印する。
    • 連絡先
      日中に連絡のつく電話番号。
      携帯電話の番号でも可能。

基本的に、日付はすべて「和暦」での記入となります。

 

3.再婚相手の養子にしないし再婚後も戸籍に入れない

役所に届ける書類(必要書類):
その書き方。

  • 婚姻届(夫妻双方の戸籍謄本
    • 届出日
      婚姻届を出す日
    • 氏名・生年月日
      戸籍の通りに記入。
    • 住所
      住民票の通りに記入。アパート、団地名に注意。
    • 世帯主の氏名
      住民票の通りに記入。
    • 本籍
      戸籍の通りに記入。
    • 筆頭者の氏名
      戸籍の先頭に記入されている人の氏名を記入。
    • 父母の氏名・父母との続柄
      戸籍の通りに記入。
    • 婚姻後の夫婦の氏
      希望するものに「レ」点。
    • 新しい本籍
      婚姻後の氏を選んだ者が、
      既に戸籍の筆頭者になっている場合は、
      新しく戸籍を作る必要はありません

      婚姻後の氏を選んだものが、
      戸籍の筆頭者になっていない場合は、
      新しく本籍地を設定する必要があります。

    • 同居を始めたとき
      結婚式をあげたときか、
      同居を始めたときのどちらかで早い方を記入。

      どちらもしていない場合は、
      」と記入。
      (結婚式もあげず、同居もしていない場合)

    • 初婚・再婚の別
      該当するものに「レ」点。
    • 同居を始める前の夫妻のそれぞれの世帯の主な仕事と
      夫妻それぞれの、該当するものに「レ」点。
    • 夫妻の職業
      国勢調査の実施される年に、婚姻する時だけ、記入。
    • 届出人の署名押印
      夫妻の各自が署名、押印。
    • 連絡先
      日中に連絡のつく電話番号。携帯電話の番号でも可能。
    • 証人
      2名の記入、押印が必要。
      成人済みであれば、誰でも構いません。

基本的に、日付はすべて「和暦」での記入となります。

 

今回の流れ

さて、今回は「2.再婚相手の養子にしないが、
再婚後に戸籍に入れる。
」を選択しました。

手続きの流れとしては、こんな感じです。

  1. 夫予定者:新住所に転入届を提出。
  2. 夫予定者+妻予定者で住んでる自治体に、婚姻届を提出。
  3. 入籍届を提出。

事前に揃って取り寄せて、記入してから窓口に行くと、
早く済んでオススメです。

 

まとめ

大まかな流れでもわかれば、
だいぶ動きやすくなると思います。

わからない時は、役所に聞いてみるのもいいと思います。
自治体によって、若干違うところもあるようなので。

最近は「家族」という共同体が変わってきているので、
それも含めて「自分たちがありたい家族の形とは」と、
考え直す、いい機会になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪