シチューの隠し味に何入れる?意外なものもオススメ!

寒い季節には、暖かい煮込み料理が嬉しいですね。

同じ煮込み料理でも、夏はカレー。
冬にはシチューが食べたくなりませんか?
 

ホワイトシチュービーフシチュー。

スポンサーリンク



作る側にも、シチューはいいのです。
 

夕方、暗くなるにつれて、
部屋の温度も下がってきます。

家族みんなが帰って来るまでの時間は、
部屋が一番寒いのです。
 

そんなとき、コトコトとシチューを煮込むと
部屋が暖かくなります。

忙しくなる夕食前の、ひとときです。

ところで、シチューの隠し味には
どんなものを入れますか?

 
カレーなら、バリエーション豊かですよね。

ヨーグルトやケチャップ、チョコレート
なんて入れる人もいます。

 

では、シチューでは?

ホワイトシチューと、ビーフシチューでは
きっと違うのでしょうね。

2d7f9526a7c4e0d65facae6c6e881962_s
 

ホワイトシチューの隠し味

 コンソメ

ご存知、旨味調味料です。

 
 白味噌

精進料理では、ポタージュなどの材料にも
使われています。

塩分があるので、ルーは少なめです。
 

 昆布茶

こちらは、和の旨味調味料ですね。

 
 ナツメグ

甘い香りのスパイスです。

乳製品との相性がいいのです。

 
 カレー粉

ほんの少し、香る程度に。
黄色くなってしまいますから。

 
 ホワイトペッパー

ホワイトソースやクリームシチューには
やはり白い胡椒がきれいです。

 
 チーズ

定番ですね。カレーにも美味しいです。

 
 コーンクリーム

甘みが増して、美味しいです。

 
 豆乳

牛乳の代わりに。

 
 焦がしバター

色が付いてしまうので、やはり香りづけ程度に。

 
 柚子胡椒

これは変わり種ですね。
味が締まって美味しいです。

 
 砂糖

甘みをプラスします。

 
 白ワイン

魚介系には欠かせません。

スポンサーリンク



ビーフシチューの隠し味

 トマトピューレ

トマトはカレーに入れても美味しいですよね。
トマトの水煮缶でもよいですね。

 
 ココア

ヨーロッパでは、煮込み料理に
ココアパウダーは、定番スパイスです。

私はブラックココアを入れます。

 
 インスタントコーヒー

コクが出るという感想があります。

 
 クローブ

肉の臭みを消してくれます。

 
 シナモン

甘い香りがコクを与えます。

 
 赤ワイン

肉の漬け込みに使うと、柔らかくなります。
仕上げにも入れると、いい香りです。

 
 赤味噌

日本人にはやはり味噌ですね。
塩分があるので、控えめに。

 
 香味野菜

ニンニク、ショウガなど。

 
 コンソメ

ビーフシチューには、やはり
ビーフコンソメでしょう。

 
 ウスターソース

いろんなスパイスが入っているので
味が深くなりますね。

 
 生クリーム

仕上げに加えます。
まろやかな味になります。

 
 サワークリーム

酸味が加味され、とても美味しいです。
盛りつけ後、お皿で加えるとよいでしょう。

肉や乳製品の煮込みには、
臭みを消す為のスパイスは欠かせません。

ベイリーフ(月桂樹)はホワイトシチュー、
ビーフシチュー、両方の煮込みの時に入れましょう。

 

さてさて、わが家も今夜はシチューです。
ビーフとホワイト、どちらにしようかな?

スポンサーリンク