イチジク栽培!肥料はこうする!

最近、ドライフルーツに、はまっています。

世間的には、もう少し前から、既に流行している
という指摘は、聞こえません(・∀・)
 

最初は、鉄分補給のプルーンから始まりまして、
最近は、便秘やむくみに、効果がありということで、
イチジクに推移しています。

スポンサーリンク

やはりイチジクは、
ドライフルーツに限るな~と思っていたら、

日本でも、栽培が可能な品種である!
そして、意外と簡単に、ご家庭で実を取れる!

というのを知って、俄然、新たな興味がわきました。

 

今回は、イチジク栽培の肥料(水やり含める)に
ついて、ご紹介します。

ちなみに、イチジクは、
植えて1年目は、収穫をしません。
収穫は、2年目からのお楽しみです。

dried-2825_640

イチジク栽培の肥料について

イチジクは、飽くなき成長を続けながらも、
実をつける植物なので、他の果樹よりも
たくさんの肥料を、必要とします。

通常の果樹の場合は、
ある程度、樹木の生長が落ち着きつつ
新たな実をつけるパターンが、多いです。

スポンサーリンク

露地植えか?鉢植えか?

イチジクは、露地植え(庭植え)でも、鉢植えでも、
簡単に栽培することができて、おいしい実をつけてくれます。
 

  • 露地植え(庭植え)のメリット
    自然降雨や、湿度をそのまま利用できるため、水分管理が楽
    たくさんの土を使えるので、根もどんどん伸びて生長できます。
  • 露地植え(庭植え)のデメリット
    根の生長量が著しすぎるので、
    庭中の土が、イチジクに覆われることも。
    生長する根によって、住宅に影響がある可能性も。
  • 鉢植えのメリット
    省スペースでの栽培が可能。
    露地植えよりも、早くに実をつけます。
  • 鉢植えのデメリット
    土が乾きやすいので、水分管理が大変です。

 

露地植えの場合

  • 肥料:
    冬(12月~翌年1月)に、有機配合肥料と、
    苦土石灰を1平方mあたり150g。

    6月上旬に、化成肥料を30g。

    7月中旬に、カリ肥料を10g~20g。

    秋肥は、9月中旬~10月上旬に、
    硫安を1平方mあたり5g。

  • 水やり:
    9月中旬が、特に乾燥します。
    土の乾き具合を見て、5日に1回くらいで水やりをします。

    3月下旬~4月上旬、5月~6月中旬でも、
    乾燥気味の時は、水やりをします。

fig-tree-183042_640

鉢植えの場合

  • 肥料
    植え付けの1年目
    5月~10月までに、1回~2回、玉肥を1個~2個。
    または、緩効性化成肥料、10g~20gを2回。

    2年目以降
    冬に油かすを50g。
    4月~10月に、化成肥料を5gくらい。

  • 水やり
    4月~10月は、1日に1回。
    夏期は、1日に2回。
    冬(11月~3月)は、7日~10日に1回。

 

[icon image=”point-b-r”]水やりの注意
過湿に弱いので、
乾いていたら、水を上げる」程度が、オススメです。

しかし、生長速度が早いので、気を抜くと
土が、カラカラになっていることもあります。

特に、鉢植えの場合は、
マメに、調子を見てあげてください。

cowardly-15023_640
 

ドライフルーツのイチジクも、十分おいしいのですが、
なんと完熟のイチジクもジューシーで、おいしかったです!

これは、初めての感覚でした。

 
これを食べるには、自宅で栽培するのが一番の近道とか。

今年は、鉢植えイチジクに、挑戦せねばなるまい…!


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す