猫のしつけはどうやったらいい?効果的な方法は?

ペットショップに、行ったら、可愛らしい、
子猫が、たくさん、いますよね。

その愛らしい、仕草を見ると、
思わず、飼ってみたくなるかたは、
沢山いらっしゃると、思います。

ただし、猫を家で飼うとなると、
トイレの場所を教えたり、

爪とぎの場所を、覚えさせるなどの、
しつけを、しなくてはいけません。

situke1-300x300

ここでは、効果的な猫のしつけ方法を、
私の経験も踏まえて、ご紹介させて頂きます!

これから、飼い猫のしつけをしようと、
お考えの方は、ぜひ、参考にしてくださいね。(^^)

スポンサーリンク



猫のしつけ!効果的な方法とは?

これは、絶対しておいたほうがいい!という、
猫のしつけを以下に、ご紹介させて頂きます。

1.トイレのしつけ

室外に放して、飼う場合も、
室内で、飼う場合であっても、
大事なのが、このトイレのしつけです。

室外で放し飼いを、しているから、
外で、トイレをさせればいいなんて、
とんでも、ありません

なにか、病気をもらってくる場合も、
ありますので、室外で放し飼いする、

場合であっても、絶対に、トイレは、
室内でするように、しつけましょう!

 
用意するトイレは、なるべく、大きいものの
ほうが、猫が喜びます。

砂は、きれいな市販の猫砂を使用しましょう。

しつけの、方法ですが、
すでに、飼っている猫がいれば、

その猫の、排泄する様子を見て、
新しい飼い猫が、真似するので、
比較的、しつけが楽なのですが、

家に飼っている猫が、いない場合は、
飼い主が、教えて、
あげなくては、いけません。
 

猫は、トイレの前に、

  • 床を、がりがりと引っかく
  • 床の臭いを、くんくん嗅ぐ
  • うろうろと、歩き回る
  • お尻を、むずむず動かす
  • なんて行動を、おこします。

    このトイレに行きたいサインを見たら、
    すぐに、トイレに行くように促します。

    これを、何回か繰り返すと、
    猫は、自発的にトイレに行くようになりますよ。

    situke2-210x300

    2.爪とぎのしつけ

    猫の爪とぎは、トイレに行くのと同じく、
    本能的な、行動なので、
    やめさせることは、できません。

    ただし、家の中を自由に、爪とぎさせると、
    家じゅうの家具類が、いたんでしまいます

    そこで、猫が好んで爪とぎしやすい素材、
    段ボールやカーペットを丸めたもの、
    または、市販の爪とぎを用意して、

    爪とぎしそうなときに、さっと、
    その準備した爪とぎを、あてがいます

    これを何度か繰り返すと、爪をとぐときは、
    そこで、するようになります。

    この、爪とぎには、マタタビなどの、
    猫の好むにおいをつけておくと、より好んで、
    爪とぎしてくれるように、なります。

    それでも、他の場所でする場合は、
    市販されている、猫が嫌いな臭いのスプレーを、

    爪とぎしてほしくない、場所に、
    スプレーすると、よいでしょう。

     
    なお、ダメな時の効果的な叱り方は、
    「そんなことをしてはだめ」と、ちょっとだけ
    大きな声で、注意するだけでも効果があります。

    あと、猫の顔の前でパチンと
    手をたたくのも、効果的です。

    ただし、同じ場面で叱ったり、叱らなかったりと、
    叱り方に、一貫性がないと
    効果が無くなるので、注意しましょう!

    スポンサーリンク



    まとめ

    猫は、おもちゃではありません。

    いったん飼いはじめたら、
    しっかりと、しつけをして
    寿命を、まっとうするまで、大切に、可愛がりましょうね。

    スポンサーリンク

    1件のコメント

    • What a plarsuee to meet someone who thinks so clearly

    お気軽にコメントをどうぞ♪