SNS疲れの対処法!ソーシャル疲れを乗り越えよう!!

最近、よく耳にするようになった、SNS疲れ

ソーシャルネットワーキングを利用しているうちに、
中毒状態になって、いつでもどこでも、
気になって仕方なくなったり。

Facebookうつ、なんて症状も、
見られる場合があります。

そんなSNS疲れになってしまったら、
どう対処すれば、いいのでしょうか?

実際に、SNS疲れを克服した経験のある、
私のオススメの対処法を、お教えしちゃいます!

スポンサーリンク



2種類のSNS疲れ

SNS疲れにも、種類があると、私は思うんです。

SNSのページや、アップロードするネタを、
探すのに疲れてしまう、典型的なSNS疲れ

もうひとつは、SNS疲れの友人との、
頻繁なコメントなどに、振り回されてしまい、
SNS疲れになるパターン。

LINEなどに、多いのでは?

a0002_008024-300x199

Facebookうつに、似ているかも
しれませんが、劣等感を感じない場合
振り回されパターンにして、いいと思っています。
 

なぜなら、私が実際に、友人に振り回されて、
SNS疲れになったからです!

では早速、オススメの対処法を、お教えしします。

スポンサーリンク



対処法

典型的な、SNS疲れには、
時間を決めてSNSを利用したり。

使わない日を、週に1日ほど決めるなど、
自分ルールを、設定することを、
オススメします。

と言っても、いつでも見ることができる、
スマホアプリが入っていては、
決意も崩れやすいですよね。

なので、SNSはパソコンでしか、
ログインしないのは、いかがでしょうか?

友人の状況を、お知らせするメール
活用すれば、スマホにアプリを入れなくても、
状況は確認できます。

それに、スマホで利用しない、と決めれば、
使えない時間は、SNS以外のことに、
きちんと集中できるので、私はオススメします。

周りの方も、ログインしない
友人がいても、忙しいんだな、と
納得すると思いますよ。

気にせず、SNS休みを作りましょう。

 

影響をうけてSNS疲れになった場合

そして、私のように、振り回されて、
SNS疲れになる場合。

これは、振り回す友人との、関係
大切になります。

正直に伝えて、わかってくれる相手の場合は
「最近疲れているから、SNSにログインしない」
と伝えれば、連絡の頻度が、減るはずです。

a0002_010579-199x300

けれど、そうできない関係の、
友人も、いますよね?

 
実際に、私もそうでした。

 
スマホの調子が悪い。はずせない会議中だった。
バイト中で、どうしてもスマホを使えなかった、と
言い訳することを、オススメします。

嘘も方便とも、言います。

そして、最終手段は、SNSをやめること。

疲れてまでやるのが、SNSではありませんよ?

やめても、責める方はいないでしょうし、
長めのSNS休暇を、とったと考えてみてください。

やめてしまうのに、ためらってしまう方は、
アカウントごと、全て消してしまうのではなく、
Facebookでは、アカウントお休み状態に。

TwitterやLINEでは、
お知らせ機能を、停止することを、オススメします。

a0960_004083-300x224

SNSはほどほどに

あとは、SNS上の関係ではなく、
あなたと友人との、現実のコミュニケーションを、
しっかりさせることを、強くオススメします!

私は、友人としっかり話しをして、
理解してもらい、SNS疲れから
抜け出しました。

ソーシャルではなく、顔を合わせて、
しっかりした、交友関係を作れば、
SNS疲れになることも、未然に防げます。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪