暖房器具のおすすめは?北海道の冬は電気代が気になる!

北海道で暮らしていると、一番気になるのは、
なんといっても、冬の寒さです。

夏は過ごしやすく、我が家もエアコンなしで、
すごせていますが、冬の寒さは、
やはり厳しいものがあります。

「寒い時期の光熱費が、高くてびっくり」

北海道に引っ越してきて、初めての冬をすごし、
そうこぼす人も多いのです。
 

灯油、電気、ガスを使う様々な
暖房器具がありますが、北海道には
不向きなものもあります。

 
暖かさは? 気になる光熱費は?

 
またオール電化住宅は、北海道の気候
には、合っているのでしょうか。

北海道の暖房器具について、まとめてみました。

スポンサーリンク



北海道で多く使われている暖房器具

LDK、家全体など、大きな空間を温めるために
設置する「主暖房」として、北海道で
選ばれている、暖房器具は……

  • FF式暖房(灯油、ガス)
    灯油やガスを燃焼させ、温風で家を暖めます。

    壁に穴を開けて通した給排気筒
    通じて、汚れた空気を戸外に排出します。

    寒冷地でも、速く、強力に部屋を暖めます。

  •  

  • 温水式パネルヒーター(電気、灯油、ガス)

    ボイラーで温めた温水を、各部屋に設置した
    ヒーターに送り、家を暖めます。

    電気式の場合は、割安な深夜電力を利用。

    家じゅう、いつでもどこでも、ポカポカと
    暖かいのが特徴。

 

【あまりお勧めしない暖房】

  • 電気ヒーター式床暖房
  • 電気パネルヒーター

電気代が高くつき、あまり暖まらない
という意見が多いです。

101166-300x225

補助的に使う暖房器具として

  • 灯油ファンヒーター
    寒い時期でも、部屋がよく暖まりますが、
    FF式と違って、こまめな換気が必要です。
  • エアコン
    室外機の霜取り機能を備えた、寒冷地仕様で、
    電気代も抑えられるタイプの、
    性能の良いエアコンが登場しています。

    補助的に使う暖房器具として、お勧めです。

  • 温水式床暖房(電気、ガス、灯油)
    温水式パネルヒーターに、床暖房を併用する
    ことができます。

スポンサーリンク



オール電化住宅はどうか

北海道にも、オール電化住宅が増えてきました。

 
電気を使う暖房器具を取り入れるならば、
高断熱・高気密の、オール電化住宅にして、

主暖房…電気温水式のパネルヒーター
補助暖房…寒冷地仕様のエアコン

というのが、現時点で、新築を予定した家に
快適な暖房を求める人に、お勧めの
プランの一つと、なっているようです。

電気代は3万円から5万円以上と、
家によって大幅に違いがあるようです。

暖房の使い方もありますが、家の
断熱性能の差が、光熱費に大きく響きます。

 
オール電化にするならば、ぜひ、
高断熱・高気密の、良い家を建てましょう。
 

さらに、電気代についてですが……

オール電化住宅は、深夜電力割引など、
様々な電気料金割引を、最大限に利用する
ことにより、光熱費=電気代を抑えます。

つまり、電力料金の値上げや、割引システム
変更の影響を、大きく受けるリスクもある、
ということを、覚えておきたいものです。

燃料ごとの1円当たりの発熱量比較

燃料ごとに、1円あたりどれぐらいの
発熱量になるか、試しに計算してみました。

灯油 8718kcal/L
1L価格約100円として、1円あたり87kcal

都市ガス 9582kcal/m3 
1m3価格約180円として、1円あたり53kcal

プロパンガス 23645kcal/m3
1m3価格600円として、1円あたり39kcal

電気 2266kcal/kWh
1kWh価格29円として、1円あたり78kcal

※各燃料の料金は、従量料金、基本料金ともに、
契約の種類や、一か月に使う量などによって、
大きく異なります

※この計算は、従量料金の1例のみについての
試算にすぎません。あくまでも参考程度に、
見ていただけたらと思います。

 

最後に

一昔前「北海道の暖房の燃料は、灯油に決まっている!」
といわれていました。

この十年程の間だけでも、住宅事情も、
燃料の価格も、ずいぶん変わりました。

電気代は値上げが相次ぎ、灯油も
びっくりするほど、値上がりしています。

今の時点での、コストの比較だけで暖房器具を
決めても、5年後、10年後には、
どうなるか、わかりません。

暖房器具の寿命、メンテナンスのしやすさ、
環境にやさしいかどうか……

長い目で見て、コストだけではなく、
納得して使い続けられる、暖房器具を選びたいですね。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪