お金を貸したけど返ってこない!絶対に返してほしいときの対処法!

人に貸したお金が返ってこない!

 
友達、同僚、親戚、元カレや元カノなど、
身近な人に言われれば、断れない時ってありますね。

でも、いざ返してもらおうとした時に知らん顔
されたら困ります。

 

相手が友達や同僚なら顔を合わせるので、
まずよく話すこともできます。

ですが、親戚や元カレ元カノなど、連絡が取れず、
話ができない時もありますね。

そんな時は、いったいどうすればいいのでしょうか。

相手が悪いからと、お金を貸した相手の持ち物を
「返済の品」勝手に持ちだすのは、違法行為ですので、絶対NG

スポンサーリンク



どうすればいいの?

まず、メールや電話、手紙または直接出向いて、
返して欲しいと返済促します。

a0002_011343-300x224

ですが、返してもらう期限を決めていなかった時は、
法的に、「今すぐ返して」とは言えません。

それは民法591条1項(返還の時期)で、
規定されているからです。

当事者が返還の時期を定めなかったときは、
貸主は相当の期間を定めて返還の催告を
することができる。

「相当の期間を定めた催告」のためには、
内容証明郵便配達証明で送ることでOKです。

自分から、期限の到来知らせて、請求、催促を
するようにして下さい。

 
返済期日を決めてなく、一度も返済のない場合
お金を貸した日の次の日から、時効の進行開始
10年経過で時効完成となります。

少しでも、一度返済のあった場合は最後
返済された日の翌日から時効の進行開始になります。

スポンサーリンク



法律上の手続をとる方法

  1. 請求催促
  2. 書面による請求書・催促状の送付
  3. 相手が直接の交渉を嫌がっている場合
    • 裁判所を使った支払督促

内容証明郵便で返済を請求する

公の機関である郵便局が発送の、事実と内容
証明してくれるものとなります。
配達証明もしておくと安心です)
 

内容証明の書く事柄

  1. 期限を決めて請求。
  2. お金の支払い方法の記載(振込口座など)
  3. 回答を求める(連絡を入れること。あるいは、書面でなど)
  4. 回答なき場合は、法的手段に訴える事を記す

これで、相手が重大さ認識し、返して
くれることもあります。

相手によっては、お金を貸したときに借用書など、
お金を貸した証明をするものがない時もあると思います。

証拠がないと、裁判などでは自分の主張正しい
証明するのが難しくなります。

 
内容証明郵便があれば、それを補うことができる
そうです。

内容証明は返済を促すという意味と、
証拠の1つとしても効力を持つと言えます。

 
内容証明郵便で請求しても返ってこなければ、次は?

a0002_001395-300x198

裁判所で手続き

簡易裁判所は、貸したお金が140万円以下
の時に行きます。

民事調停の申し立てをすることもでき、
これは費用も安く手続きも簡単です。

すぐ裁判となると腰が引ける、その時は申し立てをして、
裁判所で立会人の元話し合いをすることが出来ます。

 
少額訴訟
貸したお金60万円以下なら、できる裁判です。

特徴として、手続は裁判が1日で終わります。
判決もその日に言い渡されることが多いです。

 

督促手続という簡単な手続もある

支払督促とは、相手の住んでいる所を管轄する
簡易裁判所の裁判所書記官を通じて、相手に対し貸した
お金支払うように督促する制度です。

仮執行宣言付支払督促が決まれば、裁判を
しなくても強制執行(差押)ができます。

仮差押は、相手に心理的プレッシャーをかける
効果があります。
 

でも、貸したお金は返してほしいけど、
手続き大変そう。

そんな時は、専門家である司法書士や弁護士に
相談することもできます。

friendship-138985_640-212x300

できることは、頼まれても人に貸さない
もし貸すなら一筆書いてもらうようにし、
ボイスレコーダーなどで残すことです。

第一前提として、返してこないような人には、
貸さないようにし、貸した時点で返ってこない
ことを覚悟した方がいいのかもしれません。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪