レモンと砂糖でさつまいものレモン煮!シンプルで超簡単な常備菜作り!

食物繊維もたっぷりで、甘くて、おいしい
子供も大人も、大好きなサツマイモ!

サツマイモと言えば、天ぷらや、焼いたり
蒸し芋にしたりと、色々ありますよね。

095714-300x199

私が大好きなサツマイモのレシピは、
サツマイモを砂糖レモンで煮た、
「サツマイモのレモン煮」です。

夏に冷蔵庫で、冷たく冷やして食べるのも、
おいしいし、常備菜にもなり、お弁当の
オカズにもビッタリですよ。

ただ、レモンの苦みが出たり、酸っぱすぎたりと、
上手にできない、という意見もよく聞きます。

そこで、今回は、サツマイモのレモン煮の、
失敗しない作り方を、ご紹介します!

スポンサーリンク



基本の材料

サツマイモのレモン煮の基本の材料は、
とってもシンプル
サツマイモ・砂糖・レモン、あとは水ですね。

砂糖は、蜂蜜でも代用できますし、レモンがなければ、
市販のレモン果汁でも作る事が可能です。

みりんや、お醤油を入れるレシピもありますが、
まずは、基本的な材料で作ってみて、
徐々に、自分の味を作るのが良いと思います。

冷蔵庫なら約1週間、冷凍では約1ヶ月ほど
もつので、沢山作っておくと、便利ですよ。

作り方
まずは分量を、4人分でご紹介します。

 

サツマイモ…2本
砂糖…大さじ3〜4(甘さはお好みで調節して下さい)
レモン…1/2個

  1. まずは、サツマイモを洗い、約1㎝ほどの厚さに
    輪切りし、水にさらしましょう。
    1〜2回、水を変えてあげると、色が奇麗になります。
  2. まずは、サツマイモだけで茹でます。
    火が通ったら、芋を取り出します。

    別の鍋に、水と、分量の砂糖を加えます。
    水は、サツマイモが浸るくらいの量にしてください。

  3. 砂糖が溶けたら、芋をいれ、レモン果汁または、
    スライスしたレモンを加えます

    サツマイモは、すでに火が通っているので、
    沸騰したら、弱火にし、10分ほど煮たら、
    完成です。

スポンサーリンク



レモンを入れる時のポイント

レモンの加え方ですが、私は、国産のレモン
手に入った時は、レモンをスライスして入れ、
それ以外は、レモンの絞り汁を使います。

スライスしたレモンを入れる時の注意点は、
長く煮すぎない事。

苦みが好きな方は良いですが、気になる方の方が
多いですよね。

スライスレモンを入れる時は、レモンの皮と、
白いワタの部分を剥くか、分量の半分の果汁で煮て、
仕上げにスライスレモンを加えるのが良いと思います。

酸っぱさの感じ方は、人それぞれ違うので、
お好みで調節して下さいね。

lemons-5762_640-300x225

最後に

ご紹介した材料以外にも、私が良く入れるのが、
リンゴ人参です。

息子が人参大好きなので、入れてみたら、
おいしくて、それからは毎回入れてます。

サツマイモは、食物繊維やビタミンCが豊富なので、
便秘にも、お肌にも良い、嬉しい食材です。

レモン煮にすると、爽やかな、あっさりとした
味わいで、飽きる事なく食べれますし、食卓に
後1品欲しい時や、小腹が空いた時にも大活躍!

サツマイモが安い季節には、是非作ってみて
くださいね。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪