ファッションの流行! 歴史は繰り返されるのはナゼ?

テレビやファッション雑誌を見ていると、
思わずニヤリ、としてしまう時があります。

自分が若かりし頃に、流行したファッションが
また巡って、流行してる!

shopping-girls-vector-illustration_53-9614-300x199

数年前までは、ダサいと烙印を押されたもの
だっていうのに。

子供が、30年前のアイドルの映像を見て、
「変なの~!」なんて、悲鳴を上げてるけど、
現在に再来したアイテムは、たくさんありますね。

ファッションの流行の歴史は、繰り返される、と
言われていますが、一体ナゼなのでしょうか?

スポンサーリンク



昔を思い出しつつ、調べてみましたよ♪

 

繰り返されるファッションの流行

ここ数年、私たちアラフォー・アラフィフに
とって、懐かしいファッションアイテムが
流行しています。

 
そう、1980年代後半~1990年代初頭の、
バブルと呼ばれる時代のものです。

 
あの時代は、ワンレン・ボディコン・
セカンドバッグ・ルーズソックス・・・。

 
今では、見るのも恥ずかしい写真に収められた
目のチカチカするようなファッション。

当時は、それが流行していたのだから、
文句なくカッコよかったんです。

 
実際に、20年以上経た現代では、どんなものが
流行しつつあるのでしょうか?

スポンサーリンク



今キテる!流行ファッション

約20年以上前の流行アイテムが、現代に復活
もちろん、当時のそのまま、という訳では
ないですよ。

名前や形を変えたりして、進化しつつ現代に
溶け込むように登場していますね。

  • ボディコン ⇒ タイトスカート
  • セカンドバッグ ⇒ クラッチバッグ
  • ケミカルウォッシュ
  • 千鳥格子
  • プロデューサー巻き
  • ウエストイン
  • 渋カジ ⇒ カジュアルスタイル
  • スタジアムジャンパー
  • ルーズソックス ⇒ カラールーズソックス

千鳥格子ケミカルウォッシュなどは、
言葉自体もそのまま使われていますが、

ボディコンとなると、今は既に
言葉自体も化石のような扱いですね。

 
しかし、ボディコンのように、体にフィット
するようなラインを作り出すファッションとして、
復活したのがタイトスカート

しかも、ダサいと言われた、トップスをボトムに
ウエストイン!するのが、今カッコイイんです♪

 

ナゼ流行は繰り返す?

このように、ファッションの流行が、何かしらの
サイクルで巡っていることは、実感できますね。

three-circular-interlocking-arrows_17-820203223-284x300

単純に、過去に流行したアイテムがそのまま
再登場することは、ありません。

 
その時代の感性に合った、形や色に変化して
復活を遂げています。

流行のファッションは、時を経て、人々の心に
飽きる」という感覚をもたらします。

 

この飽きるという思考は、7年で訪れる、と
言われています。

人間の脳は、多様性を求めるため、新しく
入ってきた刺激に慣れるようになっています。

流行している真っ最中には、そのファッション、
例えば、ミニスカートの魅力に夢中に。

  • 足がきれいに見える
  • セクシー
  • 健康的
  • かっこいいなど

 

一方、ミニスカートにもマイナス要素で矛盾
生じてくるようになります。

  • 足に自信がもてない
  • 下着が見えそう
  • 冬は寒いなど

この矛盾により、一度は廃れた流行が、前よりも
さらに良くなって復活する、ということです。

また、この廃れた時期を経て、忘れた頃
ある日突然、新鮮に見えてくることが流行の
きっかけになるんですよ。

 

まとめ

私にも、若かりし当時のアイテムを捨てずに
とってあるものもあります。

タイトスカート・ジージャン・スタジャン・
千鳥格子のスーツ・・・。

いくら流行しているからと言っても、さすがに
そのまま着ることはできません。

年頃の娘にも、嫌がられるんです。
やっぱり、時代に合った流行なんですよね。

うっかり着てしまう前に、調べてよかった・・・。
流行は、部分的な所から進化するもの!

上手に取り入れたいですね♪

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪