結婚式の招待を断るとき!気をつける3つの事とは?

結婚式に招待されたら、できる限りは
出席したいですよね。

7dead091b4e12631a5cde765d1b37b98_s-300x200

でも、仕事や家庭の都合などで、
どうしても、出席することが難しく、

やむを得ず、欠席しなければならないことも、
場合によっては、あると思います。

 
結婚式の招待を断られることは、
新郎新婦にとっても、ショックなものです。
角を立てずに、上手く断る方法はあるのでしょうか?

ここでは、結婚式の招待を断るときに、
気をつけること
について、ご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式の招待を断るときに気をつける3つのこと

  1. 先約があると伝える
    病気や弔事のときを除いて、
    欠席の理由は、具体的に書くのがマナーですし、
    相手にも、納得してもらいやすいです。

    また、招待する方としては、招待状で欠席を知るよりも、
    電話を一本入れて、ワンクッション入れた方が、
    ショックが小さくなると思います。

     
    でも、「お金がない」「仕事が忙しい」などが
    本当の理由の場合、相手を傷つけてしまいます。
    その場合は、「先約がある」と伝えましょう。

     
    イチバン角が立たないのは、
    親族の結婚式と重なってしまい行けない」
    という、断り方です。

    友人の結婚式と親族の結婚式なら、
    一般的には、親族を優先させますので、
    友人も、しかたないと諦めてくれるでしょう。

  2. e7b9c72bde55d2302459460c74510bf7_s-300x200

  3. 本当は出席したい気持ちを伝える
    結婚式の招待を断るときには、
    残念ながら」「あいにく」「やむなく」
    という言葉を、使うようにしましょう。

     
    「お招きいただき大変うれしいのですが、
    当日はあいにく先約があり、
    残念ながら、出席することができません

    こちらより、おふたりの幸せ
    お祈り申し上げております」

     
    「せっかくお招きいただきましたが、
    どうしても都合がつかず、

    やむなく欠席させていただきます
    おふたりのお幸せをお祈り致しております」

     
    このように、「本当は出席したいけれど、
    どうしても都合が悪くて行けない」という
    ことを、相手に伝えるのが、ポイントです。

    そして、出席したいという気持ちと合わせて、
    「行けないけど祝福しています」という気持ちも、
    必ず伝えるようにしましょう。

  4. スポンサーリンク

  5. 祝電やご祝儀でフォローする
    結婚式の出席を断ったあとも、
    祝電や、ご祝儀で、フォローするのを忘れない
    ようにしましょう。

     
    祝電の場合、式場に式の1時間前までに
    到着するように送ります。

    新婦宛には、旧姓で送りましょう。

     
    オリジナルの文章を送ると、新郎新婦に
    喜ばれます。バルーンぬいぐるみなどの
    かわいい電報も、結婚式にはオススメです!

     

    結婚式を欠席する際のご祝儀は、
    1万円が一般的です。結婚式の1ヶ月ほど前に、
    現金書留で自宅へ郵送します。

    ご祝儀ではなく、プレゼントにするなら、
    5千円~1万円くらいの品物を、贈りましょう。

c772fd9daba1b0301dac5bec47ec118f_s2-200x300

まとめ

いかがでしたか。
ここでは、結婚式の招待を断るときに、
気をつけることについて、ご紹介しました。

 
結婚式に出席できなくても、
その後も付き合いを続けたい友人の場合は、

お祝いなどで、きちんとフォローをして、
いい関係を築いていけたら、いいですよね。

あなたが、結婚式の招待を断る場合は、
この記事を、ぜひ参考にして下さいね!


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す