借り上げ社宅のデメリットってあるの?!

私の友人夫婦が、借り上げ社宅に住んでいます。

借り上げ社宅とは、会社が所有している社宅と違い、
普通のアパートやマンションを、会社が賃貸契約し、
その物件を、社員が会社から借りる制度です。

skyscraper-347463_1280-300x199

しかも、普通に同じ物件を借りるより、格安で
借りられます。

友人は、家賃がとても安いので、このまま社宅に住むか、
新築で家を建てようか、迷っているそうです。

 
もし、家を建てるとすると、住宅手当
出るのですが、借り上げ社宅に住んでいる方が
断然安いからです。

それでも、やっぱり将来はマイホーム
住みたいので、建てるなら今か、それとも
家賃が安い分、貯金をするかで悩んでいます。

スポンサーリンク



借り上げ社宅は、会社所有の社宅とは違い、
自分の住みたいアパートやマンションに
住める、というメリットがあります。

友人も、現在住んでいるマンションが、
気に入っているそうです。

しかも、家賃は格安です。

これだと、借り上げ社宅は、良いことばかりの
ようですが、デメリット
もちろんあります。

友人が、新築で家を建てるきっかけに
なるかもしれない、ということを考え、

今回は、メリットばかりのように思える
借り上げ社宅の、デメリットを考えてみました。

 

借り上げ社宅のデメリット

  1. マイホームを購入するタイミングを逃す

    今回の友人の悩みと、同じような感じです。

    お気に入りのマンションや、お手頃なアパートを
    借りられるので、ついつい住み続けてしまう
    かもしれませんね。

    この先も、ずっと賃貸で良い、というなら、
    お得なのでよいのですが、

    将来、マイホームを建てたいという方は、
    早めに計画しないと、ローンで購入する場合、
    厳しくなってしまいます。

  2.  

  3. 会社を辞めると社宅に住めない

    現在の会社を辞めると、当たり前ですが、
    会社の社宅としては、住み続けられません。

    定年などで、辞めた後も、自分で家を探す必要が
    でてきます。

    会社との交渉で、それまで住んでいた所に
    住み続けられることもありますが、

    その場合、会社からではなく、直接大家さんと
    契約をし直すことになり、家賃は、通常の値段
    なります。

    それでも住み続けたい場合、辞める時に
    会社と交渉してみると、良いでしょう。

  4.  

  5. 自分の家を借り上げてもらうのは不安

    せっかくマイホームを建てたのに、
    転勤になってしまうことも、ありますね。

    悲しいですが、もしそうなってしまったら、
    会社がその家を借り上げてくれる、という制度が
    ある会社もあります。

    まだローンが残っていても、会社から
    家賃として、一定額がもらえますので、
    ローンの支払いは、かなり軽くなります。

     
    そのかわり、社宅として会社に貸すので、
    誰かが借りて住む、ということを
    了承する必要があります。

    社宅として借り上げてもらった場合、
    また自分が住む頃には、誰かが住んだ家になって
    返ってきます。

    もし、定年まで帰れなかった場合、
    かなり長い期間を、他の人が住んだ後なので、
    建てたころの綺麗さは、期待できません。

スポンサーリンク



まとめ

条件が良いことばかりが目立つ、
借り上げ社宅制度。

今回は、あえてデメリットを探して
挙げてみました。

友人の場合は、定年などで会社を辞めた時、
自分の家があった方が安心できるので、

もう少し貯金をしてから、早めに
マイホームを建てることにするようです。

このデメリットを知った上で、借り上げ社宅に
住み続けるか
、それともマイホームを建てるか
などを、一度考えてみると良いですね。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪