倦怠期を乗り越える!夫婦のためのシンプルな3つの秘訣

結婚して月日がたてば、出会ったばかりの頃の
ような高揚感がなくなり、落ち着いて
くるのは自然なこと。

でも、冷めすぎて「いてもいなくてもいい。
ただ経済的理由で、共同生活をしているだけ」の
存在になってしまっては、悲しいですね。

95fbc97765e2a31fadc28681318bd6ef-300x210

世の中には、年をとっても、ラブラブな夫婦がいるのも事実。

ずっと一緒に暮らすパートナーと、お互いいつまでも
親密で温かい気持ちを、通わせ続けるには、どんな秘訣が
あるのでしょうか。

誰でも、今日からすぐに取り入れることのできる、
シンプルな3つの秘訣

即効性があり、家の中の空気が変わりますから、
試してみてください。

スポンサーリンク



相手が喜ぶことをする

相手に、こうしてほしい、こうだったらいいのに、
と期待する前に、自分の方から一つ、
相手が喜びそうなことを、してみましょう。

些細なことでいいのです。
たとえば、こんなことから始めてみましょう。

  • いつもは任せきりの家事を、少しだけ手伝ってみる。
  • 「ありがとう」と言う。
  • 相手を褒める。
  • 相手が好きな食べ物を買ってくる。料理する。

 

慣れてきたら、こんなことも試してみましょう。

  • 相手を笑わせる。
  • 相手の体調を、気づかう言葉をかける。
  • ちょっとした、サプライズのプレゼントを
    用意する。お花、CD、チケットなど。

 

どんなことを言ったら、どんなことをしたら相手が喜ぶか、
考えることに意味があります。

スポンサーリンク



「初めて」「非日常」を共有する

一緒に何か、初めてのことに挑戦してみましょう。
わくわくすること、できるだけ、非日常的なこと
がいいでしょう。

とはいっても、突然「一緒に初めてのことをしましょう」と
言い出すのは、気恥しいですよね。

  • 映画館で映画を観る。デートのように、
    お互い少しおしゃれをして。
  • いつものウォーキングコースを、早朝、夜中など、
    いつもと違う時間に、一緒に歩いてみる。

 
そのような、さりげないことから始めてみては。
やがて、こんなことに挑戦してみては、いかがでしょうか。

  • 旅行に行く。2人で、今まで見たことがない景色を見に。
  • 今までにないスポーツに挑戦する。
    スカイスポーツ、乗馬、マリンスポーツなど、いつか一度
    やってみたかったスポーツに一緒に挑戦してみる。
  • 夫婦だけで、テーマパークに行ってみる。思い切って
    絶叫マシーンに乗ってみるのも、いいかもしれません。

 

お子さんが小さくて、夫婦だけで出かけるのが難しい場合、
こんなアイディアも。

  • 食器や小物など、「おそろい」のものを買う。

6bd43214e34a2c67a6d7344986350493_s-300x200

時には違う顔

「夫」として、または「妻」としての面を良好に保つ
ことにばかりエネルギーを注いでいると、どこかで
苦しくなってしまいます。

夫婦のお互いが、それぞれに打ち込める、夫婦二人で
すごす時とは違う一面を持つことは
大切です。

  • 仕事
  • 趣味
  • 遊び

 

そんな一面もあったの?と、パートナーが驚くような、
いつもの「夫」「妻」とは、違う顔。

あなたにはありますか?

 

倦怠期かな?という悩みを、解消するための方法を
いくつか紹介してきました。

いかがでしょうか。できそうなことがあれば、
今日から、試してみてください。

お互いが、心地よくすごしていくために、気遣いと、
時に、ちょっとしたスパイスを。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪