老後の独身女性の生活費ってどのくらい必要?

私の身近な友達と親戚に、
アラフォーで、まだ独身の女性が
二人います。

二人とも、仕事が生きがいで、
まだまだ、現役で働くつもりのようです。
 

なので、今のところ、
結婚するつもりは、なさそうです。

結婚するかしないかは、自由ですので、
どちらでも良いと思います。

でも、本当にこのまま独身で
老後を迎えるとすると、
気になるのが、生活費について。

adult-15814_12801-300x199

現在の生活を、
維持できるようにする、

または、

必要最低限の生活
維持できるようにするには、

今から、どのくらいの
貯金や対策をすれば
良いのでしょうか。

老後のことは、
色々と気になりますが、

もし、独身女性だったら、
その心配は、もっと大きいのでは?

スポンサーリンク



私の友人と、親戚の女性は、
39歳と43歳の、アラフォー女子です。

今回は、同じような年代の女性の立場で、
このまま、独身で老後を迎える場合について、
勝手に心配して、調べてみました。

 

無収入の5年間をどうする?

現在30代、40代の独身の女性が、独身のままで、
老後を迎えるとき、多くの方は、
生活費について、心配すると思います。

 
会社勤めだと、ほとんどの会社は、
60歳で退職です。

しかし、年金受給の年齢は、
現在は65歳からです。

 
ということは、年金が受給されるまでの
5年間は、収入がゼロということに
なりますね。
 

その間の生活費は、
貯金を切り崩すか、

定年後に働く場所があれば、
働き続けるか、になります。

 

しかし、定年後に働ける女性は、
多数派ではない、と思われますので、

定年後は無職、という
前提で調べました。

 
さらに、独身女性についてなので、
定年まで、仕事に就いている
ということも、考慮します。

老後に必要な生活費は、
現在の生活費を参考にすると、
良いかと思います。

calculator-424564_1280-300x199

例えば、現在の毎月の生活費が、
20万円だとします。

 
老後は、もう少し生活費を
少なく見積もるとして、

15万円×12か月=180万円
これが一年分

5年間では180×5=900万円

900万円が、
年金受給までの5年間に必要な、生活費になります。

 
次は、年金を受給してからの生活費について、考えてみます。

スポンサーリンク



年金を受給してから

現在、定年まで働いた女性が、受給している、
年金の受給額は、およそ10~15万円です。

これは、働いた年数と、
賃金の額によって変わります。

 
だいたいの、貰える金額は、
定期的に送られてくる、
ねんきん定期便で、確認できます。

その年金の受給額と、
生活費に必要な額の、差額
準備しておくお金になります。

 

先ほどの、15万円の生活費で
考えてみますね。

例えば、毎月10万円が、年金で貰えるとします。
すると、不足分は月5万円になります。

5万円×12か月=60万円

年金プラス60万円が、1年間の生活費です。

 

トータルでいくら必要?

現在の女性の平均寿命は、86歳ですので、
65歳からの21年分とすると、

60万円×21年分=1260万円

ここに、60歳~65歳までの
無収入期間分を合わせると、

1260万円+900万円=2160万円

2160万円が、現在の独身女性が、
月15万円で、定年から86歳まで
生活するのに、平均で必要な金額です!

 
具体的に、金額がわかると、
今、出来ることや、すべきこと
わかってきますね。

友達にも、機会があったら
それとなく、この事を伝えてみようと
思います。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪