反面教師の意味!使い方はどうする?

反面教師」という言葉、たまに聞くけれど、
自分で使う機会って、あまり無いですよね。

スポンサーリンク

この間、家でテレビを見ているときに、
子どもから「反面教師の意味って何?」
と聞かれましたが、

改めて考えると、教師の反対ってどういうこと?
と、よくわからなくなってしまい、
上手く答えられませんでした。

そこで、反面教師の意味と使い方について、
改めて調べてみましたので、ご紹介します。

e7b9c72bde55d2302459460c74510bf7_s1-300x200

反面教師の意味

反面教師とは、四字熟語のひとつです。

  • 悪い面の見本のこと。悪例や悪習のこと。
  • 「そうしてはいけない」と教えられる、
    人や事例のこと。
  • 反省の材料となるような、人や事例のこと。

という意味が、あります。

  1. その行いが、「そうなってはいけない」
    という反対の面を持つこと(=反面
  2. 人を教育するのに役立つこと(=教師

この2つの意味を合わせて、
反面教師」という、四字熟語が完成しました。

元々は中国の言葉で、
毛沢東が、「反面教師」を初めて使ったと、
言われています。

スポンサーリンク

ですから、中国の方に「反面教師」と言えば、
きちんと意味が通じます。

似た意味を持つ言葉を探してみると、
人のふり見て我がふり直せ」という、
日本のことわざがありました。

このことわざと、関連付けて覚えておくと、
反面教師の意味が、覚えやすいと思います。

 

反面教師の使い方

反面教師の意味がわかったところで、
次は、反面教師の使い方を、ご紹介します。
具体的な例文を、いくつか挙げてみます。

  • (勉強せずにテストで0点をとった友人が
    いたとして)、その友人を反面教師として、
    一生懸命テスト勉強に取り組む。
  • (会社が倒産した社長がいたとして)、
    その社長を反面教師として、
    しっかりと、会社経営をする。
  • (ダメ親がいたとして)、親を反面教師にする。
  • 仕事で家にいなかった父を反面教師として、
    彼は超がつくほどのイクメンになった。
  • いつも話が長い上司を反面教師として、
    彼は短い話を心がけるようになった。

例文をいくつか作ってみることで、
反面教師の使い方が、少しずつわかってきました!

ede15b251c3226f3473a717becab852e_s-300x200

まとめ

いかがでしたか。ここでは、
反面教師の意味使い方について、
ご紹介しました。

よく見聞きする言葉でも、意味を聞かれると、
説明できないことって、意外と多いですよね。

私も、「反面教師」の意味や使い方を
イマイチわかっていなかったのですが、
今回調べてみて、よく理解できました。

これからも、言葉の意味がわからない時は、
きちんと調べて、誤った使い方をしないように、
気をつけようと思います!


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す