山でキャンプしてみたい!初心者でも失敗なしの持ち物リスト

夫婦で長年、登山を楽しんでいますが、
ここ数年、登山客に変化が見えてきました。

「山ガール」と言って、おしゃれなウェアや持ち物に、
身を包んだ若い女性が、増えてきて、
登山好きとしては、嬉しい限りです!

 
気軽に、休日のレジャーとして楽しむことから
始めて、徐々に山の魅力にはまり、
泊りがけの登山に挑戦したくなる人も。

ロッジなどに泊まるのもいいですが、
テント泊が、やはり最高ですよ!

005782-198x300

でもやはり、山のキャンプには、それなりの
準備が必要。
持ち物は? 服装は?
 

初めて山で、キャンプをしてみたいと、思っている
人のために、登山経験が豊富な私が、注意するべき事
持っていた方が良い物を、こっそり教えてあげますね!

スポンサーリンク



初めて山でキャンプをする時の注意

初めてのキャンプならば、こんなことに注意して
計画を立てましょう。

  • 気候の良い時期に

    いきなり冬山キャンプに、挑戦しようとする人は
    いないでしょうけれども、やはり、春から秋に
    かけての、寒すぎない気候の時期がお勧めです。

  •  

  • 無理のない計画を立てる

    時間には余裕を持って、計画を立てます。
    同行する人みんなが、計画をよく知っておく
    ようにしましょう。

    天候が悪くなった場合、体調が悪い人が
    出た場合など、いろんなケースを想定しましょう。

  •  

  • 慣れた人と一緒に行く

    できれば、山でのキャンプに慣れた人と一緒
    行くのが一番いいですね。

    トラブルがあった時、初心者だけでは、
    慌てて対処を間違える可能性が、高くなります。

    慣れた人は、キャンプ用品も、厳選して持っている
    もの。これから揃える際の参考にしましょう。

スポンサーリンク



山でのキャンプの必需品

山へキャンプへ行く時の、服装と持ち物は、
このようなものです。

【服装】

  • 登山靴…足に合ったもの
  • インナー…乾きやすい、化繊のシャツ。

    綿のシャツは、汗を吸うと乾きにくいです。
    着替え用にもう1~2枚用意。

  • 防寒着…季節に合わせて。

    フリースのパーカー、ダウンジャケット(薄手または厚手)
    など。登山は寒暖の差が激しく、汗をかいたり
    寒くなったりするので、重ね着をして、こまめに
    脱ぎ着するのが基本。

  • 雨具…上下。山の天候は変わりやすいので必ず!
  • ズボン…夏でも長ズボンが良い。ジーンズはNG。
  •  

  • 帽子…頭の保護のためにも必要。

 
 
アウトドアブランドの、機能性にすぐれたウェアが
いいのですが、始めは手持ちの服を利用しても。

最初に登山用として、一着買うならば、軽量で
小さくたため、保温性の高い、高機能の防寒着を。

 

【持ち物】

  • バックパック(リュック)…容量40リットル以上

    ザックともいいます。できれば50~60リットルが
    良いですが、2人以上で手分けして荷物を持てる
    場合なら、40リットルで大丈夫です。

    雨に備えて、ザックカバーも用意した方がいいです。

  • シュラフ(寝袋)…保温力を確認して購入

    化繊入りのものと、ダウン入りのものがあり、
    ダウンの方が高価ですが、軽くて保温力が高い
    ので、できればダウンのものを選びたいです。

  • マット…寝る時に、シュラフの下に敷く。

    自動膨張式の、エアマットが使い勝手が良い
    ですが、ホームセンターにある安価な
    銀マットでもOKです。

  • テント…軽量でコンパクトにたためるもの。

    自立式のドーム型テントが、設置も楽で、
    使っている人が多いです。

  •  

  • 着替え…肌着、靴下は気持ち多めに持ちます。 
  • 水筒…歩きながら水分補給をできるように。
  • 食糧…食事の他、行動食

    行動食とは、歩きながら、または小休憩の時に、
    すぐに食べられるもの。ナッツ類、クッキーなど
    カロリーが摂れるものを。

    夏ならゼリー状の栄養飲料もおすすめ。
    チョコレートは溶けるので、個包装のものを。

    食事用の食糧については、後で詳しく
    説明します。

 

これも持っていきたい

こんなものも、持っていくと便利ですよ。

  • 地図…登山道が載っているもの。コンパス(方位磁石)と一緒に
    持ちましょう。
  • ストック…転倒防止に。足腰の負担を軽減。
  • 手袋…防寒のため、枝などで怪我をしないため。 
  • ヘッドランプ…辺りが暗いときに。両手があくので便利。
  • ロールペーパー…箱ティッシュより、かさばらない。

いざという時の備えに、こんなものも必要です。
 

  • ホイッスル…遭難した時、吹いて救助を求める。
  •  

  • 保険証のコピー…山で具合が悪くなる人もいます。
  • レスキューシート…非常用の、薄くて軽い保温シート。

 
こんなものも、必要に応じて持ちます。
できるだけ、コンパクトにまとめましょう。

タオル、キズ薬、消毒薬、ばんそうこう、
洗面用具、歯磨きセット、
化粧品類、日焼け止め、
ライター、マッチ、乾電池など

 

食事を作るための持ち物

車で行ける平地のキャンプなら、バーベキューや、
ツーバーナーやダッチオーブンを駆使した
アウトドアクッキングが楽しみの1つです。

でも、登山では、そうはいきません。
なにしろ、食材や調理器具を、背負って
山を登りますからね。

山小屋で食事をする、というのも手ですが、
自分でお湯をわかし、簡単なものを
作って食べるのも、楽しいものです。

  • ガスバーナー…カートリッジ一体型のもの。
  • コッヘル…金属製の食器。アルミ製がお勧め。

    お湯をわかしたり、ラーメンをゆでたり
    することもできる。

  • カトラリー…箸、スプーンなど
  •      

  • 水…水場が近くにない場合は、ペットボトル等に入れて
    必要量を持っていきます。
  • 食材…乾麺、フリーズドライ等

    フリーズドライのご飯、お湯で溶くスープや
    味噌汁、パスタなどを組み合わせて。

    フリーズドライより重くなりますが、
    レトルトものも種類が豊富です。

    コーヒーやココアの粉末など、
    温かい飲み物も欲しいですね。

野菜や肉を持って行って、を起こして
調理、というのは登山キャンプ向きでは
ありません。

お湯をわかしてカップラーメンを作る、という
程度でも、温かいものを作って食べると、
ほっとして、身体が暖まります。

よく眠ることができて、疲れがとれるような気がします。

 
ちょっとした、調理ができるような、
準備をして行けば、登山キャンプの楽しみが、
ぐーんと広がります。

缶詰、チーズ、サラミなど、調理しなくても、
そのまま食べられるものも、組み合わせて
持っていきましょう。

trekking-245311_640-300x225

最後に

日帰りの登山と違って、キャンプのいいところを
挙げてみますと……

  • ゆっくり予定を組める
  • 山の夜の雰囲気を味わえる
  • 山での食事はおいしい
  • 日の出を拝める

特に、山で迎える朝が、大好きです。
去年の9月、長野県の白馬岳登山の時に味わった、
早朝の凛とした空気が今迄で、最高でした!

そこでガスコンロでお湯を沸かし、入れたコーヒーは
インスタントなのですが、本格的なコーヒーより
美味しいと感じた程でした!

山のキャンプ、ぜひ挑戦してみて下さい。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪