弓道道具の名前!入門編に知っておきたい道具とは?

高校時代、親友が弓道部に入っていました。
弓道着を着た姿は、凛々しくて素敵でした。

高校の弓道場は、遠くの的に向かい一列に並ぶ
部員達の緊張した空気で、いっぱいでした。

彼女は弓道の魅力を、こう語っていました。
「相手は動かない的迷うと外す。」

01d7aa494b0727f8db77be1d3685de9e-300x225

うーん、深い。
静かな空間の中で、自分と向き合う弓道。

高校を卒業して数十年経ち、大人になった今、
心境の変化でしょうか、弓道をやってみたい、
そう思うようになりました。

弓道を始めるためのまず一歩、道具について
調べてみましたよ♪

スポンサーリンク

弓道とは

弓と矢は、日本古来には狩猟のための道具、
戦のための武器として、使われていました。

日本に鉄砲が伝来してくると、戦では弓を
使わなくなっていきます。

その後の弓は、武士の精神修行「弓道」として
引き継がれ、現在に至っています。

2845fc6379225e9212f77fdbff289ff4-300x199

弓道と、他のスポーツとの大きな違いは、
相手が「的」であることです。

男女によってルールが違うこともなく、
同じ条件の中で、平等に競技が行われます。

弓で矢を射る時に、基本となる動きをした上で
矢を的に当てる、この一連の作法を行うことが、
重要とされています。

弓道を「立禅」と呼ぶほど、精神を集中させ
自分と的に、全霊で向き合う競技なのですよ。

心を静かに、迷うことなく的と向き合う弓道。
さあ、道具はどんなものがあるのでしょう。

 

弓道の道具

弓道を始めるには、必ず揃えておかなければ
ならない道具がありますよ。

  • 弓がけ(ゆがけ)
  • 弓道着
  • 弦(つる)

道具の名前を並べてみましたが、
聞き慣れない道具もありますね。

これらの道具は、どんなものなのでしょう。

 

弓とは、矢を射るための道具です。

西洋のアーチェリーに対し、日本の弓道で使う
弓の事を、和弓と呼びます。

シンプルな構造ではありますが、和弓から放つ
矢の威力たるもの、陶器の皿貫くほどです。

和弓の種類には、いくつかあります。

  • 竹弓
    弓道において、象徴的な弓。
    ヒゴの芯材に、竹を重ね合わせた弓。
  • カーボン入竹弓
    カーボンの芯材に、竹と木を重ね合わせた弓。
    見た目は、竹弓と変わらない。
  • グラスファイバー弓・カーボンファイバー弓
    竹の代わりに、カーボンファイバーや
    グラスファイバーを重ね合わせた弓。

友人に聞いたところ、初心者や学生などに
オススメな弓は、

  • グラスファイバー弓
  • カーボンファイバー弓

竹弓に比べて、買いやすい価格で、
丈夫で手入れが簡単です。

スポンサーリンク

矢は、的を射るための道具です。

弓道をやる上では、矢は個人に適したものを
選ぶ必要があります。

矢の長さの規定はなく、本人の腕の長さ
よって決めていきます。

51e971b13a51d705f5fbb827ca7cd2a8-300x225

矢の種類には、いくつかあります。

  • 竹矢
    を材料にして作られた矢。
    手作業で作るため、太さや重さの調節ができる。
  • ジュラルミン矢
    湿度によって変質しないジュラルミン製の矢。
    買い安い価格です。
  • カーボン矢
    カーボン繊維で作られた矢。
    丈夫で軽いので、遠的用として使うことが多い。

初心者にオススメなのが、ジュラルミン矢です。
飛ばすものであるがゆえ、消耗品と考えましょう。

素材や弓によって、飛び方が違いますが、
最初は安価なものでよいでしょう。

 

弓がけ

弓を左手に持ち、弓がけ右手にはめます。
右手を保護するための、鹿皮製の手袋です。

「弓がけは大事なもの、取り換えがきかない」
そこから派生した言葉が「かけがえのない」
と言われています。

弓がけには、いくつか種類があります。

三つがけ(みつがけ)
普及率ナンバーワンです。
親指・人差し指・中指までを保護します。

四つがけ(よつがけ)
三つがけの保護する指の範囲が、
薬指まであります。
引きがとても強い弓に、適した弓がけです。

弓がけを選ぶときは、手を入れた時に親指が
奥に少し触れるぐらいのものが適しています。

初心者にオススメなのは、三つがけです。

 

弓に張る、矢を放つための道具です。

  • 天然の麻で作られた麻弦は、竹弓に張ります。
    弦が伸びにくく、冴えた素晴らしい弦音を奏です。
  • 化学繊維で作られた合成弦は、
    グラスファイバー弓などに使用します。

弦を選ぶ時は、使っている弓の素材
合わせましょう。

4d4b698c6bdf02b8f2a4bf71b53f806b-300x225

弓道着

弓道を行うときのユニフォームです。
一式揃えるものは、

  • 上半身に着ける、弓道上衣
  • 下半身に着ける、馬乗黒袴
  • 弓道帯
  • 弓道足袋

女性の場合は以上に加え、胸当て

矢を射る時に、弦で胸を摩擦する事を
防ぐ道具も必要です。

気になるのが、それぞれの道具の値段ですね。

弓道道具の値段

入門編に揃えておきたい、一般的な弓道道具の
値段の目安は、

■グラスファイバー弓
40,000円前後

参考:
現代弓道具 直心1 並寸 35,640円(税込)
現代弓道具 真 肥後蘇山 41,040円(税込)

■ジュラルミン矢と矢筒
18,000円前後

参考:
現代弓具 七面鳥ジュラルミン矢6本組
矢筒付きセット
16,000円(税込)

■弓がけ 三つがけ
15,000~20,000円

参考:
弓道具弓がけセット
三つがけ・下がけ・かけ袋など
18,360円(税込)

■弓道着
12,000円前後

参考:
弓道 初心者セット 男性用4点セット
上衣・袴・角帯・足袋 10,300円(税込)

女性用5点セット(胸当て付き)
10,790円

参考商品全て
suizan雅
http://suizanmiyabi.com/

 

まとめ

友人にの話によると、的に当たった時の達成感
爽快感を味わうと、やみつきになる、そうです。

道具の味わいや、職人によっても弓の引きも
違ってくるので、愛着が沸くようですね。

年齢の壁のない弓道、魅力的ですね。
今度、友人と弓具屋へ行ってみようかな♪


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す