咳にはマスク!学校はどの程度の風邪で休む?

近くで、ゲホゲホと咳き込んでいる人を見ると
感染しないかな?と、不安になりませんか?

a0002_007510-300x199

特に、学校などの集団生活では、マスクなしでの
によって、多くの感染者を出す事もあります。

病み上がりなどで、酷い咳が残っている状態で
マスクなしでいるのは、周りに迷惑をかけてしまいます。

しかし、熱もなく咳だけのある時には、マスク
して行けば登校していいものか、迷いますよね。

咳が出る時の、学校を休むかどうかの判断!
どうすればよいのか、紹介します。

スポンサーリンク



咳は体力を奪う!

咳が酷くなったり、止まらなくなったりすると
ぐったりと疲れる事はありませんか?

咳のしすぎで、胸や腹筋が痛くなったり、
夜は眠れなかったり、辛いですよね。

実は、咳をひとつする度に、約2KCalを消費する
と言われているのです。

咳が酷い時は、咳の数だけ体力消耗している、
という事になるのですね。

37℃以上の熱がある時は、学校を休んで
予後観察する人が多いですよね。

a0001_015440-300x198

実は、1日中出るような酷い咳は、38℃の発熱より
体力を消耗する、とも言われています!

あまりに酷い咳での登校は、マスクをすれば、
周りへの感染の配慮は、確かにできます。

しかし、自分自身の健康状態の悪化・体力の消耗
面からみると、学校は休んで、安静にする事が必要ですね。

スポンサーリンク



登校できそうな咳なら

感染症などで学校を休んでいても、病院の
治癒証明が発行されるまで回復したなら、
基本的に登校してよいことになっています。

しかし、元気なのに、咳だけが残っている場合、
登校してよいものか、気になりますね。

そんな時には、自身の健康状態観察する
必要がありますよ。

体がだるく感じないか、咳の頻度など、
咳で困るような状態がどうか、判断します。

たまに、コンコンと出るような咳ならば、
マスクをして、登校しましょう。

 

マスクの重要性とは?

が出る時に、まず第一に考える事は、周りに
感染しないようにする事が思い浮かびますね。

しかし、マスクには、他人への配慮の他にも
重要意味があるのですよ。

  • 周りへの配慮
    咳によって出る、ウィルスなどの飛散を防ぐ
  • 自己防衛
    空気中のウイルスなど、体内への侵入を防ぐ

    鼻や喉を保湿し、侵入したウィルスの増殖を
    抑える働きがある

周りに気を遣う事は、大切なことですね。

風邪やインフルエンザに罹っている人が、1回の
をした場合には、約10万個のウイルスを飛散
させていると、言われています。

マスクを着用して、飛沫感染源にならないよう
気を付けたいものですね。

virus_mask_man-225x300

マスクを着用することにより、喉が保湿され、
咳の緩和になる事も知られています。

これ以上、喉を刺激をしないよう、マスクで
保護することも、咳を改善する方法です。

マスクは、症状改善のメリットもあります!
咳が出る時には、ぜひ使用をオススメします♪

 

まとめ

私も、小中学生の子供を持つ身ですから、
普段から、風邪に対する意識は高いです。

特に中学生になると、テストや受験の時期には
周りにも、とても気を遣います。

咳が酷い時には、無理をせず、ゆっくりと
体を労わって休むことも、大切ですよ。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪