列車編成の最長を知りたい!世界にはこんなのも?

冷たい風の吹く先日、3歳の甥っ子、K君を連れ、
久しぶりに、町へ買物に、出かけてきました。

踏切を、渡ろうとすると、遮断機が下りてきて、
列車が、通過して行きます。

humiliri_s-225x300

わが町のローカル列車は、単線の2両編成。
白い車体に、ブルーと赤のラインが、
すっきりした、デザインです。
 

列車好きなK君は、小さな列車を、
指差して「新幹線!!」と、叫んでいます。

年末に、初めて、新幹線に乗って以来、
彼にとって、すべての列車が、
新幹線に、見えるようです。

あっという間に、小さな列車は、行ってしまい、
遮断機が、あがりました。

そんな短い時間でも、寒い中待つのは、
つらい、ですよね。

 
もし、今通過した列車が、本当に新幹線だったら、
とても、踏み切り待ちなんか、
していられない、ですよね。

そこで、ふと、思ったのですが、
一番長い列車って、どれくらいの
 長さが、あるんだろう。」

「よし、帰ったら早速、調べてみよう。
 きっと、K君も喜んでくれるぞ。
 おばさん、尊敬されちゃうかも?」

ちょっと、ワクワクしてきました。

スポンサーリンク



理解できない!!

ということで、早速、ネットで
検索してみた、わけですが。

完敗です。お手上げです。
書かれている、鉄道用語が、まるで理解できません。
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

ともあれ、気を取り直して、もう少し
パソコンの中を、眺めてみました。

「人が乗る旅客列車と、
 貨物を運ぶ貨物列車では、当然、
 貨物列車の方が、編成が長くなるはずだ。

 この二つは、分けて考える、ことにしよう。
 比較的、理解しやすそうな、
 旅客列車から、調べてみるか。」

隣に座ったK君は、パソコン画面の
「ナガーイ列車が走っていく動画」
を見て、大喜びしています。

「K君。おばちゃん、もうちょっと
 ガンバッてみるよ。」 (´Д`) =3 ハゥー

スポンサーリンク



日本の旅客列車の最長編成

ところで、長い列車というと、
去年の年末の事故が、思い出されますね。

2014年12月25日、東京駅で発生した、
横須賀・総武快速線の、車両故障です。

故障により、自力での運行が、できなくなった
15両編成車両に、別の15両編成の車両を連結し、
合計30両編成で、回送が行われました。

まあこれが、間違いなく
日本の旅客列車の、最長編成でしょう。

こういった特例は、別として、通常運行している、
旅客列車の、最長編成といえば、なんといっても、
新幹線ですよね。

sinkansen_s-300x200

新幹線の車両数、といえば16両

「だって、駅のホームを、見れば
 一目瞭然、じゃないの。」

と思っている、あなた、実は、
17両編成の新幹線が、あるんです。

それが、「はやぶさ・こまち」です。

はやぶさ」10両と、「こまち」7両が、
東京~盛岡間を、連結して、運転している
そうです。

又、新幹線以外の、在来線特急列車では、
特急「踊り子」号が、東京駅~熱海駅間を、
最長編成となる15両編成で、走っているそうです。

更に、在来線の旅客列車は、
首都圏各線区の、15両編成が、
現在、最大だそうです。

 

日本の貨物列車の最長編成

これが難しい。

貨物列車の場合は、日によって
積荷の量が、変わるので、編成両数も
多くなったり、少なくなったりする訳です。

機関車が、引っ張れる重量にも、差があるため、
貨物列車は、一概に何両とは、言えないようです。

現在、一番長い編成は、
機関車に、コキ車26両を、繋いだ
27両編成の、コンテナ列車だそうです。

東京貨物ターミナルから、福岡貨物ターミナル間で、
運転されて、いるそうです。

コンテナ貨車1両が、約20mということですから、
20x26両=520m。

これに機関車の長さ(20m弱)を加えて、
全長、約540m になるそうです。

コキ車?」ってなによ?(-_-;ウーン

客車の用途を表す、「用途記号」の
” は、コンテナのこと。

「荷重記号」“” は、積載重量で、
25t以上に、耐えうる物のこと。

つまり、重さ25t以上の、荷物を乗せる
ことができる、コンテナ車ということ、でしょうか。

kamotu_s-300x198

ちなみに、昭和初期には、60両くらいの編成は、
ざらだった、そうです。
ホームを、はみだしちゃいますよね。

当時は、遠くへ、多くのモノを運ぶには、
船か、鉄道に頼るしか、なかったため、
こんなに、長い列車が、あったのでしょう。

運ぶものも、多岐にわたり、
材木、石炭、鉱石、郵便物、家畜などを
運ぶ貨車もあった、ということです。
 

世界の長い列車編成

北米・豪州では、「ワンマイルトレイン」と呼ばれる、
非常に長い、貨物列車が、有名なのだそうです。

15フィート貨車100両と機関車4重連で、
約1.6km、つまり1マイル
ということだ、そうです。

K君が見ていた、「ナガーイ列車」の正体は、
実は、これだった、みたいです。

それ以外にも、長い編成の列車として、

「中国の、大同~秦皇島を結ぶ、貨物列車
 大秦線が、216両編成で、最長である」とか、

「アフリカ、モーリタニア鉄道鉱石車は、
 ディーゼル機関車が、3 – 4両で牽引する、
 230両の貨車を、繋いでおり、全長3kmにもおよぶ」

などの情報も、あったのですが、
現在も、その編成で走っている、のかどうかが、
調べきれず、あえなく断念。

「これが、世界最長編成の列車だ」と、確信が持てず、
ちょっと残念。
K君、不甲斐ないおばちゃんで、ゴメンネ。

それにしても、世界のレベルは、ハンパない。
延々と走る、列車の動画を、見続けていると、
なんだか、酔いそう。

「ホントにこんな列車が、踏切を、
 通過して行ったら」と思うと、
ますます、目が回ってきた。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪