足が幅広いのは矯正出来る!?どうすれば治るかご紹介!

a9a30fdbeb3ed53b7067445dd9b9b573_s-300x199

足の悩みって、意外と多いですよね。
実を言うと、私は外反母趾(がいはんぼし)でして、
足も幅広く、靴選びには、結構、苦労させられるんです。

普段は、子ども連れなのもあって、動きやすいように、
ヒールの高い靴は、履かないんですが、
この間、友達の結婚式で、履く機会があったんです。

そうしたら、足の幅があっていない靴を、
履いちゃったみたいで、新しい靴だったせいもあり、
最後の方は、痛みでギクシャクしながら、帰って来ました。

もう、こんな思いをするのはゴメンだ!
と思い、変形したり、幅広の足は、
矯正することが出来るのか
、調べてみました。

今回は、同じような悩みを持つあなたに、
役立ててもらえればと思い、その方法を、
ご紹介します!

スポンサーリンク

あなたは大丈夫!?開帳足ってどんなこと?

足には、足の指を繋いでいる腱がありますが、
それが、何らかの原因で緩んでしまい、
離れてしまった状態
に、なることがあります。
 

これを、開帳足(かいちょうそく)と言います。

この開帳足になると、足の第三関節の部分が、
開いたまま
になり、閉じていることが難しくなります。
この為、足の幅が広がってしまうんです。

通常、ヒトの足は正面から見ると、甲がなだらかな、
アーチを描いているんですが、この開帳足になると、
正面から見て、甲がたいらになります。
 

もし、あなたが開帳足なのか、判断出来なければ、
自分の足の甲が、たいらになっていないか、
第三関節を閉じることが出来る
か、調べてみて下さい。

ヒトの足の造りは、縦二本、横一本のアーチで、
構成されているんですが、これが歩く際の、
衝撃を和らげ、体重を支えています。

このアーチが崩れてしまうと、足に負荷がかかってしまい、
この状態で、ヒールの高い靴を履いたり、運動したりすると、
筋肉に炎症をもたらすこともあります。

そして、開帳足で、無理につま先の細い靴を履くことで、
外反母趾や内反小趾(ないはんしょうし)を、
引き起こしたりもします。

この開帳足の原因としては、加齢や老化などによる、
機能低下や、運動不足や体重増加による、筋力低下、
合わない靴を履くことなどが、挙げられます。

スポンサーリンク

幅広になった足を矯正するには?

ポイント1 正しく歩く

正しく歩いていないと、横アーチ筋が使われず、
筋力が低下することで、症状が、
悪化してしまうことがあります。

まずは、正しく歩くことと、それにより、
筋力を取り戻すことが、開帳足を治す、第一歩です。

開帳足の人は、ほぼ100%の確立で、足全体で、
ペタペタと歩いています。

まずは、足のかかと部分から、地面に、
着地
するようにし、足を上げる時には、
つま先に、体重がかかるように、意識します。

このように、意識して、正しい歩き方をするように、
心がけてみて下さい。
 

ポイント2 ストレッチを行う

まずは、立った姿勢から、つま先立ちになり、
そこからかかとを、ゆっくりと、上下に動かします。

これにより、足の縦アーチを支える、
後脛骨筋(こうけいこつきん)と、
腓骨筋(ひこつきん)
を鍛えることが出来ます。

他にも、床に置いたタオルを、足の指だけで、
ギュッと掴む
、エクササイズもあります。

動画で分かりやすく、横アーチを鍛えるエクササイズが、
紹介されていたので、もし良かったら、
下の動画もご覧下さい。

ポイント3 マッサージをする

指圧や、マッサージなどで、足を刺激して、
血行を良くし、組織をほぐしていくことも、効果的です。

こうしたことで、固くなってしまった組織を、
活性化
させ、こわばった筋肉や、関節の可動域が広がり、
機能を、回復させることが出来ます。
 

ポイント4 靴にインソールを敷く

外反母趾や開帳足用の、インソール(靴の中敷き)も、
販売されています。

靴屋さんや、ネットショップなどでも、
簡単に手に入りますので、まずはお試し下さい。
 

ポイント5 足にテーピングをする

足の中足部分に、テーピングや、サポーターなどをして、
広がってしまった横アーチを矯正する。

下の動画では、開帳足の外反母趾に効く、
テーピングのやり方を、丁寧に説明してくれています。

テーピングの方法が、分からない時には、
参考になりますので、良かったらご覧下さい。

いかがでしたか?
これで、外反母趾の痛みと、私はオサラバ出来ました。

あなたもこれらの方法を実践して、足の悩みから、
解放されることを祈っています!


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す