カメラレンズの正しい清掃方法!コーティングの剥がれを防ぐには?

一眼レフのレンズはとても繊細です。

保護フィルターを使っていても、やはり、
使っているうちに、レンズが汚れてきますよね。

digital-camera-349873_640-300x199

レンズにがたまったり、汚れたままにしておくと、
カビや変色など、レンズの劣化の原因にもなりますので、
きちんと手入れをする事が大切です。

ただ、正しい清掃方法を知らないでやってしまうと、
なかなか汚れが落ちなかったり、がついてしまったり、
なんて事もあります。

大切なカメラを長く使う為にも、正しいメンテナンスの
方法を知っておく事が必要です。

そこで、今回は、安全にカメラのレンズを
清掃する方法を、ご紹介します。

スポンサーリンク

レンズの掃除に必要な物

レンズを清掃するには、専用のペーパー
クリーニング液が必要になります。

埃が付いたり、汚れてしまったからといって、
いきなり、息を吹きかけたり、ティッシュなどで
拭いたりするのは、止めましょう。

レンズ清掃に必要な物は以下の3点です。

 

ブロアー

a0008_000561-300x200

レンズに付いている埃や、砂を、落とすため、
ブロアーでそれらを落とす必要があります。

がついたまま、レンズを拭いてしまうと、
レンズを擦ってしまい、コーティングを
痛めたり、ガラスに傷をつけてしまう事になります。

レンズを清掃する前に、必ずブロアーを使い、
埃などを落としてくださいね。
 

レンズ専用クリーニングペーパー

ティッシュなどでレンズを拭いていると、
コーティングが剥がれてしまったり、傷が
付いてしまったりします。

レンズを拭く時には、必ず、レンズ専用
ペーパーを使って下さい。

個人的には、富士フィルム
レンズクリーニングペーパーがおすすめです。

50枚入り、約150円と、値段も手頃ですし、
普段から、カメラバックに入れておくと良いと思います。

無印良品の、メガネふきも、液の吸水性が
良く、ファミリーマートの無印良品コーナーに
置いてあり、手軽に手に入るので、良いですよ。

スポンサーリンク

レンズ専用クリーニング液

クリーニング液は、大きく分けて2種類あります。
界面活性剤系アルコール系です。

界面活性剤は、要は洗剤と同じで、汚れに強く
指紋など、油汚れを落とす際には、こちらが
おすすめです。

ただし、きちんと拭き取らないと、レンズの
コーティングを痛める可能性があります。

アルコール系は、汚れを落とす効果は、前者に
劣りますが、拭きムラがあまりありません。

ひどい汚れじゃなければ、普段のお手入れは、
アルコール系のクリーニング液をおすすめします。

lens-325161_640-300x200

レンズの清掃方法

さあ、必要な物を揃えたら、レンズを
奇麗に清掃しましょう。

ブロアーで、塵や砂埃を吹き飛ばします。

レンズだけではなく、埃が再度付着しないように、
レンズの外観も一緒に奇麗にしましょう。

次に、クリーニングペーパーに、クリーニング液を
含ませ、中央から、円を描くように拭きます。

液はつけすぎずに注意して下さいね。
1,2滴もあれば、十分です。

ゴシゴシ擦らず、汚れを溶かして、ペーパーに
移し取る感じで行いましょう。

汚れが取れないと、ハァーっと息を吹きかけたく
なるかもしれませんが、唾が飛ぶ恐れもあるので、
頑張って、もう一度、液をつけて拭きましょう。

その時は、同じペーパーを使わず、必ず新しいのに
変えて下さいね。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

レンズを清掃した際に、接点も清掃する場合は、
下記の方法を守って下さい。

接点が汚れていると、オートフォーカスが
正しく作動しない場合がありますので、
きれいな乾いた布で、優しく拭いてあげて下さい。

接点を、直接触ったり水分を含んだ布で清掃すると、
故障の原因になりますので、必ず、乾いた布で、
レンズを傷つけないよう、軽く拭いて下さいね。

大事な一眼レフカメラを長持ちさせる為に、
普段から、メンテナンスは怠らないように
したいですね。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す