妻が喜ぶ言葉!簡単にさりげなくすぐに実践可能!

こんな悩みはありませんか?

  • 以前はあなたの話を目をキラキラさせて
    聞いてくれていた妻が、そっぽを向いて
    生返事しかしてくれない。
  • 妻が不機嫌で、家事も投げやり。
    イライラしているみたい。
  • なんだか家庭の居心地が悪い。

 
夫婦関係が少しギクシャクして、いわば
風邪をひいたようなもの。

よくある症状ですが、放っておいて
重症化する前に、手当てしておきましょう。

いつでもどこでも、すぐに使えるのが
「言葉」の力。お金も道具も必要ありません。

それに何も、歯の浮くような名ゼリフを
考え出す必要はないのです。

いつもは、無言で流してしまうシチュエーションで、
さらりと一言口にするだけ。これが意外と
効果絶大なんです。

「妻に感謝したり、褒め言葉を言ったり
するなんて、恥ずかしいしめんどくさいし、
何の得にもならない……」

いいえ。

妻の機嫌がよくなれば、あなたは得をするのです♪ 
まずはやってみましょう!

スポンサーリンク



【初級編/感謝の言葉】

妻があなたのためにしてくれることに対して、
感謝の気持ちを言葉にしましょう。

「ありがとう」

言い慣れない場合は、はじめはぼそっと
ぶっきらぼうにでもいいのです。
とにかく口にしましょう。

中でも、感謝の気持ちを表しやすいのが「料理」
毎日作ってもらう料理を、当たり前のように、
黙々と食べたりしていませんか?

「これ、うまいね」
「また作ってよ」

そんな一言でいいのです。

3a54fefc043e697c3f8107958ddfff7f-300x210

◆これはNG!

「今日の料理はおいしいね」

一見良さそうですが、
「今日はおいしいけれど、いつもはまずいの?」と
内心カチンとくる時があるかも。

→「今日の料理は特においしいね」

 

他にも、持ち物を用意してくれていたら
「助かったよ」

会話の中で何か教わることがあれば
「そうなんだ?へぇーいいこと聞いたな」

などなど。「ありがとう」という基本形だけ
ではなく、感謝の気持ちを伝えるさりげない言葉を、
使いこなしましょう。

いかがでしょうか。調子が出てきたら、
次のステップへ進みます。

スポンサーリンク



【中級編/妻を褒める】

初級編では、妻の行動に感謝の気持ちを示す
言葉を紹介しました。

続いて中級編ということで、ここでは、
妻そのものを褒めます。

「ひょっとして痩せた?」
「化粧品変えた?」

たとえ「そんなことないよ」と口をとがらせて
言い返されたとしても、いいのです。

妻は内心「えっ♪今日は綺麗に見えるのかな?」と
悪い気はしないはず。

◆これはNG!

「世界一美人だね」
「モデルみたいにスタイルいいね」

見え透いたお世辞はダメですよ。

 

趣味や仕事で成果を上げた時も、もちろん
絶好の褒めポイントです。

「よくがんばったよね」
「さすがだね」

3e77a525e7dfbe5a078c5228100e0b3e_s-300x200

【上級編/時にはちょっとがんばって】

結婚してよかった、とあなたが心から思っている
ことを、伝える言葉を、口にできたらいいですね。

妻の誕生日や、結婚記念日などに、がんばってみては?

「家が一番いいな。いつもありがとう」
「年とっても、こんなふうに記念日を祝いたいね」

そして効果絶大なのが、「他人を介して褒める」こと!!

あなたが、友達や近所の知人、職場の仲間に自分の
ことを自慢に思っていると知って、喜ばない
妻はいません。

「いつも弁当作ってくれてありがとう。
 会社で羨ましがられてるよ」
「○○さんが、君のこと『かわいい』って言ってたよ」

家族以外の人を通じて褒めるのは、気恥ずかしくて
無理という場合は、子供や両親など、家族や
身内ならどうでしょうか。

あなたが「ママと結婚してよかったなぁ」と
お子さんに言っているのを耳にしたら、妻は
絶対に悪い気はしないはずです。
 

妻が不機嫌だからといって、相談にのって
熱くアドバイスをしたりするのは、プレッシャー
逆効果となり、失敗する可能性もあるのです。

「いつでも話を聞くよ」「支えてあげたい」
という気持ちを間接的に、好意的な言葉として
伝えるのが最適です。

family-father_19-124691-300x198

こんな簡単なことで、夫婦がもっと心地よく
すごせるようになったらいいと思いませんか?

道具も準備もいりません。
「言葉」しかもこんな簡単でさりげない言葉で、
意外なほどの効果があるとしたら……

試してみる価値大、ですよね!

「言わなくてもわかってくれているはず」
そんなのダメですよ!

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪