ぎんなんの食べ方は?フライパンで美味しく料理!

だいぶ前の話ですが、ご近所から秋の味覚、
ぎんなんを分けて頂きました。

それは、既に下処理済みで、殻つきの、
ぎんなんだったんですが、どうしたら良いか分からず、
実家に、丸投げしてしまったことが、あります。

スポンサーリンク

今だから言える、私の後ろめたい、
ぎんなんにまつわる話です。

折角頂いたのに、その節は、すみませんでした(・ω・`)
 

ぎんなんって、イチョウの木の落葉の頃、
独特の、悪臭を放ちながら、道端に落ちていますよね。

初めて、ぎんなんの臭いをかいだ時は、
かなり、衝撃的でした。

 
しかし、全く臭わない、イチョウの木もあります。
イチョウの木には、雄(オス)と雌(メス)があり、
実をつけるのは、だけなんです。
 

あの、ぎんなんの実は食べられませんが、
実を取り除いた殻の中にある、胚乳がぎんなんです。

実は、強烈な臭いがして、敬遠されがちですが、
殻つきのものは、臭いはほとんどしないです。

あの実の臭いが、ダメと言う人でも、ぎんなん自体は、
食べられると思います。

 
後学の為と、今後もし、ぎんなんをもらった時の為に、
と言うことで、食べ方を少し、母に教えて貰いました。

ぎんなん

殻つきぎんなんの処理方法

殻つきのものは、そのままだと痛みやすいので、
早く、殻から取り出した方が良いようです。

 

    あとは、ぎんなんの殻の、取り除き方ですが、

  • フライパンで煎って取る
  • ぎんなん剥き器で剥く
  • 電子レンジで温める
  • これらの方法があります。

 
ご家庭にあるものを使って、尚且つ一番、
美味しく出来あがる方法、
と言うことで、
フライパンで煎って、剥く方法をご紹介します。

ぎんなん
 

    ぎんなんの殻の剥き方~フライパン編~

    【作り方】

  1. あらかじめ、ぎんなんには、殻の筋に合わせ、
    包丁で切れ目を入れておきます。

    ※少し手間ですが、この作業をしておくと、
    後がぐっと楽です。

  2. フライパンを中火で熱して、
    殻つきぎんなんを入れて煎っていきます。
    油は不要です。

    ※この時、絶対に、フライパンにをして
    下さい。

    ぎんなんの殻は、熱すると爆ぜて、
    フライパンから、飛び散ることがあるので、
    思わぬ、怪我の元となります。

  3. フライパンを動かしながら、煎っていき、
    殻に、焦げ目がつく、くらいになったら、
    出来上がりです。

 

あとは、殻が剥けきっていないものを、
熱いうちに、剥いていきます。
手袋をすれば、熱くても問題なしです。

薄皮は、まだ熱いうちだと、意外と簡単に、
手で揉む
ようにすると、剥がれます。

冷めてしまうと、剥けにくいので、ご注意を。
 

冷めて薄皮が、剥けなくなってしまった場合には、
茹でて、お玉の底で、ぎんなんを転がしていくと、
きれいに、剥き取れるそうです。

 
下の映像は、殻剥き器を使って、殻を剥いて、
薄皮の状態で煎る方法なので、ご紹介した方法と
違いますが、とても、参考になると思います。

 

ぎんなんの美味しい食べ方!食べ過ぎにはご注意を!

さてこの、きれいに剥きとれた、ぎんなんですが、
王道は、茶碗蒸しですよね。

他にも、お塩を振っても、美味しいですし、
お薦めは、ぎんなんをフライパンに戻して、
バターを入れ、バター炒めにすることです。

煎りたては、ほくほくで、美味しいぎんなんは、
お酒のあてなどにも、最適なんですが、
食べ過ぎには、注意が必要です。

スポンサーリンク

[icon image=”point-b-r”]
食べ過ぎると、体質によっては、消化不良になったり、
最悪、中毒症状を引き起こす事例が、
報告されています。

子どもは5歳くらいまでは、食べさせず、
大人でも、一日10~15粒くらいまでが、
無難のようです。

 
決して、ぎんなんが体に悪い、と言う訳ではなく、
古来中国では、ぎんなんが咳止めの薬として、
重宝されたようです。

『薬も過ぎれば毒となる』と言うように、
何事も、程々が大切なんですね。

美味しい、秋の味覚のぎんなんを、
あなたも、程々に食べて、ほっこりしてみませんか?


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す