プランターでの野菜の育て方!まずは基本のココを押さえよう!

今朝の朝食のメニューは、ごはん・にら玉・
みそ汁に、納豆、浅漬け。

至って、普通の朝食かな。

でも一味違うのは、今朝の献立の材料に、
我が家のベランダ産野菜がある、ってこと。

ニラ・小ネギ・カブ・小松菜・ニンジン、
ベランダに置いた、プランターで栽培した
ものなんですよ。

a0001_009223-300x199

土を耕す労力もなく、手軽に栽培できるのが
魅力のプランター栽培、重宝してます♪

がなくても、プランターで野菜を栽培できる
家庭菜園のコツを紹介しますね♪

スポンサーリンク



準備するもの

まずは、プランター栽培に必要なものを
準備しなければ、始まりません!

 
私が、いつもおこなっている方法
紹介しますが、大体の基本は同じです。

  • プランター
  • 鉢底網
  • 軽石
  • 培養土
  • 肥料
  • 種・苗

 
あると便利な園芸用の道具は、

  • スコップ
  • じょうろ
  • 剪定ばさみ
  • 支柱など

必要に応じて、揃えていってもいいですね♪

プランターで野菜を栽培するのに、
一番重要なものは、やっぱりプランター

スポンサーリンク



プランターの選び方

野菜の栽培で使うプランターは、
なるべく深いものを!

プランターの容積分が、となります。
どれだけ多くの土を確保できるか、が重要です。

 
プランターを深くしたい理由には、

  • 土が多いほど、保水力があがる。
  • 根張りをしっかりさせることで、
    地上の茎や葉が安定する。
  • 支柱など立てる時に安定する。
  • 肥料を好むので、多くの土が必要。

野菜を地植えの状態に近くし、健全に育つよう
多くの土が必要になるのですね。

 

プランターのサイズ

プランターは、が多く入り、深いものが
野菜の栽培には良いのですが、注意点も。

土を入れたプランターを、持ち上げることが
できるかどうか。

私は、これで失敗したことがあります。

欲張って、深くて大きなプランターに土を
入れてみたものの、動かそうとしても、
びくともしませんでした。

プランターの総重量とは、
プランター+土+水分+野菜 となります。

日照・雨・掃除など、プランターを動かす
機会はかなり多いです。

容量的に運びやすく、使いやすいのは、
13~25ℓのものです。

私の場合、野菜の特性に合わせてプランター
選んでいます。

  • 幅広い用途があるのは、16ℓの長方形型
    深さは、約18cmほどのもの。
  • 小松菜や春菊など、葉物を多く栽培したい
    時には、22ℓの長方形型
    深さは、約18cmほどで奥行きがあります。
  • ニンジンなど根菜の栽培には、24ℓの深型の
    長方形型で、深さは約26cmほどのもの。
  • ダイコンなど長い根菜には、18ℓの丸形で、
    深さが約35cmのもの。

tomatoes-many-red_19-97623-300x199

このように、野菜によってプランターを変え、
よりよい環境を整えることも大事ですね。

 

土づくり

野菜が好む土は、団粒構造の土です。

団粒構造とは、土と土の間に、程よく隙間
ある状態の土のことです。

よく言いますよね、フカフカの土、って。
団粒構造の土は、水や空気がよく通ります。

通気性がアップし、野菜が良く育ち、
病気にもなりにくいんですよ♪

団粒構造の土にするためには、堆肥や腐葉土を
たくさん入れて、よく耕す必要があります。

a1180_008712-300x202

しかし、これをプランターの中でやったり、
シートを広げて、大量の土を混ぜ合わせたり、
ベランダのスペースでは、難しいですよね。

私が使用している土で、オススメしたいのは、
野菜専用の培養土です。

培養土は、野菜を栽培する上で、最適な比率
あらかじめ材料を混ぜ合わせてある土です。

プランターの土は、耕すことがほとんど
ないため、硬くなりがちです。

団粒構造化された培養土を使うと、スムーズ
簡単にプランター栽培を始める事ができます♪

やっぱり、野菜づくりは、土が基本!

 

まとめ

プランターで野菜を作り始めてから、
様々な野菜を収穫することができました。

春に種をまいた、小松菜・小カブ・水菜・
ラディッシュ・ベビーキャロット

夏には、苗で植えたミニトマト・ナス・
キュウリ
の支柱仕立て。

ジャガイモ・ダイコンにもチャレンジ
しました。

秋には、春菊・リーフレタス。
結果は、上々!

楽しく簡単に管理ができるプランター栽培、
オススメですよ♪

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪